クリスマスシーズンですね~。177.png169.png

我が家では、昨年同様今年も
夫の会社や仕事関連の方たちが集まって、早目のクリスマスパーティとなりました。

a0202860_16242152.jpg

ワインを中心にビール、日本酒、焼酎など
それなりにお酒は用意していたのですが、
皆さん、漏れることなくワインを持ってきてくださったので
ワインセレモニーのようなオープニングでした。173.png

ちなみに、我が家で用意したのは、
「ボデガ イニエスタ」です!

a0202860_18110523.png
そう、あのイニエスタ選手が手がけているワインたちです。

あまり美味しくないよーとかっていう評判も耳に入ってはきてたけど、
とにかく、日本に来てくれた、J リーグを選んでくれたイニエスタに
「日本に来てくれてありがとう~」という感謝の気持ちを込めて
迷うことなく買っちゃいました。

私なんて、下戸なのにね...

夫は、大喜びでしたわ。

ま、そんな感じでスタート!

まずは、こちら。

a0202860_16271886.jpg

オリーブ、チーズの盛り合わせにブルスケッタを添えてみました。

この組み合わせ、ワイン好きにはベストなのだそうです...165.png

私はオリーブは苦手なんだけど (しょっぱすぎて...135.png ))))
チーズはどれも美味しかった!

あぁ、チーズって美味しいなぁ...って
改めて痛感しました101.png

そして、デビルズエッグも作ってみました。

a0202860_16534209.jpg

上にチリペッパーをふりかけて、
まさにデビルズテイストに仕上げました108.png

テーブルに出した途端、あっという間になくなって
私は 1 個しか食べられませんでした...144.png

でも、皆さんに喜んで食べていただけるのは
嬉しいことです。177.png169.png101.png


トマトとお豆腐のピンチョス (ジェノベーゼソースを添えて)

a0202860_16535450.jpg

クリスマスツリーのお皿に並べてみました。

このお皿、子どもたちが小さかったときに買ったから
ン十年も前のものなんだけど、年に一度しか使わないから
未だに新品っぽい振る舞いをしています 106.png

豚肉のテリーヌ

a0202860_17052256.jpg

私はテーブルとキッチンを行ったり来たりしながら食べているのですが
これも、ちょっとキッチンに行っている間になくなってました。

みんな、飲むのも早いけど食べるのも早い~!153.png

急いで次のおつまみを...105.png

焼きはんぺんにスパイシー味噌を乗せてみました。

a0202860_17083675.jpg

これは牡蠣のソテー
結構カリカリに焼きました。

a0202860_17114644.jpg

我家の定番、レギュラーおかず
タコとベーコンの香味炒め


a0202860_17125065.jpg

これはいつ食べても美味しいです!102.png


ソーセージの盛り合わせ

a0202860_17164028.jpg

5 種類のソーセージを茹でた後、グリルで焼きました。

表面はパリッ、中はジューシーでとっても美味しい~169.png

下にあるのは、赤と黄色のパプリカ、ピーマン、セロリを炒めて
レンズ豆と一緒にレモンで和えたサラダです。

ちょっとクリスマスっぽいカラーにしてみました 177.png

レンズ豆、美味しいなぁ 101.png

スープに入れてもサラダにしても、この食感は楽しいです。169.png102.png

こちらは、パスタのツナサラダです。

a0202860_17242831.jpg

「えー、これは、素麺?」
「いや、素麺とは食感が違うねー」

などと、コメントが飛び交いましたが

これはね、バーミセリという細いスパゲティです。

バーミセリというと、すぐに思い浮かぶのがカッペリーニ。

何が違うんだろう...といつも思うんだけど、
カッペリーニの方が細い気がします。

ちなみに、以前、このカッペリーニを
素麺のように麺つゆにつけて食べたことがあるけど
美味しくなかったよ...145.png143.png

つゆが麺に絡まないし、第一、のどごしが良くない。

素麺はのどごし...という意味が、このときわかったような気がしました。105.png

やっぱり、素麺は素麺、パスタはパスタ、としての
正しい食べ方がそれぞれあるのね...と、いい勉強になりました。

a0202860_17341664.jpg

閑話休題

クリスマス クッキングに戻らなくちゃ...125.png


サーモンとキノコのクリーム煮

a0202860_17344422.jpg

オリーブオイルとバターでカリカリに焼いたサーモンに
しめじ、エリンギ、じゃがいも、玉ねぎで作ったクリームソースをかけました。

鎌倉のレンバイで買ったフレッシュなディルを
ふんだんに散らしてみたのですが、
香りがやっぱり素敵ですね~109.png162.png

ハーブっていつもラブリーな仕事をしてくれて大好き!

そして、本日のメインはこちら~!

