<   2017年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

王宮へ向かって歩いている途中に、
以前から行ってみたかったインテリアのお店があるので、
ちょっと寄ってみることにします。

Tannum Mobler



a0202860_09420844.jpg

シンプルなデザインが多いですね~。
a0202860_09454897.jpg

このライトは可愛い177.png

一色だけなく、いくつかの色のライトを飾ると楽しそう 169.png

a0202860_09460722.jpg

お値段もそれなりでした...(^^;)

お店を楽しんだあとは、王宮へ...。

はい、着きました!

王宮です。

a0202860_09323630.jpg



ここに現在のノルウェー国王が住まわれているそうです。

王宮は、オスロの中心街を走っているカール・ヨハンス通りの突き当りの坂の上に位置しています。

王宮広場からオスロの街並みが一望できます。

a0202860_09343186.jpg


高い位置から一本の通りを中心とする、この眺めはなんか既視感があるなぁ...
って思ったら、そうそう、鎌倉の鶴岡八幡宮の階段上からの眺望に似ているんだ...と
思い出しました。

権力者の建物の位置コンセプトって古今東西、同じってことでしょうか。

このまま、坂道を下って、カール・ヨハンス通りへと入ります。

a0202860_09411444.jpg

通りの横の公園には、孔雀のような噴水が。
a0202860_09532880.jpg

そのまま再び海岸に向かって歩いて、オスロ市庁舎へとやって来ました。

a0202860_09554807.jpg


a0202860_09561973.jpg

中庭のお花がキレイ178.png179.png
a0202860_09560037.jpg

そして、またカール・ヨハンス通りへと戻ってきました。

a0202860_09565899.jpg

オスロの最高級ホテル、グランドホテルです。

ノーベル平和賞受賞者たちが宿泊する 5 つ星ホテルです。


a0202860_09571226.jpg


ここのカフェでお茶でもしようかと思ったけど、
黒塗りの車が何台も停まっては、正装したゴージャスな人々が出入りしているので
ヤメときました...105.png
a0202860_10044429.jpg


ウィンドウブレーカにジーンズ姿で入っていったら
場違いな雰囲気たっぷりだもんね...(^^;)

そのままホテル横の路地へ入っていき、行きたかったキッチン用品のお店へ向かいます。

Rafens (ラフェンス)

a0202860_09573274.jpg

いろんなキッチン用品が置いてあって、見ているだけで楽しいお店です。

中でも、目についたのがこれ!

a0202860_09575129.jpg


私の大好きなイギリスのシェフ、ジェイミー・オリバーのすり鉢セット

海外の料理番組を見ていると、ハーブや粒胡椒などを、こういうすり鉢セットで
ゴリゴリしてるシーンがたまに出てきます。

確かに、少量のジェノベーゼを作るときなんかは、
ミキサーで作るより、すり鉢を使ったほうが簡単にできそう!

ジェイミーブランドなら買おうかな、と思ったけど、
えらく重いのでヤメました...105.png

ジェイミーの料理番組はいろいろありますが、
彼のクッキングスタイルはとてもリズミカルで、手間も簡単で美味しそうです。


そろそろランチタイムになってきました。

ランチのお店へと向かいます~173.png

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]

翌朝、朝食後にまず向かったのは、こちら。

アーケルブリッゲ (Aker Brygge) という再開発されたウォーターフロントエリアで、
近代建築物やオシャレなスポットが集まっています。

ブリッゲとはノルウェー語で「橋」という意味だそうです。

a0202860_10094452.jpg

店舗だけでなく、多くの集合住宅が立ち並んでいます。

a0202860_09264591.jpg

a0202860_10123821.jpg

a0202860_09564795.jpg

ここに住んでいる人たちは気持ちがいいでしょうね~。

オスロフィヨルドを眺めながら生活できるなんてステキ!

