カテゴリ:旅行( 174 )

姫路で食べたいもの...と言えばやっぱり穴子でしょう!101.png

ぐぐってみると、いろんな穴子料理が出てきますが、
ここは王道を取って、穴子寿司を食してみたい!

ということで、このお店の暖簾をくぐってみました。

すし一さん (すしいち、です、すしぃ~じゃなくて...)123.png

a0202860_11511783.jpg
混んでるかなぁ...と思ったのですが
ランチタイムを過ぎていたせいか、ガラガラでした。

a0202860_12311312.jpg


まずは夫の冷たい泡付きのお茶177.png104.png

a0202860_11544255.jpg
念願の穴子寿司です。
姫路産の天然穴子です。

a0202860_12314174.jpg
もうね~、ふわっふわです。
口の中に入れた瞬間に、とろけて広がります。

穴子ってこんなに柔らかいんだ~って、ビックリしました。

お店のオヤジさんに訊いたら、穴子漁師さんの数が年々減ってきているため
国産の穴子はどんどん希少価値になって、その分、価格にも反映されている、とのこと。

穴子は、鰻のように養殖ができないことも、その一因だそうです。

一般的に市場に出回っている穴子は、中国産や韓国産穴子がほとんどだそうで、
なるほど~、じゃ、私が今までデパートやスーパーで買って食べてた穴子は、それだったのか...と納得。

だって、この姫路産の天然穴子の柔らかさ、ふくよかさって、やっぱりそれなりのお店に行かないと
出てこないものですもんね...。

そして、こちらが穴子の天ぷらですよ。

a0202860_12381031.jpg

この穴子も天然だけに、それなりのお値段でした105.png

フワフワで美味しかったです。

最後にお寿司もいただきました。

a0202860_12405026.jpg
ネタはどれもプリプリで歯ごたえがあって、美味でした。

このお店は、大将も感じの良い、話好きな方ですが、
2 代目息子さんも明るい方で、姫路が映画やドラマのロケ地に使われている、とか
トム・クルーズがラストサムライの撮影で姫路に来たときのエピソードなど、
いろんな話題が出てきて、大変楽しいランチを過ごすことが出来ました。

姫路、良いところでした。

お腹いっぱいになったところで、バスで伊丹空港に戻ります。

伊丹空港で待ち合わせしていた友人と落ち合って、しばらく過ごした後
夜の便で羽田へと帰ってきました。

一泊二日のショートトリップだったけど、
淡路島 + 姫路、最高にステキなところで、大満足です。101.png172.png169.png

淡路島は、何度でも行きたいと思えるほど、ステキな場所でした!

またね、淡路島~。
しばしのお別れ~ 101.png

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング


[PR]
姫路駅を降りると、目の前に姫路城がドーンと現れます。

a0202860_14525679.jpg

駅から姫路城目指して、ひたすらまっすぐに歩きます。

世界遺産だからなのか、姫路城に向かって歩いている人は全員が外国人です。

前も後ろも、右も左も You だらけ....169.png146.png

着きました~。

a0202860_14550281.jpg
お堀を渡って....
a0202860_14554674.jpg

大手門から入ります。

a0202860_14575766.jpg
美しいです。

a0202860_15170039.jpg


今までもいくつか日本のお城を見てきたけど、
どれも完全な形で残ってないものばかりだから、
このような完全型のお城を間近で見るのは初めてかも知れません....。
a0202860_14595036.jpg


こんな造りになってます ↓
a0202860_15044169.jpg

では、登ってみます。

a0202860_15070765.jpg

a0202860_15083048.jpg
見晴らしが良くて気持ちがいいです。

そして、いよいよ、大天守最上階 (6階) を目指して、
狭い階段をどんどん登って行くのですが、ここからは撮影禁止のため、写真はありません~。

内部はこんな感じです。↓
(下の 3枚の写真は、公式サイトから拝借しました)

a0202860_15422538.jpg

大天守最上階 (6階) には、刑部 (おさかべ) 神社が祀られています。
a0202860_15160268.png


断面図はこんな感じ ↓
a0202860_15152328.jpg
見ごたえのあるお城で、とても面白かった~。

姫路城の隣には、日本庭園「好古園」があります。

そこも寄ってみることにします (というか、ジョイント チケットを買ったから、ね)


a0202860_15194580.jpg

a0202860_15205221.jpg

a0202860_15215581.jpg
いろんなデザインの日本庭園がいくつもあります。
a0202860_15223393.jpg
日本庭園の凛とした美しさが堪能できます。
a0202860_15230657.jpg
a0202860_15254570.jpg
いたるところにツツジの花があって、
静かな空間に華やかさを添えています。

a0202860_15270834.jpg


a0202860_15275038.jpg

日本庭園をのんびり歩いて、とても癒やされた気分です。

癒やされたところで....お腹が空きました(笑)

ランチタイムにします~。

次回へと続きます...。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング


[PR]
淡路島 2 日目の朝です。

早起きをして、朝食前に夢舞台内を散歩。

a0202860_14554185.jpg
透明な朝の空気の中に咲き誇るツツジの花
とってもキレイです。


a0202860_14461341.jpg

赤と白のコントラストも美しい~。

a0202860_14472024.jpg

a0202860_14480637.jpg

こんな庭で過ごすティータイムは気持ちよさそうです。

a0202860_14483055.jpg

a0202860_14492719.jpg


a0202860_14500786.jpg

朝日の中の野外劇場
a0202860_14524581.jpg

一時間ほどゆっくりと散歩しているうちに
朝食タイムとなりました。

朝食はダイニングルームでのビュッフェ形式です。

a0202860_14564885.jpg
ホテルのビュッフェ形式の朝食って
味はイマイチなところが多いのですが、
ここはすべてのお料理が美味しくて、感激~!

