パスタ - 2種類

2種類のパスタ料理です056.gif

最初に、エビとサーモンのバジルパスタ
a0202860_8385852.jpg


単純にエビとサーモンを玉ねぎと一緒に炒めてバジルソースで
和えただけのスパゲティです。
普通にお皿にドン!って盛ってもよかったんだけど
子供たちのお弁当用に買っておいたアルミカップがたくさん余ってるので
(もう子供たちはお弁当いらなくなっちゃったから・・・)
ちょっと遊び心でこんなふうに盛りつけて見ました037.gif

2つ目は、卵焼き巻パスタ
a0202860_8395989.jpg


これは夕食に作ったアラビアータが余ったので
翌日、卵焼きで巻いたらまたちょっと違う雰囲気になるかなぁ、
なんて思ってこんなふうにリサイクルしてみました045.gif

パスタは大好きなので毎日食べても飽きません~001.gif

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

先日、こんなお話を知る機会がありました。

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった
オーストラリアの女性のお話です。

彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。

そして、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いのだと。
特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものの
トップ5がこちらです 

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」

「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。
これが一番多い、とのこと。
人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに
患者たちは気づくのだそうです。
ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま
世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。
 
2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」

男性の多くがこの後悔をするとのこと。
仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に過ごせば良かった、
と感じるのだそうです。

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」

世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、
可もなく不可もない存在で終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。
 
4. 「友人関係を続けていれば良かった」

人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。
そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだそうです。
もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔を覚えるようです。
 
5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多い、と、
この方は指摘されています。
旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまったことや
変化を無意識に恐れ、「選択」を避けていた人生に気づき、
悔いを抱えたまま世を去っていく人が多い、とのことです。

情報ソースはこちら↓
http://youpouch.com/2012/02/06/53534/

これらを読んでて思ったのは
「これってどれも天使ちゃんがいつもメッセージで
伝えようとしてくれていることだなぁ」
ということでした。

私自身、天使からのメッセージ
(最近、それは宇宙からのメッセージでもあるのかな?と思うようになりました)に
何度も触れておきながら、なかなか実行に移せないことや
本来のズボラな性格が災いして、ふぇ~、めんどくさいなぁ、などと
メッセージを無視したりする自分に自己嫌悪や焦りなどを感じていますが007.gif
こうして命の限界に達した人たちの言葉に触れると
メッセージの重要性に、より現実味が増してくる気がします。

自分自身と深く対話して、自分はどうしたいのか、
どうなりたいのか、本当は何を望んでいるのか、
この世を旅立つときの後悔を少しでも少なくするためには
どう生きればいいのか・・・

あらためて考えてみよう・・・って思います。

今日の記事、ちょっと重い感じになっちゃったけど008.gif
今日も一日、明るく笑顔で過ごしましょう~058.gif
人気ブログランキングへ ← いつもご訪問ありがとうございます。クリック☆していただけるととてもうれしいです。皆様の応援クリックがとても励みになっています。

今日の天使からのメッセージはお休みします
[PR]
by keiko-cako | 2012-02-09 09:10 | パスタ | Trackback
トラックバックURL : https://angelcook.exblog.jp/tb/14630684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。