どどど~~~ん!!!!

a0202860_17402480.jpg

国産もち豚のスペアリブです!

一本、一本がでかいんです、このスペアリブ。

これね、以前、鎌倉のお肉屋さんで見つけて
以来、ずっと狙ってました(笑)

今回はメンバーが私以外全員が男性ばかりなので
パワフルにドーン、と用意しましたよ。

3.8 Kg です。

買って、家に持って帰るのが大変でした。
重くて... (...って、夫に持ってもらったんだけどね)

まぁ、でも、子どもたちが3歳ぐらいのときまでは
毎日のように抱っこしてたから、そう思ったらどうってことないか...106.png

このスペアリブはね~、大変美味しかったです。

もち豚だからね~、身が引き締まってプリプリ
柔らかくて食べごたえがありました。

皆さん、手づかみでワイルドにかぶりついてました!

イニエスタ ワインは全部飲み干して、いただいたワインもついでに飲み干して、
さらには、以前、ウィーンの友人がお土産でくれたこのお酒も楽しみました。

a0202860_18264420.jpg

かなり度数が強いお酒みたいで、
皆さん、ショットグラスに、ちょびっとだけ注いで
飲んでました。

a0202860_18354045.jpg

かなり強烈だけど、香りがとても芳醇で
フルーティで大変美味しいお酒~♪ と
お気に召されたようで、何杯もお代わりする方もいました。

a0202860_18355467.jpg


お酒の勢いが止まらないまま、デザートタイムへ突入です。

...というか、私がデザート食べたかったのよ...105.png

アールグレイゼリーのバニラアイス添え

a0202860_17484542.jpg

そして、クリスマスだからね、ケーキも用意しました。

a0202860_17491862.jpg

大人のクリスマスなので、チョコレートベースで
デコレーションもシンプルに。


a0202860_17511052.jpg

写真がボケボケですが103.png

中にはさんでいるのは、手作りのみかんジャムです。

この間、たくさんのみかんをいただいたので
今年もみかんジャムを作ったところでした。

チョコレートにみかん!
この組み合わせ、ベストですね~!

って、コメントが出て
ヒャぁ~、作ったかいがあったなぁ~って
大変うれしい気持ちになりました101.png177.png

チョコレートもみかんジャムもまだたっぷりとあるから
また作ってみようかな。

お昼にスタートして、ずぅ~っと
飲んで、食べて、笑って、語って、
途中でビンゴゲームして、プレゼント交換をして
盛り上がってはしゃいで...
と過ごしてきた一日は、あっという間に終わりました。

楽しい、楽しい一日でした。

また来年も集まりましょう~と
言いながらお開きになりました。

来年は何を作ろうかな...101.png

そう考えるだけで、すでにワクワクしています。102.png169.png


読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

[PR]
# by keiko-cako | 2018-12-18 18:05 | ホームパーティ | Trackback | Comments(0)

『グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~』2014年 アメリカ映画

a0202860_09470875.jpg

リース・ウィザースプーン主演ということ以外の予備情報一切なしで観ました。

リース・ウィザースプーンだから楽しそう~と、ライトな気持ちで観始めたのですが、
いやいやいや....観始めてものの数十分で、こりゃ、深いテーマだぞ...と、
観ている途中で思わず姿勢を正してしまいました(笑)

スーダン内戦で難民となり、命がけで生き延びてアメリカに移住してきた若者たちと、
彼らに仕事を斡旋する職業サポートのリース・ウィザースプーンとの交流を描いています。

実話ベースです。

トレイラーはこちら。




前半はスーダンから逃れてケニアを目指して、
1000 キロも歩いて移動する若者たちの話なのですが、
これが実に凄まじいのです。

日本人からはとても想像もできないような現実が、
彼らには日常として起きていることがとても衝撃的でした。

a0202860_09482505.jpeg

粗悪な状況の中で、彼らの目的は「生きる」こと。

生きるには水分が必要、食料が必要。
でも、それさえもアフリカの荒野では手に入れることが困難。

でも彼らはいろんな知恵を絞って、生き延びていきます。

a0202860_10061495.jpg


う~ん...150.png
そ、そこまでやるのか....と、もう言葉が出ない衝撃的なシーンも。140.png

でもね、こんなに恐ろしくひどい目に遭ってきた彼らだけど、
心がとても純粋で清らかです。173.png

アメリカという文明大国にやって来て、見るもの触るものの殆どが初めてのものばかり。

部屋には電気が付いていて、
電話が鳴っても、それが何なのかも知らないし、冷蔵庫も使い方がわからない。


a0202860_10014698.jpg

嘘はいけないこと、と固く信じている彼らは、
アメリカで生活していく中で、いろんな嘘や欺瞞に触れていきます。

そして、この映画のもう一つの見どころは、
リース・ウィザースプーン演じる女性が彼らから受ける影響、変化が後半で活きていて、
それはこの重いテーマである映画の一筋の光にもなっていることです。

