<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨年の年末に、我が家に届いた三ヶ日みかん一箱。

美味しいみかんがたくさんで、そりゃぁもう食べまくりました。

でも、流石に夫婦二人でこれを全部食べ切るには多すぎました...。

子供たちがいた頃には、ものの数日でクリアできていたみかんたち。

周りの方々にもおすそ分けもしましたが、完全には消費できず、
10個ばかりがずっとで我が家のキッチンにすわり続けていました。

日持ちはするよ、と言われていたけど、さすがにもう味もちょっと落ち目...139.png

このまま食べるのは、もう厳しいな....

ということで、ジャムにしました~!

a0202860_09005891.jpg

みかんジャムなのに、蓋がストロベリーかい!?
...って言うツッコミはとりあえずスルーで...(^。^;)

みかんジャム、実は初めて作ってみたのですが、予想以上に美味しくて
これなら毎年作ろうかなぁ~、とモチベーションアップしました!o(^-^)o

作り方は簡単だけど、ちょっとひと手間かけましたよ。

こちらが置いてけぼりを食らったみかんたちです。

a0202860_09070131.jpg




まず、みかんの皮と中の白い筋を取りやすくするために、湯煎にかけます。

1分ほど湯煎にかけたら、すぐに冷水に放ちます。

a0202860_09093584.jpg

皮を剥きます。



a0202860_09103336.jpg
普段より白い筋がスルスルっと取れるけど、まだ残っています。
でも、いいんです、残ってても...。
細かいことはナシね~、だって、おうち料理だからね~。101.png

これを横半分に切ります。

a0202860_09132256.jpg
わぁ~、なんかお花畑みたいでキレイですね~179.png179.png179.png

もう、このままフィニッシュ!してもいいような雰囲気~ 169.png

気を取り直して、作業を続けます...(^。^;)

これをミキサーでグワァ~っと撹拌します。

a0202860_09153103.jpg

お鍋に移して、しばらく弱火でコトコトと煮込みます。

うっすらと浮かんでくるアクを取ります。

a0202860_09161638.jpg


20~30分ぐらい煮込むと、分量が減ってこんな感じになりました。

a0202860_09173475.jpg

これを再度、ミキサーで撹拌してお鍋に戻して、砂糖とレモン汁を加えます。

a0202860_09194894.jpg

これを弱火でコトコトと煮詰めていくと、程よいとろみが出てきます。

a0202860_09203890.jpg

自分好みのとろみになったら、火を止めて冷ましてから
煮沸消毒した保存容器に詰めます。

a0202860_09234802.jpg

クラッカーに乗せて食べてみました。

a0202860_09244878.jpg

ひゃぁ~、お、美味しい~169.png110.png111.png

みかんの甘みが加熱されたことで、やさしくてマイルドな甘味に生まれ変わったようです177.png173.png

こりゃ、イケるね~(笑)

a0202860_09254826.jpg

クリームチーズとの相性もグーでした!165.png109.png

ヨーグルトと一緒に食べても美味しいですよ♪

今回使った材料は、↓ です。

◆みかん 10個
◆グラニュー糖 250g
◆レモン汁 1 個分


私はジャムの中では、ブルーベリーやいちじくジャムが好きなのですが
みかんジャム、いきなりトップに躍り出てきましたよ~(笑)

みかんの楽しみ方がまた増えました!

皆さんも、ぜひお試しを~♪

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
コリン・ファース主演の映画『シングルマン』について書こうと思いますが
その前に...

