カテゴリ:スープ/シチュー( 27 )

紫芋を使ったスープです。

a0202860_08103945.jpg

これ、去年のクリスマスパーティでのメニューにも入れていたのですが
アップするのを忘れていたので、今頃になっての再登場です (^^;)

豆乳で仕上げているので、優しい味ですが
紫芋はさつまいもと違って、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれています。

アントシアニンは、眼精疲労や視力回復、そして血流改善などの予防に効果があります。

美味しく食べて健康予防、何よりですね~ 058.gif060.gif

レシピはここです。


人気ブログランキングへ ← 読んだよ~の印にクリック☆お願いします~(^^)

↓今日の天使からのメッセージはこちら ↓↓↓043.gif


天使からのメッセージ
[PR]
寒いですね~009.gif

1月だから寒いのは当たり前なんだけど、この数日間の底冷えの厳しさと言ったら
容赦ない感じです...(>_<)

寒い中、凍えながら帰宅して欲しくなるのがスープやシチューですね060.gif

以前にもアップしましたが、寒い季節に私がよく作るのが「リボリータ 」です。


a0202860_09032659.jpg
フランスパンや食パンなど、パンが余ったときや
サラダで食べるには、ちょっとなぁ、しなびてるよなぁ...という野菜があるときに作ります。

要するに、余った食材のリサイクルシチューですね!

元々、リボリータというイタリア語は、
「ボリータ (煮る)」という言葉に 「リ (再び)」という言葉をつけたものなので
まさに、余った食材を蘇らせるお料理です056.gif

冷凍保存も可能なので、多めに作っておけば
忙しい朝の朝食にもとても便利です。

温かいミルクティーとリボリータ

身体が温まり、寒い一日を乗り切れそうです!043.gif

レシピです~

食材は、↓以外でも OK です!
好きな野菜やハム、ソーセージ、鶏肉など、お好きにカスタマイズしてください~ 018.gif

[材料 4人分]

  • (ひよこ豆、白いんげん豆などの缶詰)
  • 玉ねぎ 1
  • にんじん 1
  • セロリ 3
  • じゃがいも 2
  • 粗挽きソーセージ 4
  • にんにく 2
  • トマト水煮 (缶詰) 1カップ
  • バゲット 適量
  • 野菜ブイヨン 2カップ
  • オリーブオイル 大さじ2
  • ローリエ 1
  • オレガノ 少々
  • 少々
  • 黒コショウ 少々
  • ゆで卵 適量
  • パルメザンチーズ 適量
  • パセリ (みじん切り) 少々


[作り方]

1. にんにくはみじん切りにする

2. 豆の1/3の量と野菜ブイヨンの大さじ3をフードプロセッサーかブレンダーに入れてペースト状にする

a0202860_09113973.jpg
a0202860_09124706.jpg



3. 野菜類はすべて、さいの目切りにする

4. ソーセージは一口大に切る

5. 鍋にオリーブオイルを熱してにんにくを炒める


a0202860_09112338.jpg

6. にんにくの香りが出たら、玉ねぎを炒め、しんなりしてきたらセロリ、にんじん、じゃがいも、ソーセージを入れて炒める

a0202860_09133671.jpg

7. 残りの野菜ブイヨン、トマト水煮、2の豆ペースト、ローリエ、オレガノを入れてしばらく煮込む

a0202860_09140942.jpg

8. 塩、こしょうで味を調える

a0202860_09220627.jpg


9. 食べる直前に、バゲットをちぎって入れて、ざっくりとかき混ぜる

a0202860_09214755.jpg

10. 器に盛り、ゆで卵、パルメザンチーズ、パセリを飾る


a0202860_09032659.jpg

ぜひお試しあれ~060.gif043.gif


↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリックお願いします~ (^^) ↓

人気ブログランキングへ


[PR]
先日、こんなスープを作ってみました。

人参とオレンジのジンジャースープ


a0202860_08582767.jpg

寒い日々が続くし、身体が温まるスープを作りたいな..と思って
ふと思い出したのが、この人参とオレンジのスープでした。

北欧旅行のヘルシンキで訪れたアカデミア書店で、
何冊かの料理本をパラパラとめくったときにオレンジ色の鮮やかな写真が
目に飛び込んできたのでした。

へ~、人参とオレンジ、それに生姜も入れるんだ~
身体が温まる成分たっぷりって感じで美味しそうだなぁ~

などと思ったのですが、結局その料理本は買わず、他の本を買ったのでした。

その本がこちら ↓

a0202860_09465891.jpg

閑話休題...043.gif

このスープの作り方ですが、柔らかく茹でたにんじんと炒めた玉ねぎを
にんじんの茹で汁と一緒にミキサーでガーッと撹拌して、そこにオレンジとしょうがの絞り汁を加えます。

