<   2017年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

先日、BS で旅番組を見ていたら、美味しそうな料理が出てきました。

チローラー・グレーステル

スイスのチロル地方で、昔から各家庭で食べられている郷土料理だそうです。



牛肉とじゃがいもを使っているので、いわゆるチロルの肉じゃが...と言った感じでしょうか。

目玉焼きを上に乗せる、というところが、卵大好きな私にはポイント高し!043.gif

ということで、作ってみました~060.gif

a0202860_09213422.jpg

こんな感じかなぁ~ と、適当に作ってみましたよ...(^^;)

にんにく、玉ねぎを炒めて、そこに茹でたじゃがいもも入れて
こんがりと焼いた牛肉と目玉焼きを乗せて、出来上がり~ 056.gif

ハーブも使ったので、にんにく、牛肉、ハーブの香りが食欲をそそりますね! 045.gif

忙しい時の夕食作りには良さげな一品です。

適当に作ったので、レシピ起こしをしないと...(^^;)

レシピができたらまたアップします~♪

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリックお願いします~ (^^) ↓

人気ブログランキングへ


[PR]
by keiko-cako | 2017-01-30 09:31 | 牛肉
サンドイッチをお重箱に詰めてみました。

a0202860_09354652.jpg


至って普通のサンドイッチです。

でも、お重箱に入れただけで、何となく気分がアップ~016.gif

お重マジックですかね (^^)

使った材料は...

卵、ハム、きゅうり、レタス、わさび菜、クリームチーズ、ラディッシュ、粗挽きソーセージ、コロッケ、プチトマト

もうちょっと形を揃えて切れば、見栄えも良かったかも...(^^;)

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリックお願いします~ (^^) ↓

人気ブログランキングへ


[PR]
by keiko-cako | 2017-01-25 09:17 | パン

ずっと見たかったイラン映画『別離』をようやく観ることが出来ました。


a0202860_11562281.jpg

トレイラーはこちらです ↓



2011年の作品で、第61回ベルリン国際映画祭で最高賞 (金熊賞)、女優賞、男優賞

それぞれの銀熊賞を受賞しています。


また、第84回アカデミー賞では、外国語映画賞も受賞している名作です。

数年前の公開時に映画館に行くつもりだったのに、機を逃してしまい、

以来、ずっと気になっていた映画でした。


テヘランを舞台とした離婚の危機にある夫婦のストーリー....

ということ以外、いっさいの前情報を持たずに観ました。

a0202860_12021685.jpg

「別離」というタイトルから、私はてっきり夫婦の離婚を主軸としていると信じていたのですが、

見始めてすぐに、これは私の大きな勘違いであることがわかりました。


娘のためにイランを出て海外移住を希望する妻と
アルツハイマー型認知症の実父の世話をするためイランに残りたい夫


物語は、2人の離婚調停シーンから始まります。


2人は確かに離婚の危機にはあるものの、

「離婚」は、この映画のメインテーマではなく、単なるシチュエーションに過ぎません。


この映画が描いているのは、
人間のちょっとした気持ちの隙間から生まれてくる「嘘」です。


娘を守りたい母
父を守りたい息子
信仰には逆らえない女性
親への愛に苦悩する子供


いずれの登場人物たちも「小さな嘘」を生み出しています。


a0202860_12253625.jpg


それが自分だけでなく、周りの人たちをも苦しめていくことになるけど、

「嘘」をついた瞬間は、おそらく、「このくらいの嘘、大したことない」と、
さほど罪悪感もなかったのでしょう。


悪意のない嘘 - 自分ではそう信じていたのだと思います。


観ながら思ったのは、誰にだって「小さな嘘」はある、ということ。


人間の真理とは、と問われているような気がしました。


また、イランが舞台だけにイスラム教が大きく絡んでいるのも興味深いところです。


アルツハイマーの父親の介護をしてもらうため、ある女性 (敬虔なイスラム教徒)を雇うのですが、

彼女は父親の体を拭くことも、粗相をして汚れた下着を換えることもしてはいけないのですね...。


a0202860_12052188.jpg

そんなことをしたら、アラーの神の怒りに触れてしまうから。


えー、でも、そんなこと言ったら、介護なんてできないんじゃ?
最初からもう無理な話なんじゃない?008.gif


介護という同じ問題でも、宗教が絡むと複雑になる...


