映画 - お父さんと伊藤さん

『お父さんと伊藤さん』という邦画です。

a0202860_09185303.jpg

正直、なぁ~んの期待もしてなかったんです。

ただ、面白いタイトルだなぁ~って思って...。
「お」と「い」という音が一個違うだけ、なんて、ちょっと洒落てるかも... 101.png169.png

トレイラーはこちら ↓



上野樹里、リリー・フランキー、そして藤竜也

全編を通して、ほぼ、この 3 人のシーンばかりです
(たまに他の人たちも出てくるけど...)

そして、この 3人の演技がとてもよい感じなのですよ。

いい意味で力が抜けてて、ずっと飄々としてて、そしてとっても自然な演技で、
それが心地よくて、観終わった後も、爽やかな風がさら~っと吹いてくる...
そんな思いに満たされる映画です。

ひょんなことから、かなり年配の伊藤さん (リリー・フランキー) と暮らし始めたアヤ (上野樹里) のところに、実の父親 (藤竜也) が居候することになり、3人の生活が始まっていく...というストーリーです。

a0202860_10013084.jpg


大きな事件が起きるわけでもなく、淡々と、3人の日常の横糸がゆる~く、絡んでいく、という展開ですが、この映画の魅力は...

☆ シーンの一つ一つは地味なのに退屈しない
☆ セリフの中にドキッとする言葉が紛れ込んでいる
☆ 食事シーンが多い
☆ 日常がとても自然に描かれている

というところでしょうか。

a0202860_09470204.jpg


上野樹里、上手いなぁ~
リリー・フランキー、なんでこの人はこういう雰囲気が出せるんだろう
藤竜也の台詞回し、素晴らしい!もう参りました!って感じです。

a0202860_10041854.jpg


上野樹里とリリー・フランキーなんて、この 2人、実はホントに一緒に住んでない?
慣れすぎている日常空気がバンバン出ているんだけど...

という具合に、その雰囲気は大変自然なものです。

とんかつにかけるソースをめぐっての一言は、ほほぉ~、そういう解釈もあるのか~と
大変興味深いです (イヤ、実際、全然大したことじゃない、どーでもいいことなんだけどね....) 105.png

で、それをウケてか、こんなソースも出回っているようです

a0202860_09552245.jpg

この映画を観終わったら、ほとんどの人がとんかつを食べたくなるのではないでしょうか106.png


私も例に漏れることなく、この映画を観た翌日の夕食はとんかつにしました169.png102.png

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

↓今日の天使からのメッセージはこちら ↓↓↓043.gif




過去の体験や人間関係にまつわる「怒り」は、今でもときどき、あなたを襲うことがあるでしょう。

でも、それは、あなたが望む未来や願望の達成の邪魔になるばかりで、助けにはなりません。

むしろ、その「怒り」を抱えていると、また新たな「怒り」を生みかねない同じような状況を引き寄せることになります。

そんな「怒り」の感情はすぐに手放しましょう。

「許す」気持ちを持つだけでいいのです。
あなたの思考から「有害」な感情を抜き出せばいいのです。

うまくできないときは、次のような具体的な方法を試してみてください。

静かな場所で一人になり

「私は [怒りの対象となっている人の名前や状況] を許します。
そして、この痛みを開放し、安らぎを受け取ります」

と、声に出してみましょう。
声に出すことが苦手なら、心の中で唱えるだけでも大丈夫です。

そして、深呼吸をしましょう。

そうすることで、あなた自身が浄化され、明るいエネルギーと同化することができます。

怒りや恨みが繰り返しやってくるなら、必要なだけ、↑のプロセスを繰り返しやってみてください。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

[PR]
トラックバックURL : https://angelcook.exblog.jp/tb/238052847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by genova1991 at 2017-12-06 15:24
こんにちは、
この映画はまだ見ていませんが、コラボのソースは
とんかつ和幸にあったのを覚えています(^^♪
日常生活をほのぼのと描いたとんかつ映画って素敵ですね~!!
Commented by keiko-cako at 2017-12-06 22:10
genovaさん、こんばんは☆
あ、やっぱり和幸でこのソースをご覧になったのですね。
さすが genova さん!
とんかつ映画(笑)いいジャンルですね~ (^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by keiko-cako | 2017-12-06 10:31 | 映画・ドラマ・本 | Trackback | Comments(2)