豆乳も少々加えて、塩コショウで味付けすれば出来上がりです。

お皿に盛り付けたら、アクセントにクリームチーズとタイムを乗せます。

生姜のピリッとした辛味パンチが効いた大人のスープです。
お試しあれ~045.gif

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリックお願いします~ (^^) ↓

人気ブログランキングへ

[PR]
12月にしては穏やかな気候の日が続いていましたが
今日は雨模様でかなり寒い一日でした。

寒いときには、やっぱり温かなスープが欲しくなりますね。

というわけで、サーモンスープです。

a0202860_22084650.jpg

グリルで焼いたサーモンを主役にして豆乳で作ったクリームスープです。

食べるときにフレッシュなディルを散りばめます。
ディルの風味がサーモンの旨味を引き立ててくれます。

ところで、このブログを書きながらふと
あれ、スープとシチュー、おまけにポタージュって呼び方が3種類あるけど
これって違いは何?と思い、ちょっと調べてみましたよ。

まず、スープ (Soup) とシチュー (Stew) は英語ですね。
で、ポタージュ (Potage) はフランス語です。

フランスではスープ全般のことを「ポタージュ」と呼ぶそうです。

では、スープとは?

そこは正確な意味を確認するために、Wiki の英語版をチェック!
↓のように説明されています。

Soup is a primarily liquid food, generally served warm or hot (but may be cool or cold),
that is made by combining ingredients such as meat and vegetables with stock, juice, water, or another liquid.

つまり、お肉や野菜をだし汁、果汁、水などで煮込んだ液体状の料理ってことですね。
具材の形が残ってなくて、サラサラっとしたものって言う感じでしょうか。

一方、シチューの説明はこんな感じ↓

A stew is a combination of solid food ingredients that have been cooked
in liquid and served in the resultant gravy.

固形の食材を液体の中で煮込み、とろみを付けて調理したものですね。

ということで、まとめてみると...

ポタージュ = スープ

スープ = 肉や野菜を材料としたサラサラとした飲み物(?)
シチュー = 肉や野菜などをコトコトと煮込んだ食べ物

でも、スープも飲み物というよりは、やはり食べ物かな。

日本語では「スープを飲む」と言いますが
英語では「eat soup」という風に、「eat = 食べる」と表現します。

確かに、とろりんとしたコーンスープとかかぼちゃスープなど、
「飲む」というよりは「食べる」と言う感じですね (^^)

あれ、なんか、いつのまにか、英語ブログみたいになっちゃったよ...(^^;

でもまぁ、こんな感じで違いがわかったところで、次回もまたスープをご紹介したいと思います 045.gif

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリックお願いします~ (^^) ↓

人気ブログランキングへ


[PR]
グーラッシュ スープを作ってみました。
a0202860_9135697.jpg


牛肉をパプリカで煮込んだウィーン料理です。

見た目はビーフシチューっぽいのですが、
食べてみると、かなりさっぱりしていて、
ビーフシチューとは似て非なるもの、という感じです。(^^)

さっぱりした味わいだからか、
オーストリアでは、風邪を引いた時など体調がすぐれない時に食べるんだそうです。

日本人からすると、えっ!? ってな感じですが...(^^;

そういえば、アメリカ人の友人に

「アメリカでは体調が悪い時とか、胸焼けするときとかに
さっぱりしたもの食べたいーって、ことないの?」

って、聞いたら

「あるよ」

って言うから

「何?そんな時は何がさっぱり系の食べ物なの?」

ってさらに聞いたら

「チキンスープ」

と。

うーん、チキンスープって.... (^^;)

それでもやっぱり油っこくない?

と、合点がいかなかったことがあります...(^^;)

日本では、さっぱり系の食べ物っていろいろありますね。

冷奴とか湯豆腐などの豆腐料理は基本、さっぱりだし
味噌汁やお吸い物もさっぱりだし
卵でとじたおかゆなども、胃もたれしているときなどにはいいですね。

和食は基本的に「さっぱり系」ですもんね。

そう考えたら、和食だけで生活したら、
かなり健康的な食生活になるのではないかと思います001.gif

でも、それは、ムリ!

