<   2017年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ショートパスタでこんなのを見つけたので買ってみました。

イタリア マンチーニ社のトゥッフォリ (Tuffoli) です。

a0202860_09484679.jpg


リガトーニの拡大版、という感じの筒状のショートパスタです。


a0202860_09490109.jpg


どうやって食べるのがいいのか、よくわからなかったけど
とりあえず、フツーに茹でてクリーム系でやってみることに...。

こんな感じに仕上がりました

a0202860_09492648.jpg


ズッキーニ、ベーコン、ひよこ豆などを炒めて
豆乳で作ったクリームソースです。

ソースは美味しくできたのですが、パスタがね...105.png

写真でわかるように、パスタが膨張してヘタヘタ~っとした感じなんです...(^。^;)

食感はアルデンテなんだけど、茹で上がった形状がしなびた凧のような感じで
ちょっと情けない...137.png

それで、その形状を気にしなくてもいいように、
こんなのも作ってみました。

a0202860_09493761.jpg

作り置きしていたトマトソースに野菜をぶち込んで
チーズを乗せてオーブンで焼いてパスタグラタン風にしてみました。

これはね、パスタのヘタレ感があまり感じられなくて良かったです。105.png

いずれにしても、このトゥッフォリというパスタとよいコミュニケーションが取れてないので、
もう少し付き合って行こうと思います。

うまく付き合えるようになったら、またアップします~♪

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]
どんな料理にも欠かせない調味料 - それは塩です。

料理だけでなく、私たち人間が行きていく上でも塩は必要不可欠なものですね。

ということで、塩の話をしましょう。102.png

といっても私は、塩マスターとか塩マエストロでもないので
ウンチクを並べるなんてことはできません。

単純に、私が個人的におつきあいをしている塩たちのことを
ちょっと語るだけです...106.png

子供たちが生まれて以来、ずっと使ってきた塩は
生活クラブで取り扱っている真塩です。



a0202860_10162597.jpg


これは、オーストラリアとメキシコで取れた天日塩で、
粒子はとても細かく、味もまろやかです。

a0202860_10164106.jpg


並行して使ってきたのが、パルシステムで取り扱っている長崎産の「海はいのち」です。

a0202860_10204730.jpg


これも粒子は細かいです。
味もまろやかですが、↑の塩に比べると、ややハードな感じがします。
a0202860_10232603.jpg


いずれも美味しい塩なのですが、これらの塩の難点は、すぐに固まること。

多少の固まり方ならまだしも、場合によっては
ガチンガチンの岩みたいに塊になっていることもあります。

炒ったゴマを入れたり、湿気を防いでくれるような入れ物に入れたり、
いくつかの方法を試してみたけど、どれも効果なし...144.png

フレーク状の結晶になっていて固まりにくい...
などと言われている塩も買ってみたけど、実際に使ってみると、やっぱり固まっちゃって
使いにくいなぁ~と思ってしまうことがたびたびありました...120.png


うーん、日本って湿度が高いから、もうしょうがないのかー!135.png

だけど、ストレスフル~ 149.png

...ってあきらめモードに浸っていたときに出会ったのが、このコーシャーソルト (Kosher Salt) でした~!!!! 169.png


a0202860_10091533.jpg


主に欧米で使われている塩で、厳しい品質規定を満たしている天然塩です。

元々は、不純物や添加物を入れてはいけない、という厳しい食事制限があるユダヤ教徒たちのために
開発されたそうですが、その美味しさゆえ、欧米のシェフたちの間で広まったようです。

粒子はやや大きめですが、サラサラしています。
a0202860_10093238.jpg


味はまろやかで、さっぱりしています。

何より、何より、何より素晴らしいのは、固まらないこと~!!!!

こんなに湿度が高い日本にやってきても、
さらには湿度温度が高いキッチンに置いておいても、
1 ミリたりとも固まったりはしないスグレモノなのです !

だから、どんな料理にもサラサラ~、パラパラ~っと軽く振り入れることが出来て
とぉ~っても気持ちがいいのです 177.png 101.png

ということで、数年前に我が家の塩大臣に決定しました!