...と思ったけど、冬が長いノルウェーだから、
一年のほとんどが寒くて暗い海を眺めることになるのか...? (^^;)


a0202860_09261502.jpg

a0202860_09573300.jpg


カラフルな集合住宅


a0202860_10120574.jpg

バルコニー部分だけが飛び出しています。
こんなデザインの集合住宅は、日本ではなかなかお目にかかれないですね。

a0202860_09511620.jpg

これって、まとまりがなくて、ごちゃごちゃしたデザインに見えるけど、どーなんだ? 151.png

a0202860_09544819.jpg


コペンハーゲンでもそうだったけど、ひさしが飛び出ているデザインが多いですね。


a0202860_10111666.jpg



a0202860_10113634.jpg

a0202860_09372088.jpg


その名の通り、あちこちにブリッゲ (橋) がかかっています。

a0202860_09272270.jpg

a0202860_10005929.jpg



a0202860_10130025.jpg



a0202860_09401993.jpg

a0202860_09500327.jpg



ひぇ~っ、こんなに寒いのに、泳いでるおじちゃんが...140.png

a0202860_10132798.jpg


寒いけど、一応、夏だもんね

嬉しそうに泳いでいました105.png


海岸沿いには公園があって、丸いアートがあります。
a0202860_10134617.jpg
パノラマ機能で全体図を撮ってみました101.png


a0202860_09414951.jpg

何ともオシャレなエリアです。

a0202860_09473995.jpg
まさに開放感あふれる空間
a0202860_09485030.jpg

カフェも明るくて開放的です。
a0202860_10020714.jpg
自然光がたくさん入ってくるから、気持ちがいい~♪

a0202860_10025581.jpg

こんなオブジェもあります。


a0202860_10151564.jpg

a0202860_10153193.jpg

ショップストリートも緑が豊富で、気持ちがいいです。

a0202860_10150049.jpg
ミニ噴水たちが清涼感を演出しています。
a0202860_09281611.jpg

広場ではフォルクスワーゲンのカーフェアが開催されていました。

a0202860_10063436.jpg

ゴールドの Golf だ~! 150.png

こっちはゴールドの Arteon (アルテオン) !!!
a0202860_10144194.jpg

まさしく金ピカ車!
一体いくらぐらいするの~? と価格を見たら
軽く 1 千万を超えてました...114.png

ただでさえ物価高のノルウェー
こんな高級車をポーンと買える人々がここには住んでいる、ということでしょうね~。

たまげた~! 153.png

...と、ビックリしたところで、これから王宮へ向かいます。

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ


[PR]

私たちがオスロで宿泊するのは、ラディソンブル・プラザ・オスロ (Radisson Blu Plaza Oslo) です。

オスロ中央駅の目の前に位置していて、37 階建てのタワーホテルなので、駅のホームからも見えました。

a0202860_09281640.jpg

↓ これは翌朝、撮影した正面エントランス

a0202860_09293605.jpg

オスロ中央駅に到着したのが午後10時半過ぎ。

夫がビールを飲みたい、と言うのでエキナカにあるスーパーマーケットやコンビニ、食料品店など
いろんなお店で探したのですが、どこにも売っておらず...。

チェックインの際にフロントに「ビールを買いたいんだけど...」と訊いたら
ノルウェーではアルコールの販売は午後8時まで! という法律があるらしく
この時間だと、どこのお店にもアルコールは置いてない、とのことでした。

ホテルのバーも、もうすでに閉店しているので (早っ!)
部屋のミニバーでビールを嗜むことに....167.png

a0202860_09452433.jpg

まぁまぁの味だったそうな... (^^;)

やっぱりノルウェーのビールは相性がよくないようで...。
(ちなみに、フィンランドやスウェーデンのビールは美味しかった、とのことです...)

明日の朝はオスロの建築たちを見て回る予定です。

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ


[PR]

フロム駅前には、いろんなお店やカフェ、レストランがあり、結構にぎやかな感じです。169.png


a0202860_10255102.jpg


a0202860_10242922.jpg

ここでしばらく過ごした後、フロム鉄道に乗ってミュルダールへと向かいます。


a0202860_09030787.jpg


標高差 900m もある山間を登り続けます。

このあたりでは川の流れもまだ穏やかです。
a0202860_09032466.jpg


空の青さと山の緑のコントラストが美しい~。

a0202860_09033800.jpg


川の流れがかなり激しくなってきました。
a0202860_09040048.jpg


フロム鉄道の途中に、落差 93m もある巨大瀑布、ショースの滝があります。

ここに来ると、電車は一旦停止となり、乗客は滝の前にあるデッキに降りて
滝を目の前で見ることができます。

a0202860_09042801.jpg

おおお~っ!
これは確かに巨大滝!

流れの勢いがトルネード級です!
すごい迫力~!!!!146.png150.png

...と、感動しながら眺めていると
あれ、あれ、あれれ...
滝の爆音がものすごく響く中、なんか音楽が聞こえてきたよ...169.png

え、何、このミョーに物哀しい音楽は...(°_°;)

あれ、あれ、あれれ...