だって好きなパスタやケーキを無視するなんて
それは、ぜーったいムリ(笑)

もちろん、過度に食べ過ぎるのはもってのほかですが
カロリーや栄養価にばかり気を取られて食事を制限するのも
どうも自分らしくなくて、ちょっとムリです...(^^;)

美味しく楽しく食べる

それが私の食事ライフの基本かな~ (^^)

人気ブログランキングへ ← 読んだよ~の印にクリック☆お願いします~(^^)

↓今日の天使からのメッセージはこちら↓043.gif

天使からのメッセージ
[PR]
たけのこが美味しい季節になりました~!

たけのこ、大好きなので、もう気分はウキウキ、ワクワクです~037.gif

しばらく、タケノコ料理が続きそうな、ウレシイ気配060.gif

まずは、スープです。

たけのこと春キャベツのスープ

a0202860_18133124.jpg


今が旬のたけのこと、柔らかくて甘い春キャベツ、そして新玉ねぎを使ったスープです。

鰹だしと塩コショウで味を整えていますが、何と言っても
春野菜たちの自然な甘みと風味が主役です。

優しくて気持ちが落ち着くスープです。

春の陽射しを感じながら味わいたいですね~056.gif

↓読んだよ~の印に、ぽちっとクリック☆お願いします~(^^)↓

人気ブログランキングへ

今日の天使からのメッセージはお休みします。
[PR]

大根が美味しい季節ですね~056.gif

以前、「白野菜のポタージュ」を作りました。

この時使ったのは、カリフラワーとカブでしたが、
今回は、大根で作ってみました。

a0202860_911647.jpg


大根だけだと水っぽくなるので、豆乳に浸したお麩を仲間入りさせてみました。

うん、とろりん~と仕上がって、コクも出て優しい味わいの冬のポタージュです。

レシピはこちら ↓

[材料 2人分]
大根 (6 cm)
玉ねぎ 1/4 個
お麩 10g
豆乳 400ml
塩 小さじ1/2
バター 小さじ 1/2
オリーブオイル 少々
ドライトマト 少々
ミントの葉 少々

[作り方]
1.大根と玉ネギは皮をむいて薄切りにする
2.お麩は豆乳200ml に浸しておく
3.鍋にオリーブオイルを少々熱して、大根と玉ねぎをサッと炒め、2 を入れてよくかき混ぜる
4.続けて残りの豆乳も入れて、大根が柔らかくなるまで弱火で煮込む (約10分)
5.ミキサーに 4 を入れて撹拌し、再びお鍋に戻す
6.塩とバターを入れて味を整える
7.器に入れてドライトマトとミントの葉を飾り、オリーブオイルをまわしかける


大根といえば思い出すのが、子供の頃のこんなエピソードです。

母から、大根をおろして、と頼まれ、おろし終わった後、大根の汁を捨てようとしたら

「あら、捨てちゃダメよ、大根の汁にはジアスターゼがたっぷり含まれてて、
栄養たっぷりだから一緒に食べた方がいいのよ」

と言われたことです。

私は水っぽくなるのがイヤで、捨てたかったのですが...(笑)

でも、そのおかげで、大根にはジアスターゼ酵素がある、という知識を
得ることができたので、母には感謝です。

大根のジアスターゼ酵素は消化を助けてくれるので
食欲がないときや、胸焼けがするときなどに、大根を食べるといいですね。

野菜の力、ありがたいですね (^^)

人気ブログランキングへ ← 読んだよ~の印にクリック☆お願いします~(^^)

↓今日の天使からのメッセージはこちら↓

天使からのメッセージ
[PR]
ここんところ、何かと心身ともにザワザワしておりまして(^_^;)
ブログアップもなかなかできないでいました。

久しぶりの更新です。

晩秋のメニューをひとつ...

先日、冷凍庫の整理をしていたら、フランスパンやチャパタのはし切れなどが
出てきました。

パン類は買ったらスライスして、すぐに冷凍するのですが
端っこはどうしても残りがちです...^^;

