ノルウェー ベルゲンその 5

フロイエン山を降りたあとは、
特に目的の場所はないので、ベルゲン市内をブラブラ歩くことにします。

マンホールにはベルゲンの街並みが描かれています 169.png

a0202860_10502939.jpg

ベルゲン美術館 (KODE) 前の湖
a0202860_11040565.jpg

風が強くて寒いけど、お天気がいいので気持ちがいい~169.png

a0202860_11045416.jpg
これは、癒やされますね~。
静かで美しい風景はずっと見ていても飽きません。


a0202860_11070719.jpg
ベルゲンはとても美しい街です。
犯罪率も低くて治安も良いそうです。

確かにこんなに素敵な街なら、住みたくなりますね。

ずっと眺めていましたが、身体が冷えてきたので
動くことにします...(^。^;)

この湖を抜けたところに、グリーグホール (Grieghallen) がありました。
a0202860_11100932.jpg
これも洗練された雰囲気のある建物です。

a0202860_11114449.jpg
でも、人がほとんどいなくて、ゴミも散らかってたせいか
どことなく見捨てられた建物...という感じでした。


a0202860_11131180.jpg
イベント開催時には、賑やかになるのでしょうけど
日頃のメンテナンスがずさんな感じが否めなかったのが残念... (>_<)

さらに坂道を登っていくと、突き当りにはベルゲン大学がありました。

a0202860_11170669.jpg
この像の足元にベビーカーと男性 (おそらく父親) がいます。

ノルウェーに来て気がついたのですが、
街のあちこちでベビーカーを押している男性を頻繁に見かけます。

コペンハーゲンでも見かけましたが、ベルゲンではその数がさらに多い気がします。

調べたところ、
ノルウェーでは男性の育児休暇取得率は 90% 以上もある、
ということがわかり、納得!

子供を夫婦で育てることは当たり前のこと、という考え方
それを国が全面的にサポートする制度が整っている、ということは素晴らしいですね!

私が以前いた会社でも、男性社員が育休を取りましたが、
彼が男性育休取得者第 1 号でした。

その後、彼に続く男性社員が出なかったのは、残念なことです。

日本では男性の育休はまだまだ取りにくい環境なのでしょうね。

ノルウェーって物価は高いし、人 (特に男性) は無愛想でちょっとブー121.pngだけど
こういう福祉制度が整っているのはさすがです!

そろそろランチタイム...101.png

この坂道を下ってちょっと行ったところに
行ってみたいカフェがあるので、そこに向かいます。


a0202860_11371436.jpg

着きました!
ペンギン (Pingvinen)」です。

a0202860_11450968.jpg

中はこんな感じのこじんまりとした雰囲気です。

a0202860_11491635.jpg
メニューを見たら、ムムムム...
やっぱりお高め....148.png

卵ベーコンサンドイッチが 119 NOK (約1,660 円) もする...143.png

a0202860_11502217.jpg
夫も、ノルウェービールはもう懲りていらない、ということで
スパークリングウォーターを 2 人でシェア。
a0202860_11523262.jpg

私もガッツリ食べたい気分じゃなかったので
ポテトとリーク (西洋ねぎ) のスープにしました。

a0202860_11541253.jpg

夫はラム肉とポテトサラダの盛り合わせ
a0202860_11544262.jpg

どちらも結構なボリュームだったので、ちょうどよかった~165.png

ただ、夫曰く、ラム肉がかなりしょっぱかったので、やっぱりビールが欲しかったそうな...(^。^;)

夕食のときにリベンジしてや~167.png182.png

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ


[PR]
by keiko-cako | 2017-09-12 12:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://angelcook.exblog.jp/tb/237740106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。