誰か出てきたよ...146.png

あ、踊りだした...!!!

a0202860_09044981.jpg


赤いドレスの女性が何やら音楽に合わせて
くねくねと踊っています...(°_°;)

この方 ↓

a0202860_09213401.jpg


えええ~って思っているうちに
あっという間に今度は下の方に移動して登場!

a0202860_09051184.jpg

ここ ↓

a0202860_09214439.jpg

これ、この地方に伝わる、歌で男性を誘惑する妖精「フルドラ」の伝説にちなんだショーなんだそうです。

フロム鉄道が乗客へのサービスとしてやっているみたい...。

動画があります。
フルドラの登場は、約40秒後です。



観光客のみなさんは楽しまれていたようですが
う~ん...、男性を惑わす妖精だからなのか、私にはどうも不穏というか不気味な感じがして
あまり楽しめませんでした....120.png

それにしても、この妖精役の人、
滝の水を浴びて洋服がびしょびしょになってないのかなぁ...
とか、ここまで通勤してくるの大変だろうなぁ、とか
そっちの方が気になりました...(°_°;)

そんな演出が盛り込まれたフロム鉄道ですが、
妖精の魔力に惑わされることもなく、無事にミュルダール駅に着きました!


a0202860_09052565.jpg

標高 866.8m もあるので、とっても寒い~! 140.png

a0202860_09054014.jpg

この駅からノルウェーの首都オスロへと向かいます。

a0202860_09055143.jpg
電車の窓の向こうは、ほんのり雪景色...170.png

a0202860_09060464.jpg
とても 8 月とは思えない寒々しい風景が流れていきます。
a0202860_09061509.jpg

約 5 時間後の午後10時半、ようやくオスロに到着。


a0202860_09062972.jpg


はぁ~、疲れた...117.png

ホテルにチェックインしてゆっくり休みます。

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ


[PR]
フィヨルド地形に入ってきました。

a0202860_09053842.jpg

お天気にも恵まれ、風もさほど冷たくないので、とても気持ちがいいです。

a0202860_09060622.jpg


a0202860_09070002.jpg
左には教会と住宅が見えます。


船は、カタツムリのようにゆっくりとした速度で
静かに進んでいきます。


a0202860_09072360.jpg

左右の地形が入り組んでます!

まさにこれがフィヨルドなのね~!
a0202860_09080205.jpg
目の前に広がるのは、ただ空と山と河だけ。
なのに、この美しさは心が震えるほどです。

なんて美しいの~!と、ただただ、この景観に見入ってしまうばかり。

a0202860_09082154.jpg


フィヨルドなんて、ただの河下りでしょ...
と思っていた私は、なんてアホだったのでしょう!

フィヨルドをナメてました!

猛反省!!! 145.png

a0202860_09090372.jpg
地球には、こんなにも美しい場所があるんだ...と、大感激!

この人生でこの景色を見ることができたことに、心から感謝です 112.png

a0202860_09100065.jpg

同じような光景が続くのに、まったく飽きない 101.png

a0202860_09103840.jpg

a0202860_09112852.jpg
a0202860_09115383.jpg
a0202860_09120945.jpg

あれ、崖の上に家がありますよ...(°_°;)
a0202860_09125111.jpg
人口6人の村があるって聞いてましたが
これがそうなのかも....?

a0202860_09163176.jpg
すごいなぁ、ここに住んでいるって
いろんな意味ですごいなぁ...と、ビックリ 150.png + それはそれで感動 101.png


ここにも村があります。
ここは町内会を作ってもいいくらいの規模でしょうか。

a0202860_09182657.jpg
河の幅が段々と広くなってきました。
a0202860_09184455.jpg
フィヨルド地形もそろそろ終わりのようです。
a0202860_09191504.jpg

2 時間のフィヨルド観光、とても素晴らしいものでした。
a0202860_09194400.jpg
フロムに到着しました。
a0202860_09203732.jpg

ここで、再び鉄道に乗ってミュルダールまで移動します。

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ



[PR]