それだけでなく、宗教 1 つで社会通念や常識までもが大きく異なってくる恐ろしさも

この映画では描かれています。


胎児に対する罪の大きさ...ビックリです。


そんなイスラム社会の閉塞感なども漂わせています。


でも、なんといっても、この映画のハイライトは、ラストシーン!

このラストシーンを観た時、


え、ずるい!
これはずるい...002.gif


でも素晴らしい、なんて秀逸なラストシーン!049.gif


このラストシーンには賛否両論あるでしょうが、

私は、もうなんて素晴らしいエンディング演出をするのかと

思わず、膝を打ちました!

憎いね~! アスガル・ファルハーディー監督!072.gif


という、複雑な喜び (?) が湧き上がり、

観終わった後、またすぐに最初から見直してしまいました。


大きな余韻が残る映画です。


↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリックお願いします~ (^^) ↓

人気ブログランキングへ



[PR]
寒いですね~009.gif

1月だから寒いのは当たり前なんだけど、この数日間の底冷えの厳しさと言ったら
容赦ない感じです...(>_<)

寒い中、凍えながら帰宅して欲しくなるのがスープやシチューですね060.gif

以前にもアップしましたが、寒い季節に私がよく作るのが「リボリータ 」です。


a0202860_09032659.jpg
フランスパンや食パンなど、パンが余ったときや
サラダで食べるには、ちょっとなぁ、しなびてるよなぁ...という野菜があるときに作ります。

要するに、余った食材のリサイクルシチューですね!

元々、リボリータというイタリア語は、
「ボリータ (煮る)」という言葉に 「リ (再び)」という言葉をつけたものなので
まさに、余った食材を蘇らせるお料理です056.gif

冷凍保存も可能なので、多めに作っておけば
忙しい朝の朝食にもとても便利です。

温かいミルクティーとリボリータ

身体が温まり、寒い一日を乗り切れそうです!043.gif

レシピです~

食材は、↓以外でも OK です!
好きな野菜やハム、ソーセージ、鶏肉など、お好きにカスタマイズしてください~ 018.gif

[材料 4人分]

  • (ひよこ豆、白いんげん豆などの缶詰)
  • 玉ねぎ 1
  • にんじん 1
  • セロリ 3
  • じゃがいも 2
  • 粗挽きソーセージ 4
  • にんにく 2
  • トマト水煮 (缶詰) 1カップ
  • バゲット 適量
  • 野菜ブイヨン 2カップ
  • オリーブオイル 大さじ2
  • ローリエ 1
  • オレガノ 少々
  • 少々
  • 黒コショウ 少々
  • ゆで卵 適量
  • パルメザンチーズ 適量
  • パセリ (みじん切り) 少々


[作り方]