タイトルとなっている「グッドライ - 優しい嘘」

それは最後でわかります。

ああ、そうだね、こんなに愛にあふれる嘘もあるんだね...と胸が詰まりました。

ちなみに、出演しているアフリカの少年たちは、実際のスーダン難民だったそうです。

ピザを初めて食べるシーンでの彼らの笑顔は素敵です。

a0202860_09483528.jpg


アメリカの文明社会で過ぎていく日々の中、
彼らが牛に触れたい、という気持ちはとても自然だったんだと思います。

a0202860_10024820.jpg

動物がそばにいて、一緒に生活することは、
彼らにとってごくごく当たり前の日常なのでしょうね。

恥ずかしながら、この映画でスーダン内線のこと、
スーダンの人たちがどんな状況にあったのか、ということを知りました。

こういう映画は小中学校でも上映して、子どもたちにも観てほしいなぁ、
と思います。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

今日の天使からのメッセージはこちら⇩


天使からのメッセージ
[PR]
# by keiko-cako | 2018-12-14 10:28 | 映画・ドラマ・本 | Trackback | Comments(0)

アーモンドタルト

アーモンドタルトを作ってみましたよ。

a0202860_17561034.jpg

なんでこれを作ったか、というと、
先日、カシスジャムを買ったからなのです。

これ ⇩

a0202860_17574179.jpg

青森ってカシスの名産地なんだって...146.png

知らなかった~。

ちょっとお値段もお高めだったので、
20秒間ほど悩んだのですが、カシス、大好きなので買っちゃいました106.png

自然素材だけで作られているせいか、あまり甘くなくて
どっちかって言えば酸味が強いジャムです。

トーストに塗って食べてみた夫は
「う~むむむむ....」という感想でした105.png144.png

それならばお菓子に使ってみようではないか...
ということで、タルトに変身させました。

今回は、コクを出したかったので
小麦粉ではなく、アーモンドパウダーで生地を作りましたよ。

市販のタルトカップにアーモンドパウダーの生地を入れて

a0202860_18044080.jpg

カシスジャムを乗せます。
a0202860_18052361.jpg


カシスの他に、ブルーベリージャムも使ったので
2 種類のタルトですね。

a0202860_18061391.jpg

さらに生地をかぶせて

a0202860_18070229.jpg

オーブンで焼いて出来上がり~178.png169.png

a0202860_18081748.jpg

フワッフワ~の美味しいカシス & ブルーベリータルトになりました。

サイズが小さいから食べやすいのはいいんだけどね、
食べやすいだけに食べ過ぎちゃうのがよろしくないですね...105.png151.png

もうすぐクリスマス 177.png177.png177.png

クリスマスのお菓子として焼いてもよさそうです~101.png

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

今日の天使からのメッセージはこちら⇩


天使からのメッセージ
[PR]
# by keiko-cako | 2018-12-07 18:21 | スイーツ | Trackback | Comments(0)

鯖サンド

鯖サンド - 昔からその名前はたびたび耳にしていました。

サバぁ? サンド?
サバをサンドイッチにするの?

う~ん、全然美味しそうな響きじゃないんだけどなぁ...138.png

でもね、私の周りでは「鯖サンド、美味しい!」というフラグが
ジワジワと立ち始めてて、うーむ...これはやはり一度は食べてみらんといかんやろう...

という思いがふつふつと湧いてきました。

いったん、鯖サンドのフラグが立つと
一気に加速度が増して、鯖サンドがどんどん美味しくなっていきました (脳内でね)106.png

で、先日、ついに鯖サンド作成決行です。

そもそも、どういうレシピなんだ?

ということで、ググってみたら、たくさん出てきましたよ、レシピ。

ググってわかったのですが、鯖サンドって、トルコ料理なのですね。
トルコはイスタンブールの名物サンドイッチなのだそう。

ということで、トルコ人シェフのブログを探し当て、
そこのレシピを参考に作ってみました。

まずはフライパンにオリーブオイルを熱して、
フツーにサバを焼きます。


a0202860_08015907.jpg

両面をこんがりと焼いて、塩コショウをふりかけます。


a0202860_08001866.jpg

野菜たち


a0202860_08034616.jpg

レタス、ルッコラ、トマト、紫玉ねぎ、レモン
そしてきゅうりのみじん切りをマヨネーズで和えたもの (← これは私個人の好みで用意しました)

鯖サンドの決め手は、レモンなんだそうです。

レモンをふんだんにかけて、サバの臭みを消し去ること
これがこのサンドイッチの重要ポイントなのだそうですよ。

バゲットを 1/3 程度の長さにカットして
野菜を乗せていきます。

a0202860_08074414.jpg

続けて、鯖を乗せます。

a0202860_08092945.jpg

ここにレモンをギューっと絞ってふりかけます。

はい、出来上がりました~169.png

a0202860_08095686.jpg

どんな味だろう、鯖サンド...101.png

ロックオン! 鯖サンド!