コーシャソルトは アマゾンで購入可能です。


番外編として、先日、我が家にゲストとしてやって来たのが、
こちら↓の塩。

フランスのフルール・ド・セル という海塩です。

a0202860_10512011.jpg



娘がフランスに出張で行った際に、買ってきて送ってくれました。

パッケージがいかにもフランスらしく、オシャレ~178.png177.png

こちらの粒子も大きめです。
a0202860_10545304.jpg


味は、かなり強め、ストロングソルトです。

一粒で他の塩の小さじ半分ぐらいの仕事をしてくれるんだね、君...
とビックリするほど、コスパが良い塩です。

なので、普通の感覚でこの塩を入れちゃうと、とっても塩辛くなるので要注意!

なんか、そのあたりも、フランスらしい自己主張が感じられるなぁ...(笑)(^。^;)

これも アマゾンで購入可能です。

つくづく、塩ってとても繊細で奥が深い調味料なんだなぁって、思います。

世界の塩を味わってみるのも楽しそうです。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]
10月です。

季節は秋...のはずなのに、冬のような寒さです。140.png

しとしととエンドレスに振り続ける秋雨は、梅雨を思い起こさせるような一面を見せています。

台風も来ているようです...。

とりあえず、この週末の衆院解散総選挙の投票率が落ちないことを祈ります。

さてさて、こんな天候だけど、秋なので、
こんなケーキの写真をアップしちゃおうかなぁ~。

マロンケーキです!

a0202860_09022726.jpg

これを作って撮影したのは、ずっと前なのです、実は... 105.png

てっきりこのブログにアップしていたと思っていたのに
どうもしていなかったようで、慌てて今日、アップしている...という次第です。 151.png

市販のマロンペースト (カルディとかで売っている) を使うので
お手軽に作れちゃいますよ~。

フワフワとして優しい甘さのパウンドケーキです。
我が家ではいつも2本分焼くのですが、あっという間になくなちゃいます。

レシピは ここにあります169.png

週末、晴れますように~ 174.png

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ


[PR]
ずっと雨続きですね。176.png

秋の雨は、一雨ごとに寒さが増していきますが
今年は秋を通り越して、すっかり冬の寒さへと突入した感じです...140.png

こんな天候の中、歩いていると身体はすっかり冷え切ってしまいます。

私はスーパー冷え性なので、帰宅後もしばらくは身体が冷たくてガチガチに固まってしまいます。

全身が完全に解凍されるまでに、時間がかかるのでトホホです。145.png

でもね、先日、思いつきでこんな ↓ 雑炊を作ってみたところ
とぉ~っても美味しくて、身体がポカポカと温まったのでした。

a0202860_10163491.jpg



自分的にも、これはヒット! でした~ 106.png177.png

たっぷりの鰹節で取った出汁の風味と、
たかの爪のピリ辛パンチが効いて、身体がホカホカと温まりました。

牛肉も入れたので満足感も得られました~ 169.png101.png

夫から「満点!」172.png をいただきましたよ~ 125.png

これからの寒い季節に、ぜひぜひ作ってみてください~。

レシピは ここです~。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]
ペンネがちょっとだけ余ってたんです。

片手で、ほんの一握り分ぐらい...125.png

だからペンネを主役とした料理はできないけど、
どうしてもこのペンネを片付けたい...

ということで、私の定番、ワンプレートランチを作りました。

a0202860_09254610.jpg

メインは豚肉のバジルソテー。

薄切り肉を使うので、すぐに火が通って調理時間もさほどかかりません。

女友だちが我が家に集まるときも、このプレートを用意して
ガールズランチを楽しむことが多いのですが、こういうカフェ風のプレートランチって
女子は好きですよね(笑)

サラダ、スープ、メインなどのお料理をすべて1つのお皿に乗せてお出しするので、
おもてなしする側も、何度も席を立ってキッチンに行く必要がない、というのも
なかなか都合が良いのです。 101.png

場を中断することがないので、おしゃべりにも集中できます(笑)

あとは、デザートを用意すれば、とりあえず、フルコース完了!
という感じなので、とても便利なランチプランなのです178.png177.png

レシピは ここにアップしています。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ


[PR]
オスロ空港に到着しました。

a0202860_09362959.jpg

ノルウェーの空港らしく、木の温もりが感じられるデザインです。

a0202860_09364436.jpg
出発時刻まで時間があるので、
オスロラウンジで休憩することにします。
a0202860_09554221.jpg

落ち着いたインテリアで、ゆったりとした空間です。

a0202860_09583485.jpg
a0202860_09584645.jpg
サラダバー
a0202860_09571199.jpg
ワインコーナー
a0202860_09572772.jpg
スープポット
a0202860_09574448.jpg
クラッカーなどのスナック
a0202860_09580721.jpg
ここで軽くランチをいただきます。
a0202860_09582019.jpg