1. にんにくはみじん切りにする

2. 豆の1/3の量と野菜ブイヨンの大さじ3をフードプロセッサーかブレンダーに入れてペースト状にする

a0202860_09113973.jpg
a0202860_09124706.jpg



3. 野菜類はすべて、さいの目切りにする

4. ソーセージは一口大に切る

5. 鍋にオリーブオイルを熱してにんにくを炒める


a0202860_09112338.jpg

6. にんにくの香りが出たら、玉ねぎを炒め、しんなりしてきたらセロリ、にんじん、じゃがいも、ソーセージを入れて炒める

a0202860_09133671.jpg

7. 残りの野菜ブイヨン、トマト水煮、2の豆ペースト、ローリエ、オレガノを入れてしばらく煮込む

a0202860_09140942.jpg

8. 塩、こしょうで味を調える

a0202860_09220627.jpg


9. 食べる直前に、バゲットをちぎって入れて、ざっくりとかき混ぜる

a0202860_09214755.jpg

10. 器に盛り、ゆで卵、パルメザンチーズ、パセリを飾る


a0202860_09032659.jpg

ぜひお試しあれ~060.gif043.gif


↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリックお願いします~ (^^) ↓

人気ブログランキングへ


[PR]
3連休最終日は、ツタヤで借りてきた DVD 5枚を観賞して過ごしました。

その中に、とってもとってもステキな作品がありました。

タイの映画『すれ違いのダイアリーズ』です。

a0202860_17581706.jpg







タイ映画なんて生まれて初めてだったので
さほど期待しないで借りたんだけど、
テンポの良い脚本と出演者たちが魅力的で、
観始めてすぐに引き込まれました。

ひょんなことから、ど田舎の水上分校に派遣された青年教師ソーン。

前任の女性教師エーンが置いていった日記を見つけ、読み始めます。

エーンが赴任中に感じた心のうちを描いた彼女の言葉を読み進めていくうちに、
ソーンの気持ちは会ったこともないエーンに寄せられていきます。

a0202860_18075348.jpg

タイの水上生活者たちの暮らしぶりや、教育システムなどが
垣間見えてくるのも大変興味深いし、教師と子供たちのふれあい、男女の気持ちのすれ違いなども
丁寧に描かれていて、とても心地よい仕上がりになっています。

a0202860_18105526.jpg

メールや SNS でのコミュニケーションが当たり前になっている現代で、

「日記」という古典的なアナログツールを通して、顔も知らない 2人が気持ちを寄せ合う、

というストーリーは、一見、ありがちかもしれないけど、

この作品は、まったく退屈さを感じさせることなく、新鮮な感動を与えてくれます。


a0202860_18193879.jpg

最後はとってもとっても温かい気持ちになりました。053.gif043.gif


こんなに後味がいい映画、なかなか巡り会えません。


音楽も心地よかった ♪


たくさんの人に見てほしいなー (^^)



↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリックお願いします~ (^^) ↓

人気ブログランキングへ

[PR]
遅ればせながら、話題のダッチベイビーパンケーキなるものを
作ってみました056.gif

a0202860_13344637.jpg

シアトル発祥のパンケーキなのだそうですが、元々はドイツから来たパンケーキだそうです。

確かに普通のパンケーキとは、ちょっと食感が違いますね~060.gif

真ん中が凹んで火山のように回りの縁がくわっと盛り上がって焼きあがります。

この縁がカリカリっとしてて、中はふんわり柔らかい~。

材料は通常のパンケーキと同じで、
卵、薄力粉、豆乳、砂糖と塩を混ぜてオーブンで焼くだけなのに
どうしてこんな形になるんだろうなぁ...026.gif

焼きあがった生地にバターとレモン汁を振りかけて食べる、というのが定番のようです。

今回はパウダーシュガーを振りかけて、フルーツとホイップクリームを盛ってみました。

とっても美味しいです。

おやつはもちろん、休日の朝食にもウレシイですね (^^)

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリックお願いします~ (^^) ↓

人気ブログランキングへ


[PR]
by keiko-cako | 2017-01-06 13:45 | スイーツ
第一回プラチナブロガーコンテスト

2017年が明けましたね 058.gif

今年も引き続き、よろしくお願いします。018.gif

子供たちは NY で、私たち夫婦は日本で...
と、親と子でそれぞれの新年を迎えました。

夫と二人だけなので、おせち料理も少量しか用意しませんでした。

お重に詰めてみたら、スカスカだったので(笑)
お皿に並べてみましたよ 045.gif




a0202860_17384491.jpg


お雑煮は関東風のすまし汁です。

鶏肉、しいたけ、にんじん、里芋はそれぞれ下味をつけて煮込んでます。

本当は「かつお菜」を使いたいのですが、関東ではなかなか手にはいらないので
小松菜で代用しています。

私は福岡出身ですが、母が東京生まれだったので、関東風お雑煮で育ちました。

透き通ったすまし汁のお雑煮は、毎年食べるたびに亡くなった母を思い出します。

ありがたいことに、母から教わったこのお雑煮は、
今まで食べていただいた皆さんから
とても美味しい、とお褒めの言葉をいただいて、うれしい限りです 043.gif

わたしにとって、母からのレシピはどれも宝物になっています056.gif

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリックお願いします~ (^^) ↓

人気ブログランキングへ

[PR]
by keiko-cako | 2017-01-03 17:24 | 朝食