もちろん、フツーに焼いて食べてもいいんだけど
やっぱりちょっと固いし、食感も何となくパサツキがちなんですよね。

ミキサーにが~っとかけて生パン粉にしてもいいのですが
今回は違う利用法で行ってみようと思います。

リボリータです。

リボリータとは、ひよこ豆と野菜を煮込み、そこにパンを加えて、さらに煮こむという
イタリア トスカーナ地方の郷土料理です。

私が今回入れた野菜は、玉ねぎ、にんじん、キャベツ、トマト、セロリです。
最後に、ざく切りにしたバゲットやチャパタを入れて、出来上がり~。

a0202860_8435061.jpg


郷土料理というだけあって、レシピや味付けは様々なようです。

私が今回使った調味料は、ブイヨン、塩とハーブです。
あとは、オリーブオイルや野菜の力でいろんな味のハーモニーが生まれます。

仕上げにおろしたパルミジャーノチーズをかけると
さらに風味が増しますね029.gif

温野菜として寒い日の朝食にはうれしいですね。

パンがすでに入っているので、これにミルクティーなどを添えれば
立派な朝食になりますが、グリッシーニにつけて食べても美味しいです056.gif

11月も終わり、いよいよ2014年ラストの一ヶ月。

12月は、忘年会、クリスマス、大晦日などイベントが目白押しになる月です。
楽しく、楽しく、楽しく、過ごして、ステキな気持ちで一年を締めくくりましょう072.gif

↓読んだよ~の印に、ぽちっとクリック☆お願いします~(^^)↓
人気ブログランキングへ

↓今日の天使からのメッセージはこちら↓

天使からのメッセージ
[PR]
11月に入り、風も冷たさを増してきました。

それでも今年は例年に比べて、寒さの到来が遅いような気がします。

私は11月初旬生まれなのですが、毎年、自分の誕生日に外出するときは
必ず冬のコートを必要としていたことから、自分の誕生日が来ると
あ、冬支度しなくちゃ、と気持ちの準備ができていたのですが
今年はまだ、そんな厚手のコートはいらない気候ですね。
(私が住む地域での話ですが...058.gif)

でも、寒さは確実に増してくる季節です。

風邪引かないように、気をつけたいですね。

寒い時には、やはり体が温まる食べ物が欲しくなります。

先日、ちょっと寒かった日に作ってみたスープです。

にんにくと卵のスープ
a0202860_23162542.jpg


これは、ソパ・デ・アホというスペイン料理で

ソパ = スープ、アホ = にんにく

という意味です。

オリーブオイルでじっくりと炒めたにんにくにコンソメスープを入れて
そこにかりかりに焼いたフランスパンと卵を入れて
オーブントースターでアツアツに焼いたスープです。

にんにくは加熱することで体を温めてくれる効能があるので
寒い日にはもってこいのスープです!066.gif

確かに、これを食べたあとは、体がポカポカして
温まります!006.gif

....でも、ニンニクたっぷりなので誰とも会わない日に限りますね...(^.^;

↓読んだよ~の印に、ぽちっとクリック☆お願いします~(^^)↓

人気ブログランキングへ

今日の天使からのメッセージはお休みします。
[PR]

6月に入って、本格的に夏に突入しましたが、
今年の夏は、
あれ、もしかして、夏始まった?
え、いつ、夏になったんだっけ・・・?
っていう感じで始まったように思っているのは、私だけでしょうか?(笑)

で、暑くなったなーと思い始めたら、どど~んと大雨が降って
遠慮なく梅雨もやって来たし・・・・。

最近の天候は、私が子供の頃のように、年間で予測できる範囲を
大きくズレているような気がします。

天候の変化と同時に、日々の食事も変わってきますね。

我家の食卓も、少しずつ、夏メニューがちょこちょこ登場するように
なってきました。

先日も、焼きナスのお味噌汁を作ってみました。
a0202860_8573865.jpg


いつものように、ナスをグリルで焼いて皮を剥いたら、
塩を軽く振って、しばらく置いておきます。
その間に、お味噌汁を作り、椀にナスを盛り、お味噌汁を注いで
みょうがとおネギを飾って、辛子を乗せて出来上がり。

とってもシンプルで、いたってふつうのお味噌汁ですが
みょうがと辛子、というのが、ちょっと刺激的で、私は大好きです。

夫も「これは、美味しい、美味しい!」と
喜んでくれたので、また近々作ってみようと思います。

レシピはこちらです~ ↓

[材料 (2人分)]

なす 3本
だし汁 400ml
味噌 大さじ2~3
みょうが 2本
塩 少々
ネギ 少々
辛子 少々

[作り方]

1.なすはグリルで焼いて皮を剥き、一口大に切って塩をふっておいておく
2.鍋にだし汁を入れて、沸騰してきたら味噌を溶いて火を止める
3.器になすを盛り、味噌汁を注ぎ、みょうがとネギを飾り、辛子を乗せる

暑い日には冷し汁でも良いかも・・・(^^)

↓読んだよ~の印に、ぽちっとクリック☆お願いします~(^^)↓
人気ブログランキングへ

↓今日の天使からのメッセージはこちら↓

天使からのメッセージ
[PR]