オスロ最終日 101.png

朝食後に向かったのは、国立オペラ&バレエ劇場
通称、オスロ オペラハウスです。

オスロ中央駅から徒歩 5 ~ 6 分ぐらいの距離にあります。

a0202860_10103019.jpg


海に浮かぶように建っているその建物は、氷山のようなデザインで、
屋根の上を歩くことができます。

a0202860_10081784.jpg


このオペラハウスを設計したのは、ノルウェーの建築家集団「スノーヘッタ(SNOHETTA)」です。

ニューヨークのグランドゼロの設計でも有名な設計事務所です。

↓ は、スノーヘッタの会社ロゴですが、このオペラハウスに似ていますね。

a0202860_09184328.png




a0202860_10130061.jpg

氷山のようなオペラハウスですが、正面から見ると、まったく違う表情になります。
a0202860_10154342.jpg

屋根の方へと登ってみます。

a0202860_10172057.jpg

床一面には大理石が敷かれているのですが、黄色く変色しています。
これはちょっともったいない使い方かも...120.png

a0202860_10482141.jpg

建物の壁には点字のような突起が...
a0202860_10493025.jpg

どういうパターンなんだろう...???
a0202860_10501970.jpg

屋根の上からの眺め

a0202860_10514414.jpg

これは海上のオブジェ?
a0202860_10522571.jpg

てすりに一羽のかもめがいます。

このあたりには、たくさんのカモメたちが飛び交っていますが、
この子だけ、ずーっとここに佇んで、キーキーとひときわ大きな鳴き声をかき上げているので
と~っても目立つカモメです。

a0202860_10532402.jpg


観光客たちがカメラを向けても、びくともしない。
むしろ、観光客たちをナメてるような雰囲気もあり、威風堂々としています。

カモメのボス?

愛嬌があって、とぼけたヤツでした...106.png


屋根から下へ降りていきます。
a0202860_10573355.jpg

結構な急勾配...

雨が降ったりすると、滑って転びそう...105.png
降りてきました。

側面はこんな感じです。

a0202860_11010507.jpg


a0202860_08210832.jpg

カフェが併設されているようです。
ここでのお茶は気持ちよさそう。
a0202860_08213678.jpg




まだ開館前だったので、中には入れず...。

エントランスのドアガラスから、のぞいてみます。

a0202860_11022387.jpg

ここも自然光をたくさん取り入れたデザインのようですね~。

開館時間になるのを待って、中に入ってみました。

天井が高くて一面ガラス張りだから、とっても明るくて開放感にあふれています。


a0202860_08410576.jpg

ずっと見てても飽きない壁
a0202860_08514816.jpg


スタンドテーブルもスッキリシンプルでオシャレなデザインです。

a0202860_08464718.jpg



モダンで無機質な感じの外部と違って、内部は木材がたくさん使用されてて、
ナチュラルな雰囲気になっています。

a0202860_08235390.jpg


a0202860_09015899.jpg


バレエのコスチュームも展示されています。

a0202860_09012680.jpg


支柱のデザインもオシャレ
a0202860_09021176.jpg


曲線が柔らかな雰囲気を醸し出してて、いい感じ169.png

a0202860_08284121.jpg

階段手すりのデザインも、素朴だけどモダンな感じ
a0202860_08372972.jpg

ナチュラルとモダンの融合バランスが見事な空間です。

a0202860_08374630.jpg

間接照明も柔らかくて、癒し効果バッチリ!177.png

a0202860_08525028.jpg


a0202860_08550119.jpg


どっしりとした造りなのに威圧感や圧迫感がないのは、木材の色が明るいからでしょうか。

a0202860_08543335.jpg


a0202860_08573357.jpg

ショップはこじんまりとしています。

a0202860_08584261.jpg

レストランもあります。
a0202860_08585516.jpg

光を浴びながらの食事は気持ちがいいでしょうね~174.png

a0202860_09000605.jpg


たっぷりと堪能しました~。

a0202860_09074714.jpg

そろそろ空港へ向かう時刻になってきました。

日本へ帰ります!