グドヴァンゲンのフェリー乗り場前には
お土産屋さんやカフェなどがあり、乗船前の観光客で賑わっていました。

a0202860_09064859.jpg

ショップにはノルウェーらしいバイキングゆかりの品物が並べられています。

日本ではお目にかかれないようなものがたくさんあって
なかなか興味深いです101.png

a0202860_09201274.jpg


山のど真ん中に位置しているので、このお店以外は何もなくて
周りはただただ、山と川があるだけです。

それでも、その景観があまりにも美しくて壮大なので
ここが「退屈」だと思う人はいないと思います。

a0202860_09091046.jpg
a0202860_09223332.jpg


a0202860_09092693.jpg

出船までまだ時間があるので、ここでランチタイム169.png

ベルゲン駅で買ったサンドイッチをいただきます。

a0202860_09145693.jpg
ロブスターのカレー風味サンドイッチとチョコロールパンです。

サンドイッチね、不味くはなかったけど、すっごく油っぽくて完食ならず!
チョコロールパンは柔らかくて美味しかったのでぺろりと食べちゃいました。

そうこうしているうちに、私たちが乗る船がやってきました~!


a0202860_09273447.jpg
かなりでかい~!

a0202860_09285902.jpg

フィヨルドを見るなら、船の進行方向先端のデッキから見るべし!

という情報に従って、乗船後すぐにその場所を確保しました~165.png101.png

出航~173.png

さようなら~、グドヴァンゲン 101.png
a0202860_09323573.jpg

今からフィヨルドの中を渡っていきますよ~169.png

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ


[PR]
ベルゲン駅を出発してしばらく走ると、のどかな風景が広がり始めました。

a0202860_12571191.jpg
お天気はいいけど、少し霧が出てきたようです。

a0202860_12573572.jpg
雲が低く流れています。
a0202860_12575595.jpg

a0202860_13002696.jpg
再び霧の中を抜けていきます。
a0202860_13004237.jpg

a0202860_13010059.jpg
雲と霧の区別がつかなくなってきました...(^^;
a0202860_13105226.jpg

ベルゲン駅から約 40 分後にヴォス駅に到着!
a0202860_13233037.jpg
ここでバスに乗り換えて、グドヴァンゲンへと向かいます。
a0202860_13142351.jpg

窓から見える景色はとってもきれい~。

a0202860_13294101.jpg
滝があちこちにあります。
a0202860_13322060.jpg

a0202860_13323848.jpg
夫が滝を見つけるたびに喜んでいるので

「滝、好きなの?」と訊いたら
「好きだよ」と。

へー、知らなかったよ...(°_°;)

夫が滝好きだということを、結婚ン十年目にして初めて知りました。

夫婦で旅行していると、いろんな発見があるものです...。

a0202860_13113028.jpg

バスは、やがて、細くて狭い山道をゆっくりと下り始めます。

鋭角なヘアピンカーブをそろりそろりと曲がっていきます...

a0202860_13114615.jpg
気が付かなかったけど、私たちを乗せたバスは
かなりの高度の道を走っているようです...(°_°;)
a0202860_13121043.jpg
バスの窓をのぞくと、すぐ下に崖が...122.png
a0202860_13433146.jpg

車道と崖っぷちのギリギリのところを
大型バスがゆらりゆらりと揺れながら、走り抜けていきます。

しかも道はすべてが、すべり台のような角度の下り坂と
その先に必ずあるヘアピンカーブ、というセットのくねくねの連続 137.png

これ、ちょっとでもバランスを崩したら、もうみんなで崖へ真っ逆さまだよね....(^。^;)

バスの運転手さんのドライビングスキル、相当高いです。
a0202860_13434795.jpg

こんなドキドキハラハラとスリル満点の道が続き、
車内にはちょっとした緊張感が....。122.png

そんなときに、誰かが「虹だ!」と叫ぶと
みんなが一斉にそちらの方へ移動...177.png

a0202860_14022003.jpg



ひゃぁ~、バ、バランスがぁ~っ!135.png

という私も移動してパチリ!

とってもキレイな虹でした~。

やがて、平坦な道へと入ったときには、
車内のあちこちから、ほ~っと安心のため息が漏れてきました。103.png

よかった、よかった~。

a0202860_13130242.jpg

相変わらず、ものすごく分厚い雲なのか霧なのか区別がつかない白いものたち
a0202860_13131635.jpg
a0202860_13133382.jpg
a0202860_13134825.jpg
やがてバスは、グドヴァンゲンへと到着しました。

ホ~っ (^。^;)

運転手さん、安全運転、ありがとう~!

