2017年 09月 04日 ( 1 )

ヤコブセンスイートを満喫した後は、王立図書館へと移動しました。

この図書館には、旧館と新館があります。
その新館が、いわゆる「ブラックダイヤモンド」と呼ばれている有名建築物です。

a0202860_09184100.jpg


黒いガラス張りで、運河に向かって突き出るようなデザインです。

a0202860_09340067.jpg




新館のとなりの煉瓦の建物が旧館です。

a0202860_09221985.jpg

運河に向かってチェアが並べられています。
ここに座って読書するのは、何とも心地よいことでしょうね~。
でも寒いよ...116.png


a0202860_09270621.jpg
人魚姫の像がありました。


a0202860_09384204.jpg


これは、世界的に有名なあの人魚姫の像ではないけれど
もしかしたら、デンマークにはあちこちに人魚姫の像ってあるのかな?

この人魚姫は、目を見開いていて、かなり驚いている様子... 146.png


新館の中に入ってみます。

a0202860_09355790.jpg

入ってすぐにカフェがあります。

a0202860_09363030.jpg
ここでもヤコブセンの椅子がずら~っと。
もうデンマークでヤコブセンの椅子はお約束なんですね~。

コーヒーのいい香りがします。

a0202860_09375549.jpg

中はこんな感じです。

a0202860_09433880.jpg

運河に面して全面ガラス張りなので、
自然光が大量に入ってきて、とても開放的な雰囲気です。

a0202860_09444789.jpg

a0202860_09450331.jpg

天井も高くガラス張りなので、
エスカレーターで登っていると、
まるで天空に向かっているような気分になります。

a0202860_09440721.jpg

緩やかな曲線も、気持ちにゆとりを与えてくれる環境づくりに貢献していますね。


a0202860_09452135.jpg


a0202860_09453714.jpg

しばらく新館を見学した後、旧館へと移動します。

a0202860_09460440.jpg

旧館も自然光が取り入れられて、落ち着いた雰囲気です。

a0202860_09463343.jpg
新館とはまったく異なる空間が広がっています。

図書館だから、とても静かなのは当たり前なんだけど
時間そのものが止まっているかのような静けさと
凛とした空気に満たされているせいか、
時代を飛び越えて、タイムスリップしたかのような気分になります。

a0202860_09462134.jpg
手摺のデザインもクラシカルで歴史を感じさせます。
a0202860_09465280.jpg

旧館の外には庭園があります。


a0202860_09471482.jpg
a0202860_09473029.jpg
a0202860_09474496.jpg
a0202860_09482361.jpg

勉強で疲れたら、この庭園を散歩してリフレッシュするのもいいですね。

新旧どちらもステキな図書館があるコペンハーゲン、羨ましいです101.png

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ



[PR]