ノルウェー オスロその 6

オスロに戻ってきました!

国立美術館です。

a0202860_09402152.jpg

建物の入り口はたくさんの人で溢れており、大混雑状態...153.png

あたふたとしちゃったため、建物の写真を撮り忘れてしまいました...。
なので、↑の建物写真はネットからの借り物です。

ここでも荷物をロッカーに預けてから入場 (オスロパスでそのまま入れました)。

展示場は左右に広がる幾つもの部屋に分かれていて、
ほとんど迷路状態です。

私たちが展示場に入って、さてどっちから行こうか...とキョロキョロしていると
係りの女性スタッフが「叫びはこっちから行くと近いわよ」と、教えてくれました。

ナイス! ありがとう~♪

ここにはムンクだけでなく、ゴーギャンやゴッホ、ピカソ、マティスなどの作品も展示されています。

これは、ムンクの「マドンナ」

a0202860_09344128.jpg

本やテレビなどではよく見る絵画ですが、
間近で見ると、やはり迫力がありました。

この絵画そのものが生きているようで、深い息吹が感じられました。
不思議ね~ (^^;)

そして、そして、一段と人だかりが激しいスポットが見えてきましたよ...146.png

「叫び」です。

ついに現れました、「叫び」!

しかし、あまりにもたくさんの人がこの絵の前に群がっていて、
しかもなかなか移動しないので、きちんと見るまでにかなりの時間を要しました...ゼイゼイ...(^^;)


a0202860_09351762.jpg

うわぁ~、何だろう、この絵...。

奇妙に歪みまくった空と海
決して明るい気持ちにはさせてくれない色使い

見ているとホントに不安が呼び起こされていくような感覚になっていきます。

世界的に超有名なこの絵画

子供の頃から、本などで幾度も目にしてきたけど、
実物からは、静かだけど深くて濃い「恐怖」がじわじわと伝わってくるようでした。

解説によると、オスロ・フィヨルドの厳しい寒さに恐れおののいている、とのことですが
それだけじゃないような気もします。

やっぱり、タダモノじゃないんだね、この絵...146.png

ムンクという巨匠画家のパワーを認識できた、良い体験でした。

これは、ホテルのロビーに飾ってあったムンクの自画像
a0202860_10104644.jpg



次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]
by keiko-cako | 2017-10-04 10:22 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://angelcook.exblog.jp/tb/237829694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。