サラダもスープも美味しくて、お代りしちゃいました 101.png

程よくお腹も満たされ、のんびりしているうちに、搭乗時刻になりました。

まずは、パリへ向かいます。

a0202860_11380929.jpg


3 時間弱のフライトだから何も出ないだろうと思っていたら、
食事が出てきました。

a0202860_10024185.jpg

◆海老とパイナップルのグリル焼き
◆生ハム (ブレサオラ) とズッキーニーのミニバーガー
◆ヘーゼルナッツカスタードケーキ
◆パンナコッタ

a0202860_10030011.jpg
私はオレンジジュースで、夫は赤ワイン169.png

ミニバーガーは美味しかった~ 101.png

食べて一休みしてる間に、パリ=シャルル・ド・ゴール空港に到着しました。

a0202860_11385403.jpg


ここで羽田行きの便に乗り換えるのですが、待ち時間が約 4 時間半!

その気になれば、パリ市内へ繰り出すことも可能なんだろうけど
今のパリの状況 (テロ事件発生) などを考えて、ここはおとなしく空港内で過ごすことにします (^。^;)

搭乗チェックインのときにもらったクーポンでマカロン 3 個がもらえる、
というので、マカロンのお店へ。

a0202860_10114631.jpg
たくさんの種類のマカロンたちがお行儀よく並んでいます。

美しくて見とれてしまいますね~177.png
a0202860_10173959.jpg
ピスタチオ、チョコレート、カシスの 3 種類をいただきました。

美味しかったけど、かなり甘かった...105.png

空港内にはいろんなショップがあるけど
買い物をすることもないので、ラウンジで時間を潰すことにします。

ラウンジ内はすでにたくさんの人で埋まっていて、
空いてる席を見つけるのに一苦労...116.png

ようやく 2 人分の席を確保したので、飲み物をいただくことにします。

フードコーナーに行ったところ、飲み物よりも食べ物の方が充実している感じ...。


サラダコーナー
a0202860_10213927.jpg

オードブル系
a0202860_10215164.jpg
デザート類もいろいろとあります。
a0202860_10293582.jpg
お腹は全然空いてなかったので、何も食べる気はなかったけど
せっかくなので、チーズケーキだけでも食べてみることに...(^。^;)

そしたらね、このチーズケーキのナント美味なこと~!

お代りしたかったけど、さすがにもう入りません。

搭乗したらすぐに食事が出てくるでしょうし、ね。

でもね、これ↓を見たときは、ウウウっ、ど、どーしよう、食べたいかも...
って悩みました!

a0202860_10310532.jpg
まさか、こんなところでカップヌードルたちと出会うなんて~ 103.png

ずっと北欧料理ばかりだったこの一週間

ラーメンが食べたい! という思いが日に日に募ってきた私としては
今すぐにでも手を出したい...。

でもね、思いとどまりました。

お腹いっぱいだし、もうすぐ日本に帰るんだし、
そしたら本場の美味しいラーメンがフツーに食べられるわけだし...と
自分を強力に説得させたわけです...105.png

そんなこんなで過ごした 4 時間半。

ようやく搭乗することが出来ました。

帰りの便でいただいたアメニティポーチは白を基調としています。

a0202860_10512443.jpg
これもフランスらしい色使いで、おしゃれですね~。

離陸して、しばらくすると機内食がサーブされました。

まずは、おつまみのミックスナッツ

そしてオードブルプレート

◆海老のトンナートクリーム
◆セロリとりんごのレムラードソース
◆チーズ (プティシェブール、カンタル AOP)
◆グリーンサラダ
◆そして、なぜか味噌スープ


a0202860_10544556.jpg

トンナートは、ツナのことって知ってましたが、
レムラードソースとはなんぞや?

と、調べたところ、
フランス料理に使われるマヨネーズから派生したフランス料理に使われるソースとのこと。
マヨネーズにマスタード、ピクルス、ケイパー、ハーブなどを加えて作るんだそうです。

それってタルタルソースみたいな感じ?

よくわかりませんが、どれも美味しくいただきました。

メインは牛肉のかき揚げ カレーソース

a0202860_10551466.jpg

これはね、一口食べただけで強制終了させていただきました。140.png

牛肉がゴムのように固くて、噛み切れないし
期待していたカレーソースも、味が薄くて水のようでした。

残念~!