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ


[PR]
# by keiko-cako | 2017-10-11 09:09 | 旅行 | Trackback
今回の北欧旅行最後のディナーは、
アーケルブリッゲ地区にあるレストランを予約しています。

ということで、再びアーケルブリッゲへ。

a0202860_08541375.jpg


午後の7時を過ぎているのに、まだまだ昼間のような明るさ。

広い空がとても気持ちが良いけど、風が冷たくて寒いです... 140.png

Google マップでお店の場所をチェックしながら歩き進めて
あ、このお店だね、ということで↓ のお店へ。

a0202860_08290090.jpg
ユニークなデザインのお店で、期待感が溢れます~。
a0202860_08320082.jpg
a0202860_08325835.jpg

でも、店名を見たら全然違ってた...(^^;)

ありゃ、場所的にはこの辺のはずなんだけどなぁ...。

再びお店の場所をチェックしながら、ウロチョロと歩き回っていたらですね...
ジェイミーオリバーのお店があったのですよ~!

a0202860_08362274.jpg
ええ~、オスロにジェイミーのレストランがあるなんて知らなかったよ~!

a0202860_08504172.jpg

ひぇ~、リサーチ不足だった...143.png

a0202860_08363437.jpg
雰囲気もカジュアルで良さげ~169.png

a0202860_08521832.jpg

うーっ!入りたい~!144.png

でも、今日のお店はもう予約しているからムリだ...と
1人でオタオタしながら葛藤していると、夫が

「じゃ、食事が終わったら、ここでお茶でもしようよ」と提案してくれました。

おお、それはグッドアイデア~♪

ということで、一件落着...106.png

ま、ね、私が、どーでもいいレベルで悩んでいるときに、
夫が冷静に解決策を出してくれる、というのはいつものことだけど...(^^;)

気を取り直して、今日のディナーのお店探しを再開します...。

それにしても、ですが、
海岸沿いにはたくさんのレストラン、バー、カフェが立ち並んでいて
一体どの店が、予約した店なのか、なかなか見つけにくい...117.png

a0202860_08545658.jpg


そうやって、ようやく、探し当てました!

ちょっとした路地に入ったところだったので、こりゃ、やっぱりわかりにくかったわなぁ....と
ひとりごちてみる...115.png

ここです↓
Rorbua Aker Brygge

a0202860_09123022.jpg


スカンジナビア料理のお店です。

せっかくノルウェーに来たのだから、ここでしか食べられない料理を...ということで
このお店を予約していたのです。

入り口には何人かの先客が並んでいましたが、
予約してないとダメ!と断られていました...138.png

ええ、そうなんだぁ~、そんなに人気があるのか、ここ。
予約しておいてよかった... (^^;)

名前を告げると、すぐにテーブルに案内されました。

a0202860_09180591.jpg
窓側の広いテーブルで、良い感じ♪

夫は伝統的なノルウェー料理を、私はノーマルにサーモンをいただくことにします。

こちらが夫が頼んだノルウェープレート

a0202860_09225156.jpg

クジラ、鱒、赤魚、アザラシ、鹿肉、ベーコン、サーモンなどの盛り合わせです。

そして白ワイン
a0202860_09275564.jpg
ノルウェーサーモンステーキ
a0202860_09283707.jpg

サーモンはプリプリのホロホロで、さすがノルウェー産!
美味しかったです。

でも、コストコのサーモンとさほど変わらないかなぁ。
(コストコサーモンも美味しいです!)

夫のノルウェープレートも、どれも大変美味しかったそうです。

アザラシも鹿肉も初めて口にしたけど、ワインに良く合ってとっても満足!
とのことでした。

私も、ほんのちょっとだけ食べてみたけど...ね、う~ん...って感じでした 105.png

デザートのチーズケーキは、ひどく甘くて完食ならず...!

a0202860_09345856.jpg

最後のディナーが終了しました。

ノルウェーらしいディナーで締めることが出来てよかった~101.png

結局、このお店でお腹いっぱいになったので、ジェイミーオリバーのお店へは行きませんでした...106.png

いよいよ明日は、最終日。

国立オペラ & バレエ劇場を見学して、日本へ帰ります!