現在公開中の『キングスマン ゴールデンサークル』を観ました169.png

a0202860_21534685.jpg


シリーズ 1 の『キングスマン』もハチャメチャに面白かったけど
キングスマン 2 も思いっきり楽しいです。106.png

あ、でも、ぶっ飛び具合では、1 の方が勝っていたかなぁ。

だって頭から花火がパンパンパン~177.png177.png177.png でしたもんね~。

でも、2 の方も冒頭からリズミカルなアクションが満載で、
痛快活劇モード全開沸騰中~!で、
まったく飽きることなく映像に釘付けでした。101.png

コリン・ファース、なんであんなにかっこいいのでしょうね~。

昔からずっと気になっていた俳優ですが、
以前は何となくチリチリ頭で、どこかに緒形拳が入っている英国マン、という見方をしてましたが
「ラブ・アクチュアリー」あたりから、地味だけど心がこそばゆくなるような感じになってきました(笑)

そして、今はまさにキングスマンからのコリン・ファース祭りが
私の中で開催中なわけなのです~162.png177.png102.png

コリン・ファースの映画には珠玉作品がたくさんあるのですが
(悲しいことに、なんでこんなのに出たの...119.png122.png というような作品もあります)
中でも私が大好きなのは、 『シングルマン』です。

a0202860_21522786.jpg

言わずもがな、トム・フォードの初監督作品です。



愛するパートナー (男性) を突然失った男性 (大学教授) の一日を丁寧に
情感豊かに描いています。

a0202860_22001936.jpg


もうね、コリン・ファースが文句なしにいいのですよ!102.png172.png

人生に絶望して、自らその幕を閉じようとする心情を
表情 (特に目の表情) や背中や歩き方など、仕草一つ一つで表現しています。

その表現がまたとても丁寧で繊細なので、観る側にその心情がじわじわと来るわけです。

映画のストーリに入り込む前に、まず彼の演技に魅了されてしまいます。

大切な人がいなくなった人生に意味はあるのか?

生きる屍のような彼に関わってくる元カノがジュリアン・ムーア。

a0202860_22032503.jpg

今から死に向かって行こうと考えている教授 (コリン) とは対照的に描かれています。

a0202860_22261424.jpg

そして、絶望100% のコリンに光を与えるために送られてきたのかも?
と思わせてくれるのが、学生役のニコラス・ホルトです。

a0202860_22051577.jpg


ニコラス君177.png

「アバウト・ア・ボーイ」のあの子がこんなに大きく美しく
成長したのかぁ...と、これまた、映画のストーリーそっちのけで
近所のおばちゃん感覚で、彼を見つめてしまいます。

子役時代のニコラス君

a0202860_14092821.jpg

この映画はストーリーや俳優陣も魅力的ですが、何と言っても特徴的なのは
全編通して、オシャレである、ということです。

コリン教授が住む家も、フランク・ロイド・ライトの作品を
思い出させるし、

a0202860_22082871.jpg

「ネクタイはウィンザーノットで」などと遺書に書いたり
コリンが身につけるスーツも靴も、とってもおしゃれです。

トム・フォードだからね、当たり前っちゃァ当たり前かもしれません...177.png


トム・フォード監督の美学があちこちに散りばめられています。

舞台が60年代だからか、学生たちのファッションもどこかノスタルジックです。

a0202860_22110944.jpg
この女子大生なんかは、あの B.B (ブリジット・バルドー) を彷彿とさせます173.png179.png

BB の他にもクラウディア・シファーも入っているような気もしますが...
(クラウディアは60年代じゃないけど...(^。^;))))

ストーリー以外の部分でも楽しめる要素がアチコチに散りばめられているのも
この映画の魅力になっています。

最後のオチは、何かあっけなかったけど
観終わった後、静かな心地よさがあります。

でも...

大切な人がいなくなった人生に意味はあるのか?