お皿を取りに来たフランス人の CA さんが
手付かずの私のお皿を見て、苦虫を潰したような顔をしたのが
印象的でした。

正直ですね、フランス人...(^。^;)

デザートは 4 種類です。

◆アプリコットとピスタチオのフィナンシェ
◆森のフルーツのコンポート
◆カレマンディアン (ナッツのチョコレートケーキ)
◆バニラアイスクリーム

a0202860_11044753.jpg

う~ん、これも、ほぼ残念な食感と風味で
いずれも完食ならず...135.png

エールフランス、どーした!って感じです...153.png

そして、羽田到着前に出された朝食はこちらです。

a0202860_11051727.jpg

◆ブリオッシュのフレンチトースト (ベシャメルソース)
◆キノコのソテー
◆トマト
◆フルーツの盛り合わせ
◆クロワッサン
◆オレンジジュース
◆コーヒー

クロワッサンは美味しかったです!
そこはハズす訳にはいかないよね、エールフランスさん 101.png

美味しいクロワッサンで締めることが出来てよかった~169.png

北欧旅行記、これにて完了です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

明日からはいつもの料理ブログに戻ります~169.png

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]
オスロ最終日 101.png

朝食後に向かったのは、国立オペラ&バレエ劇場
通称、オスロ オペラハウスです。

オスロ中央駅から徒歩 5 ~ 6 分ぐらいの距離にあります。

a0202860_10103019.jpg


海に浮かぶように建っているその建物は、氷山のようなデザインで、
屋根の上を歩くことができます。

a0202860_10081784.jpg


このオペラハウスを設計したのは、ノルウェーの建築家集団「スノーヘッタ(SNOHETTA)」です。

ニューヨークのグランドゼロの設計でも有名な設計事務所です。

↓ は、スノーヘッタの会社ロゴですが、このオペラハウスに似ていますね。

a0202860_09184328.png




a0202860_10130061.jpg

氷山のようなオペラハウスですが、正面から見ると、まったく違う表情になります。
a0202860_10154342.jpg

屋根の方へと登ってみます。

a0202860_10172057.jpg

床一面には大理石が敷かれているのですが、黄色く変色しています。
これはちょっともったいない使い方かも...120.png

a0202860_10482141.jpg

建物の壁には点字のような突起が...
a0202860_10493025.jpg

どういうパターンなんだろう...???
a0202860_10501970.jpg

屋根の上からの眺め

a0202860_10514414.jpg

これは海上のオブジェ?
a0202860_10522571.jpg

てすりに一羽のかもめがいます。

このあたりには、たくさんのカモメたちが飛び交っていますが、
この子だけ、ずーっとここに佇んで、キーキーとひときわ大きな鳴き声をかき上げているので
と~っても目立つカモメです。

a0202860_10532402.jpg


観光客たちがカメラを向けても、びくともしない。
むしろ、観光客たちをナメてるような雰囲気もあり、威風堂々としています。

カモメのボス?

愛嬌があって、とぼけたヤツでした...106.png


屋根から下へ降りていきます。
a0202860_10573355.jpg

結構な急勾配...