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]
# by keiko-cako | 2017-10-06 09:40 | 旅行 | Trackback
国立美術館を出て次に向かったのは、アーケシュフース城 (Akershus Festning) です。

城内案内図 ↓

a0202860_08481274.jpg

このお城は「アナと雪の女王」のアレンデール城のモデルとなった、というので
アナ雪ファンとしては、とても楽しみです!

中は公園のように広々としていて、
芝が広がる敷地内のあちこちに、低い建物がポツンポツンと建っている感じです。

a0202860_09103885.jpg


a0202860_08551840.jpg

丘を登ったところにカフェがありました。
そこから眺めるオスロフィヨルドが美しい~。

a0202860_08560036.jpg
どの建物が「本丸」なのかわからないけど、こんな感じのお城です。
a0202860_08564686.jpg

a0202860_09011981.jpg
a0202860_09013777.jpg
本物の大砲?
ほほぉ~ 146.png
a0202860_09034563.jpg
a0202860_09045933.jpg

ここで結婚式を挙げているカップルがいました162.png

この 2 人の周りには多くの観光客が集まって、みんなカメラパシャパシャと撮影していました。

2人とも、まるでモデルのように終始笑顔で、ときどきポーズを変えたりもして
撮影に快く応じていました。

幸せオーラ全開!
a0202860_09120145.jpg

a0202860_09134433.jpg

a0202860_09141232.jpg

城外への架け橋を渡って、お城散策終了~!
a0202860_09140116.jpg

どこがどうアレンデール城のモデルになったのかは、
正直良くわからなかったけど、広くて美しいお城だということはわかりました。

オスロフィヨルドを臨む海辺のお城、という点がアレンデール城と同じですかね?

そろそろ夕食タイムです。 169.png

今回の北欧の旅、最後のディナー、楽しみたいと思います! 101.png


次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]
# by keiko-cako | 2017-10-05 09:42 | 旅行 | Trackback
オスロに戻ってきました!

国立美術館です。

a0202860_09402152.jpg

建物の入り口はたくさんの人で溢れており、大混雑状態...153.png

あたふたとしちゃったため、建物の写真を撮り忘れてしまいました...。
なので、↑の建物写真はネットからの借り物です。

ここでも荷物をロッカーに預けてから入場 (オスロパスでそのまま入れました)。

展示場は左右に広がる幾つもの部屋に分かれていて、
ほとんど迷路状態です。

私たちが展示場に入って、さてどっちから行こうか...とキョロキョロしていると
係りの女性スタッフが「叫びはこっちから行くと近いわよ」と、教えてくれました。

ナイス! ありがとう~♪

ここにはムンクだけでなく、ゴーギャンやゴッホ、ピカソ、マティスなどの作品も展示されています。

これは、ムンクの「マドンナ」

a0202860_09344128.jpg

本やテレビなどではよく見る絵画ですが、
間近で見ると、やはり迫力がありました。

この絵画そのものが生きているようで、深い息吹が感じられました。
不思議ね~ (^^;)

そして、そして、一段と人だかりが激しいスポットが見えてきましたよ...146.png

「叫び」です。

ついに現れました、「叫び」!