ここでしばらく休憩した後、いよいよフェリーに乗ってフィヨルド観光です。

バスが止まると、お兄さんがいきなり乗り込んできて
乗船の仕方について説明してくれました!
a0202860_13140955.jpg


お、イケメン~162.png

北欧って本当に美男美女揃いです169.png

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ




[PR]
ベルゲン最終日です。

今日は、午前 8 時過ぎの電車に乗ってフィヨルド観光へと向かい、
そのままオスロへと移動します。

その前に、私たちが宿泊したホテルがあるブリッゲン地区を
もう少し散策することにします。

早朝なので店はまだ閉まっていて、人や車もほとんどいない状態です。
ひんやりとした静寂が心地よいです。

a0202860_08591763.jpg


ブリッゲン地区の表は、カラフルな三角屋根の建造物が並んでいますが
その裏の方はこんな感じです。

a0202860_08562663.jpg
この中に入ると、カラフルな木造倉庫が隙間なく建っていて
その間には路地が張り巡らされていて、まるで迷路のようです。

a0202860_09033950.jpg
ここを歩いていると、時代を超えたような不思議な感覚になります。
a0202860_09035881.jpg
このブリッゲン地区は世界遺産に登録されているとのことですが
この不思議な美しさは、さもありなん、という感じですね。

a0202860_09041931.jpg

a0202860_09043551.jpg
カフェでしょうか。
ここでのランチやコーヒーは美味しいでしょうね~。

a0202860_09045220.jpg
こんなオブジェもあります。
何の魚?
ギョギョギョ~150.png
a0202860_09051065.jpg

a0202860_09053296.jpg

a0202860_09055571.jpg

a0202860_09060793.jpg
表通りに出ました~!
a0202860_09074771.jpg
今から、ベルゲン駅へと向かいます。

あ、それはそうと、今日のお弁当を買おうと思っていたベーカリーショップですが、
午前 7 時にオープンすると言っていたのに、7 時過ぎに行ったら
商品は何も出ていませんでした...135.png

店員さんに聞いたら、
「まだないよ」とぶっきらぼうな返答...。
(ホント、ノルウェーの男性ってみんな無愛想...)

なので、サンドイッチは買わず..というか買えず...。

いいや、駅に行けば何かあるでしょー177.png

ということで、ベルゲンの朝の街並みを楽しみながら
ベルゲン駅へと進みます。


a0202860_09081273.jpg
朝日が映える湖は、とっても美しい~174.png

ベルゲンは本当に美しい街でした。
また訪れたいところですね。

物価は高いけど...
男性はぶっきらぼうだけど...105.png

ベルゲン駅に着きました!

歴史を感じさせる立派な駅舎です。
a0202860_09083289.jpg
でも、中は結構モダンな感じ。

駅なのに、この時計の時間、狂ってます...(^^;

a0202860_09090232.jpg
この時計は合ってる(笑)

a0202860_09123152.jpg

電車が来るまでまだ時間があるので、
駅の売店でサンドイッチと飲み物を買いました。

電車が来ました~!

a0202860_09124361.jpg
ミュルダール行きの電車ですが、私たちは途中のヴォス駅で下車します。

いよいよ、フィヨルド観光スタートです~!101.png

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ


[PR]
ホテルの近くにベーカリーショップがあって
その前を通るたびにパンのいい香りがします。

気になるので、ちょっと入ってみました。

a0202860_10132629.jpg
美味しそうなサンドイッチがいろいろ。
a0202860_10183276.jpg
日本では見かけないようなケーキたちも。
美味しそうだけど、きっと怖ろしく甘いんだろうなぁ
(今までの経験上からの想像です)181.png


a0202860_10191155.jpg
明日のフィヨルド観光ではお弁当を持っていく予定だけど
ここのサンドイッチでも良さそう~♪

店員さんに開店時間を訊いたら、「午前7時です」とのこと。

よし! バッチリ! 165.png

7時過ぎにはホテルをチェックアウトして、ベルゲン駅に向かうので
駅に向かう途中で、このお店でサンドイッチを調達することにします! 101.png

お弁当の段取りが確認できたところで、夕食タイムです。

ベルゲン最後の夜は、このお店でノルウェー料理をいただきます。

ブリッゲロフテ & ステューエネ (Bryggelotet & Stuene )

a0202860_10305499.jpg
午後6時半に店に入ったら、店内はすでに満席。
多くのお客さんで活気にあふれていました。

予約をしていてよかった~!102.png

2階のテーブルに案内されました。

店内は、ウッディなインテリアでヴァイキング時代のノルウェーをイメージしているようです。
(下の写真2枚はお店のホームページから拝借)

a0202860_10482053.jpg
a0202860_10483575.jpg

まずはマストのサラダ

やっぱり葉物野菜は、ほとんど入っていません...。
紫キャベツのみ。

a0202860_10334152.jpg

そして、ベルゲンでどうしても食べたかったのがこれ。

バカリャオ (Bacalao) という、鱈のトマトスープです。
a0202860_10511866.jpg
かなりのボリューム!
ピリッと辛味もあって美味しいシチューでした。