この問いかけは、鑑賞後もかなり重くのしかかってきました。

いわゆる LGBT 系の映画でもあるので
好き嫌いがはっきりと分かれるかもしれません。

でも観る価値は充分にありますよ~101.png

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ


スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
時代劇はさほど積極的には観ないのですが
この映画は 2004年の公開当時、かなり話題になり、ずっと気になっていました。

でもなかなか見る機会がなくて、10年以上も時を経て、ようやく観ることが出来ました。

a0202860_09522641.jpg



東北 (たぶん山形?) にある弱小藩の下級武士、片桐 (永瀬正敏) を主人公として、
彼を取り巻く人々との人生を描いています。

地味で朴訥ながらも自分なりの哲学と価値観をしっかりと持っていて、
それを決して崩すことのない片桐の生き方は、清廉で切ないほどに美しい。

だけど、それゆえに彼の生き方は苦しいものにもなるのですね...。
だって、この世は「汚れ」や「不条理」に満ちているから。

女中のきえ (松たか子) に対する彼の気持ちや行動にも胸を打たれます。

a0202860_10383954.png


かつて自分の家に奉公していたきえが、嫁ぎ先の家でひどい仕打ちを受けていることを知った片桐は
きえを助けようと行動します。

a0202860_10414965.jpg


武士としての世間体、見栄などに惑わされることはなく、ましてやひとかけらの躊躇を抱くこともなく
ただひたすら「きえを助けたい」という純粋な思いだけが彼を突き動かしています。

身分や階級、相手の肩書などではなく、「人」として心を通い合わせようとする彼の信念は潔くて尊いです。

それは、自分の妹 (田畑智子)、かつては同じ師に剣の指南を仰ぎ、共に学んだ仲間である狭間 (小澤征悦)、そしてその妻 (高島礼子) に対しても同じです。

a0202860_10353622.jpeg


人としてどう行動するのが「正しい」のか、いろんな意味で考えさせられます。

映画の最後の展開で、「隠し剣 鬼の爪」の正体がわかったときには、
思わず「ひゃぁ~~」と叫んでしまいました(笑)105.png


松たか子が控えめで素朴な女中を好演しています。
彼女は台詞回しが本当に上手い女優さんですね。

a0202860_10344282.jpg


そして、緒形拳。

悪どい家老を演じていますが、本当に憎たらしいです(笑)
素晴らしい俳優だったなぁ...と改めて思いました。

a0202860_10361049.jpg



シリアスな内容なのに、ところどころコメディチックな演出が施されているのは、
山田洋次 監督・脚本のなせる技でしょうか。

a0202860_10421220.jpg


いやぁ~、いい映画を観たなぁ~101.png という思いです。

期待を裏切ることのない良い映画でした。

原作は藤沢周平の「隠し剣」シリーズで、短編だし、
こちらも読んでみようと思います。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ


[PR]
遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

いつもこのブログに来てくださってありがとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いします。101.png179.png

年末年始は夫の実家 (静岡) に行っていたことや、
なんだ~かんだ~でバタバタしていたため、ブログ更新がなかなかできず...105.png

そうこうしているうちに、7日の朝を迎えてしまいました。

7 日の朝はお約束の「七草粥」ですね。

ということで、今朝は夫と二人、静かに七草粥をいただきました。

a0202860_12241433.jpg


言わずもがなの七草、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロを
おかゆといっしょにいただきました。

a0202860_12244028.jpg

無病息災を願う、と意味もあるのでしょうが、
我が家では、年末年始のごちそう続きで疲れた胃を休めるという意味で
毎年、1月7日に七草粥をいただいています。

胃を休める食事なので、原則、精進料理です。

七草粥と一緒にいただくのは...

  • お豆腐とわかめのお味噌汁
  • 玉子焼き
  • 昆布の佃煮
  • トマト
  • ヨーグルト (手作りジャム添え)
  • りんご

といたってシンプル献立ですよ101.png

七草粥をいただきながら、キッチンでは小豆をコトコトと煮込んでいます。

これも毎年恒例のおぜんざいを作っているところです。

小豆を煮込む甘くて優しい香り、いいですよね~。

あ~、日本人でよかった~! 101.png169.png

皆様にとって 2018 年が素晴らしい一年となりますように162.png177.png

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ




[PR]