雨が降ったりすると、滑って転びそう...105.png
降りてきました。

側面はこんな感じです。

a0202860_11010507.jpg


a0202860_08210832.jpg

カフェが併設されているようです。
ここでのお茶は気持ちよさそう。
a0202860_08213678.jpg




まだ開館前だったので、中には入れず...。

エントランスのドアガラスから、のぞいてみます。

a0202860_11022387.jpg

ここも自然光をたくさん取り入れたデザインのようですね~。

開館時間になるのを待って、中に入ってみました。

天井が高くて一面ガラス張りだから、とっても明るくて開放感にあふれています。


a0202860_08410576.jpg

ずっと見てても飽きない壁
a0202860_08514816.jpg


スタンドテーブルもスッキリシンプルでオシャレなデザインです。

a0202860_08464718.jpg



モダンで無機質な感じの外部と違って、内部は木材がたくさん使用されてて、
ナチュラルな雰囲気になっています。

a0202860_08235390.jpg


a0202860_09015899.jpg


バレエのコスチュームも展示されています。

a0202860_09012680.jpg


支柱のデザインもオシャレ
a0202860_09021176.jpg


曲線が柔らかな雰囲気を醸し出してて、いい感じ169.png

a0202860_08284121.jpg

階段手すりのデザインも、素朴だけどモダンな感じ
a0202860_08372972.jpg

ナチュラルとモダンの融合バランスが見事な空間です。

a0202860_08374630.jpg

間接照明も柔らかくて、癒し効果バッチリ!177.png

a0202860_08525028.jpg


a0202860_08550119.jpg


どっしりとした造りなのに威圧感や圧迫感がないのは、木材の色が明るいからでしょうか。

a0202860_08543335.jpg


a0202860_08573357.jpg

ショップはこじんまりとしています。

a0202860_08584261.jpg

レストランもあります。
a0202860_08585516.jpg

光を浴びながらの食事は気持ちがいいでしょうね~174.png

a0202860_09000605.jpg


たっぷりと堪能しました~。

a0202860_09074714.jpg

そろそろ空港へ向かう時刻になってきました。

日本へ帰ります!

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ


[PR]
今回の北欧旅行最後のディナーは、
アーケルブリッゲ地区にあるレストランを予約しています。

ということで、再びアーケルブリッゲへ。

a0202860_08541375.jpg


午後の7時を過ぎているのに、まだまだ昼間のような明るさ。

広い空がとても気持ちが良いけど、風が冷たくて寒いです... 140.png

Google マップでお店の場所をチェックしながら歩き進めて
あ、このお店だね、ということで↓ のお店へ。

a0202860_08290090.jpg
ユニークなデザインのお店で、期待感が溢れます~。
a0202860_08320082.jpg
a0202860_08325835.jpg

でも、店名を見たら全然違ってた...(^^;)

ありゃ、場所的にはこの辺のはずなんだけどなぁ...。

再びお店の場所をチェックしながら、ウロチョロと歩き回っていたらですね...
ジェイミーオリバーのお店があったのですよ~!

a0202860_08362274.jpg
ええ~、オスロにジェイミーのレストランがあるなんて知らなかったよ~!

a0202860_08504172.jpg

ひぇ~、リサーチ不足だった...143.png

a0202860_08363437.jpg
雰囲気もカジュアルで良さげ~169.png

a0202860_08521832.jpg

うーっ!入りたい~!144.png

でも、今日のお店はもう予約しているからムリだ...と
1人でオタオタしながら葛藤していると、夫が

「じゃ、食事が終わったら、ここでお茶でもしようよ」と提案してくれました。

おお、それはグッドアイデア~♪

ということで、一件落着...106.png

ま、ね、私が、どーでもいいレベルで悩んでいるときに、
夫が冷静に解決策を出してくれる、というのはいつものことだけど...(^^;)

気を取り直して、今日のディナーのお店探しを再開します...。

それにしても、ですが、
海岸沿いにはたくさんのレストラン、バー、カフェが立ち並んでいて
一体どの店が、予約した店なのか、なかなか見つけにくい...117.png

a0202860_08545658.jpg


そうやって、ようやく、探し当てました!

ちょっとした路地に入ったところだったので、こりゃ、やっぱりわかりにくかったわなぁ....と
ひとりごちてみる...115.png

ここです↓
Rorbua Aker Brygge

a0202860_09123022.jpg


スカンジナビア料理のお店です。

せっかくノルウェーに来たのだから、ここでしか食べられない料理を...ということで
このお店を予約していたのです。

入り口には何人かの先客が並んでいましたが、
予約してないとダメ!と断られていました...138.png

ええ、そうなんだぁ~、そんなに人気があるのか、ここ。
予約しておいてよかった... (^^;)

名前を告げると、すぐにテーブルに案内されました。

a0202860_09180591.jpg
窓側の広いテーブルで、良い感じ♪

夫は伝統的なノルウェー料理を、私はノーマルにサーモンをいただくことにします。

こちらが夫が頼んだノルウェープレート

a0202860_09225156.jpg

クジラ、鱒、赤魚、アザラシ、鹿肉、ベーコン、サーモンなどの盛り合わせです。

そして白ワイン
a0202860_09275564.jpg
ノルウェーサーモンステーキ
a0202860_09283707.jpg

サーモンはプリプリのホロホロで、さすがノルウェー産!
美味しかったです。

でも、コストコのサーモンとさほど変わらないかなぁ。
(コストコサーモンも美味しいです!)