メインはサーロインステーキ。

コペンハーゲンで食べたステーキがあまりにも美味しかったので
ノルウェーのステーキも味わってみよう!ということでオーダー。

a0202860_10533449.jpg
付け合せは定番のフレンチフライ

a0202860_10564079.jpg
ノルウェーステーキはね...
うーん、さほど唸るようなものではなかったです。

ちょっと硬かったし筋もあったし、肉汁もあまりなかったし...。

これは牛の問題なのかお店の調理の問題なのか...???? (^。^;)

コペンハーゲンのステーキで上書きしたいノルウェーステーキでした。

明日はベルゲン駅から鉄道 → バス → 船 → 鉄道 というルートで
フィヨルドを見ながらオスロへ向かいます。

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ



[PR]
フロイエン山を降りたあとは、
特に目的の場所はないので、ベルゲン市内をブラブラ歩くことにします。

マンホールにはベルゲンの街並みが描かれています 169.png

a0202860_10502939.jpg

ベルゲン美術館 (KODE) 前の湖
a0202860_11040565.jpg

風が強くて寒いけど、お天気がいいので気持ちがいい~169.png

a0202860_11045416.jpg
これは、癒やされますね~。
静かで美しい風景はずっと見ていても飽きません。


a0202860_11070719.jpg
ベルゲンはとても美しい街です。
犯罪率も低くて治安も良いそうです。

確かにこんなに素敵な街なら、住みたくなりますね。

ずっと眺めていましたが、身体が冷えてきたので
動くことにします...(^。^;)

この湖を抜けたところに、グリーグホール (Grieghallen) がありました。
a0202860_11100932.jpg
これも洗練された雰囲気のある建物です。

a0202860_11114449.jpg
でも、人がほとんどいなくて、ゴミも散らかってたせいか
どことなく見捨てられた建物...という感じでした。


a0202860_11131180.jpg
イベント開催時には、賑やかになるのでしょうけど
日頃のメンテナンスがずさんな感じが否めなかったのが残念... (>_<)

さらに坂道を登っていくと、突き当りにはベルゲン大学がありました。

a0202860_11170669.jpg
この像の足元にベビーカーと男性 (おそらく父親) がいます。

ノルウェーに来て気がついたのですが、
街のあちこちでベビーカーを押している男性を頻繁に見かけます。

コペンハーゲンでも見かけましたが、ベルゲンではその数がさらに多い気がします。

調べたところ、
ノルウェーでは男性の育児休暇取得率は 90% 以上もある、
ということがわかり、納得!

子供を夫婦で育てることは当たり前のこと、という考え方
それを国が全面的にサポートする制度が整っている、ということは素晴らしいですね!

私が以前いた会社でも、男性社員が育休を取りましたが、
彼が男性育休取得者第 1 号でした。

その後、彼に続く男性社員が出なかったのは、残念なことです。

日本では男性の育休はまだまだ取りにくい環境なのでしょうね。

ノルウェーって物価は高いし、人 (特に男性) は無愛想でちょっとブー121.pngだけど
こういう福祉制度が整っているのはさすがです!

そろそろランチタイム...101.png

この坂道を下ってちょっと行ったところに
行ってみたいカフェがあるので、そこに向かいます。


a0202860_11371436.jpg

着きました!
ペンギン (Pingvinen)」です。

a0202860_11450968.jpg

中はこんな感じのこじんまりとした雰囲気です。

a0202860_11491635.jpg
メニューを見たら、ムムムム...
やっぱりお高め....148.png

卵ベーコンサンドイッチが 119 NOK (約1,660 円) もする...143.png

a0202860_11502217.jpg
夫も、ノルウェービールはもう懲りていらない、ということで
スパークリングウォーターを 2 人でシェア。
a0202860_11523262.jpg

私もガッツリ食べたい気分じゃなかったので
ポテトとリーク (西洋ねぎ) のスープにしました。

a0202860_11541253.jpg

夫はラム肉とポテトサラダの盛り合わせ
a0202860_11544262.jpg

どちらも結構なボリュームだったので、ちょうどよかった~165.png

ただ、夫曰く、ラム肉がかなりしょっぱかったので、やっぱりビールが欲しかったそうな...(^。^;)

夕食のときにリベンジしてや~167.png182.png

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ


[PR]