しかし、あまりにもたくさんの人がこの絵の前に群がっていて、
しかもなかなか移動しないので、きちんと見るまでにかなりの時間を要しました...ゼイゼイ...(^^;)


a0202860_09351762.jpg

うわぁ~、何だろう、この絵...。

奇妙に歪みまくった空と海
決して明るい気持ちにはさせてくれない色使い

見ているとホントに不安が呼び起こされていくような感覚になっていきます。

世界的に超有名なこの絵画

子供の頃から、本などで幾度も目にしてきたけど、
実物からは、静かだけど深くて濃い「恐怖」がじわじわと伝わってくるようでした。

解説によると、オスロ・フィヨルドの厳しい寒さに恐れおののいている、とのことですが
それだけじゃないような気もします。

やっぱり、タダモノじゃないんだね、この絵...146.png

ムンクという巨匠画家のパワーを認識できた、良い体験でした。

これは、ホテルのロビーに飾ってあったムンクの自画像
a0202860_10104644.jpg



次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]
# by keiko-cako | 2017-10-04 10:22 | 旅行 | Trackback
トイエン駅を降りて、ムンク美術館まで歩きます。

このあたりは、車もあまり走ってなくて、
のどかな住宅街という雰囲気です。

a0202860_09082019.jpg
公園では育児中パパ 3 人とママ 1 人が井戸端会議中。

a0202860_09132796.jpg

育児パパたちのナント多いことか!
平日の昼間でのこういう光景、日本ではほとんど見られないので、とても新鮮です。102.png

見えてきました、ムンク美術館。

a0202860_09153350.jpg

芝生が一面に広がっていて、素晴らしい環境です!

a0202860_08591820.jpg

a0202860_09161358.jpg

入り口

a0202860_08594692.jpg

協賛企業のリストパネルに日本の「出光」があります。
出光さんは、自身の美術館を持っているし、アートへの理解が深い企業ですね。

a0202860_09195698.jpg
オスロパスでそのまま入場できます。

a0202860_09232256.jpg

入ってすぐのところにはショップ

a0202860_09290394.jpg

a0202860_09323375.jpg


ここで、いったん荷物を全部、地下にあるロッカーに預けて、
手ぶら状態 (スマホやカメラ携帯は OK !) で展示場に入ります。

ムンクの自画像

a0202860_09245300.jpg
左の男性が北野武に見える...(^^;)
a0202860_09242884.jpg
版画作品
a0202860_09243753.jpg

版画や絵画など、たくさんのムンク作品が展示されていて
どれも興味深いものばかりでした。

ムンクの作品といえば「叫び」くらいしか知らなかったので
こうして、他の作品たちを見ることが出来たのは、とてもよかった~!

...ん?
でも....あれ?
その「叫び」がどこにもないね...??? (°_°;)

あれー?
一体どこにあるの????

ということで、係りの方に訊ねたところ、
「叫び」はオスロ市内にある国立美術館にある、とのこと!

はぁ~!?
なんでぇ~!
ムンクの代表作なんだからムンク美術館に置くでしょーが、フツーは!

...などと、心の中で叫んでしまいました...(^^;)

しょうがない、じゃ、オスロに戻って国立美術館に行くしかない...。

でも、その前に、念願だったムンクカフェでティータイム~。181.png101.png

ショップの隣りにあるムンクカフェ

a0202860_09430279.jpg

a0202860_09431794.jpg
お天気がいいので、外のテラスも気持ちが良さそう~。

でも、風が冷たいので、中のテーブルを確保!

そして、ムンクカフェと言えば、やはりこれでしょう!

叫びケーキ
a0202860_09434945.jpg
単に叫びチョコを飾っているだけのケーキだろう...ということで
味はほとんど期待してなかったのですが、これがねぇ、予想外に美味しかったのです!

ヘーゼルナッツクリームのチョコレートケーキだけど
甘すぎず、なめらかな食感で、たいへん美味しいケーキでした。

欧米のケーキは、どれも甘すぎたり、くどかったりで、
美味しいものになかなか出会えないけど、これは大正解でした~! 162.png

叫びケーキに幸せをもらったところで、
カフェを後にして、オスロへと戻ります。

a0202860_09502403.jpg


国立美術館で今度こそ「叫び」を見なくちゃ~! (^^)

次回へと続きます...。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]
# by keiko-cako | 2017-10-03 09:53 | 旅行 | Trackback