夫のノルウェープレートも、どれも大変美味しかったそうです。

アザラシも鹿肉も初めて口にしたけど、ワインに良く合ってとっても満足!
とのことでした。

私も、ほんのちょっとだけ食べてみたけど...ね、う~ん...って感じでした 105.png

デザートのチーズケーキは、ひどく甘くて完食ならず...!

a0202860_09345856.jpg

最後のディナーが終了しました。

ノルウェーらしいディナーで締めることが出来てよかった~101.png

結局、このお店でお腹いっぱいになったので、ジェイミーオリバーのお店へは行きませんでした...106.png

いよいよ明日は、最終日。

国立オペラ & バレエ劇場を見学して、日本へ帰ります!

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]
国立美術館を出て次に向かったのは、アーケシュフース城 (Akershus Festning) です。

城内案内図 ↓

a0202860_08481274.jpg

このお城は「アナと雪の女王」のアレンデール城のモデルとなった、というので
アナ雪ファンとしては、とても楽しみです!

中は公園のように広々としていて、
芝が広がる敷地内のあちこちに、低い建物がポツンポツンと建っている感じです。

a0202860_09103885.jpg


a0202860_08551840.jpg

丘を登ったところにカフェがありました。
そこから眺めるオスロフィヨルドが美しい~。

a0202860_08560036.jpg
どの建物が「本丸」なのかわからないけど、こんな感じのお城です。
a0202860_08564686.jpg

a0202860_09011981.jpg
a0202860_09013777.jpg
本物の大砲?
ほほぉ~ 146.png
a0202860_09034563.jpg
a0202860_09045933.jpg

ここで結婚式を挙げているカップルがいました162.png

この 2 人の周りには多くの観光客が集まって、みんなカメラパシャパシャと撮影していました。

2人とも、まるでモデルのように終始笑顔で、ときどきポーズを変えたりもして
撮影に快く応じていました。

幸せオーラ全開!
a0202860_09120145.jpg

a0202860_09134433.jpg

a0202860_09141232.jpg

城外への架け橋を渡って、お城散策終了~!
a0202860_09140116.jpg

どこがどうアレンデール城のモデルになったのかは、
正直良くわからなかったけど、広くて美しいお城だということはわかりました。

オスロフィヨルドを臨む海辺のお城、という点がアレンデール城と同じですかね?

そろそろ夕食タイムです。 169.png

今回の北欧の旅、最後のディナー、楽しみたいと思います! 101.png


次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]
オスロに戻ってきました!

国立美術館です。

a0202860_09402152.jpg

建物の入り口はたくさんの人で溢れており、大混雑状態...153.png

あたふたとしちゃったため、建物の写真を撮り忘れてしまいました...。
なので、↑の建物写真はネットからの借り物です。

ここでも荷物をロッカーに預けてから入場 (オスロパスでそのまま入れました)。

展示場は左右に広がる幾つもの部屋に分かれていて、
ほとんど迷路状態です。

私たちが展示場に入って、さてどっちから行こうか...とキョロキョロしていると
係りの女性スタッフが「叫びはこっちから行くと近いわよ」と、教えてくれました。

ナイス! ありがとう~♪

ここにはムンクだけでなく、ゴーギャンやゴッホ、ピカソ、マティスなどの作品も展示されています。

これは、ムンクの「マドンナ」

a0202860_09344128.jpg

本やテレビなどではよく見る絵画ですが、
間近で見ると、やはり迫力がありました。

この絵画そのものが生きているようで、深い息吹が感じられました。
不思議ね~ (^^;)

そして、そして、一段と人だかりが激しいスポットが見えてきましたよ...146.png

「叫び」です。

ついに現れました、「叫び」!

しかし、あまりにもたくさんの人がこの絵の前に群がっていて、
しかもなかなか移動しないので、きちんと見るまでにかなりの時間を要しました...ゼイゼイ...(^^;)


a0202860_09351762.jpg

うわぁ~、何だろう、この絵...。

奇妙に歪みまくった空と海
決して明るい気持ちにはさせてくれない色使い

見ているとホントに不安が呼び起こされていくような感覚になっていきます。

世界的に超有名なこの絵画

子供の頃から、本などで幾度も目にしてきたけど、
実物からは、静かだけど深くて濃い「恐怖」がじわじわと伝わってくるようでした。

解説によると、オスロ・フィヨルドの厳しい寒さに恐れおののいている、とのことですが
それだけじゃないような気もします。

やっぱり、タダモノじゃないんだね、この絵...146.png

ムンクという巨匠画家のパワーを認識できた、良い体験でした。

これは、ホテルのロビーに飾ってあったムンクの自画像
a0202860_10104644.jpg



次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]