ん~、一口じゃなかなか鯖まで届かず、しばらくは野菜サンドでした...105.png

しばらく食べ続けて、ようやく鯖にたどり着きました(笑)

ん?んん?ん~???

ふ~ん、そうなんだぁ、こんな味なんだぁ~...
ふ~ん、そうかぁ...なるほどぉ...146.png

何と言うか、あのね、フツーに鯖でした...115.png

レモンが効いた鯖の塩焼きをパンに挟んでいる...
そのまんまでした。

違う調理法で作ってみると、また別の鯖サンドに出会えるかもしれません。

料理はチャレンジ!
なんちゃって...ね。106.png

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

今日の天使からのメッセージはこちら⇩



天使からのメッセージ
[PR]
# by keiko-cako | 2018-12-05 08:36 | シーフード | Trackback | Comments(0)

カンノーロ

先日、高島屋にあるベーカリーショップ 「PECK (ペック)」に立ち寄ったところ
な、なんとぉ~、カンノーロが並んでました。

ペックは、イタリアの食料品店で、ミラノに本店があります。
日本では、高島屋だけで取り扱っているので、まぁいわゆる高島屋オリジナルブランドって感じでしょうか。

チャパタやフォカッチャなど、イタリアンブレッドが常にあるので
イタリア大好きな私としては、とても魅力的なお店なのです。

でも、なぜか、カンノーロだけは置いてないのよね...130.png

以前、お店の人に訊いたら
「昔は置いていたのですが、いつの間にかなくなっちゃいましたね...」
と、寂しい答え。

「もう売らないんですか? きっと売れると思うんですけど」
と、しつこく訊いたら

「たまぁ~に、出るときもあるのですが、いつ出るのかはわかりません」
と、希望の光を含めながらも、やはり寂しい回答...120.png

はぁ~....121.png

以来、高島屋に行くと必ずペックにも足を運ぶようにしていたんだけど
なかなか出会えないカンノーロ。

でも、先日、とうとう、出会えたのでした。

カンノーロというのは、イタリアはシチリア生まれのお菓子です。

a0202860_09263804.jpg

(この写真はネットからの借りもの)


複数形になると、カンノーリと発音します。

カンノーロ、カンノーリ....
なんか、陽気な感じで、まさにイタリアン~ 169.png101.png

「カンノーロ」とは、イタリア語で「筒」という意味です。

小麦粉生地を筒状にして油で揚げて、中にリコッタチーズをベースとしたクリームを詰めたお菓子です。

サクサクっとしてて、リコッタチーズのクリームがコクがあって
とても美味しいお菓子です。

カンノーロはイタリアの伝統菓子で、イタリア人にとっては生活の一部のようなものだそうです。

そういえば、映画「ゴッドファーザー」にもカンノーロがちょこちょこ登場していますね。

有名なところでは、
ピーター・クレメンザが裏切った仲間を銃殺した後に言ったセリフ

Leave the gun, take the cannoli.
「銃は置いて行け。カンノーリは取ってくれ」



銃は捨て去っても、奥さんから買ってきて、と頼まれたカンノーリは大事なのですね~。

カンノーリは毒殺の道具としても登場します。

a0202860_10013735.jpg


a0202860_10012930.jpg

大好きなお菓子カンノーリに、まさか毒が仕込まれているなんて
想像もしなかったのでしょうね...。

ま、こんな美味しいお菓子を殺人の道具にするっていうのも
悲しいことですが...120.png

...とまぁ、カンノーリでこんなに語ってしまいましたが105.png
それほどの価値がある美味しいお菓子なのですよ。

で、これが我が家へ降臨したカンノーリです。

a0202860_09203485.jpg

サクサクっとしてて美味しかった~106.png

後日、再度買いにペックに行ったら、あれ、ない?
カンノーロが消えてる....???

お店の人に訊いたら
「あー、カンノーロフェア、終わっちゃいました~」

149.png149.png149.png

「えー、つ、つ、次はいつですか?」

「うーん、わかりません~」

145.png145.png145.png

また逢える日を....
カンノーロ162.png 待ってるよ~

補足情報

カンノーロを取り扱っているお店はちょこちょことあります。
EATALY (イータリー) では、その場でカンノーロを作ってくれるカウンターがあります。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング


[PR]
# by keiko-cako | 2018-12-01 10:10 | お気に入り | Trackback | Comments(4)