特にこの焼き玉ねぎは、さすが淡路島だけあって
美味でした。
a0202860_14592245.jpg

夕食も美味しかったし、朝食もこんなに美味しいなんて
やっぱり淡路リピートしたいよね~。101.png

このホテル、2002 年の FIFA ワールドカップ日韓大会のときに
イングランド代表チームが宿泊していたそうです。

ホテルのロビーには、選手たちのサイン ユニフォームが飾られていました。

a0202860_15204869.jpg

a0202860_15213951.jpg


a0202860_15211438.jpg

ご丁寧に、ベッカム選手のサインがわかるような工夫がされています。

a0202860_15220966.jpg

たった一泊だけのステイでしたが
とっても居心地のいいホテルで、まるで一週間ぐらい滞在していたかのような充実感です。

楽しかった淡路島。
期待以上の満足度です。

淡路島の広報大使になりたいぐらい、好きになっちゃった~101.png162.png

淡路にお別れを告げ、今から「白鷺城」こと姫路城へと向かいます。

次回へと続きます...。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

[PR]
夕食は、ウェスティンホテル淡路の中にある「コッコラーレ スペシャリテ」でいただきます。

a0202860_16331426.jpg

店内はモダンながらも落ち着いたインテリアです。

a0202860_16351278.jpg
タイル張りの壁がちょっとエキゾチックです。

a0202860_16360701.jpg
このシルバーのプレート、うちにあるのとそっくりで、
親近感がわきました(笑)

a0202860_16373036.jpg

1 皿目です。

太刀魚の炙り カルパッチョ仕立て
シャンパン酢味噌のジュレ
a0202860_16383336.jpg

太刀魚は淡路島近海で、お野菜も淡路島内で生産されたものだそうです。

太刀魚はプリプリです。
酢味噌のジュレだけどシャンパンの香りがほのかにして、とっても美味でした。

1 皿目ですでに幸福度マックス~177.png

2 皿目です。

淡路島玉ねぎと淡路放し飼い卵のフラン 雲丹添え

a0202860_16460734.jpg

キタ~っ!
出た~っ!

淡路島の玉ねぎですよ~。

淡路島と言えば玉ねぎ、玉ねぎと言えば淡路島...169.png

もちろん、関東地域でも淡路島の玉ねぎは手に入るけど
こうして地元で取れたものをその場所でいただく、地産地消方式が何よりです!

スプーンですくって一口いただきます...

うわ~、熱々のふわっふわっで、最高に美味しいです。

これで幸福レベルがまたまたアップしました~162.png106.png
(さっきマックスになってたはずなんだけどね...(^。^;))))

3 皿目は、こちら。

淡路島新玉ねぎと青豆の冷製スープ

a0202860_16524873.jpg
またもや、淡路島の玉ねぎ、しかも「新玉ねぎ」です。

玉ねぎの甘みが美味しくてたまりません。

お皿に和紙を敷いて、そこに氷を張って出してくれるなんて
見せ方もオシャレですね~。

4 皿目は、シーフードです。

淡路島近海で採れた桜鯛とホンビノス貝のヴァン・ムスー蒸し
ヴァンブランソース添え


a0202860_16571611.jpg

説明を聞いても、フランス語っぽいカタカナばかりで
よくわかりませんが...105.png

要するに、ヴァンムスーというワインで蒸して、
白ワインで作ったソースをかけて食べる...ということみたい。

桜鯛がほろほろに柔らかいのと対象的に、
ホンビノス貝がプリップリで、どちらもたいそう美味でした。

ヴァンムスーというワインで蒸し上げているからか、
臭みがまったくなくて、白のソースに良く合いました。

そして、メインです。

淡路牛ロース肉ステーキ
淡路島玉ねぎとジンジャーとラディッシュのソース添え

a0202860_17140927.jpg

淡路牛...ナイフを入れた瞬間にスーッとカット出来るほど、柔らかい!

ここでも玉ねぎがお皿を盛り上げてくれて
ジンジャーとラディッシュのソースがピリリと刺激的で
大変美味しいヒトサラでした。

すべて非の打ち所がない素晴らしい料理ばかりでした。

お店の方いわく、今日の食材はすべて、野菜もお魚もお肉も何もかもが
淡路島で生産されたものだそうです。

淡路島って、「自給自足率」がナント! 100% なんだそうです。

素晴らしい~!!!

もう淡路島に移住しちゃおうかなぁ~(笑)

デザートは、ラズベリーのフローズンプティングでした。


a0202860_17215147.jpg

そして、コーヒーと焼き菓子と生チョコレート

a0202860_17230864.jpg

始まりから終わりまで、ずっと「満足」と「幸福」の気分で満たされたパーフェクトディナーでした。

ここのお料理は、素晴らしく美味しかったです!

また食べに来たいなぁ。

交通費がかなりかかるけど、それでもまた食べに来たい!
と思わせてくれるワンダフルディナーでした。

やっぱり移住するかなぁ...106.png169.png

次回へと続きます...。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

[PR]
ホテルの部屋 (8 階) からの「夢舞台」全貌です。


a0202860_10021476.jpg

まずは、ホテル内にある「海の教会」に行ってみたいと思います。

a0202860_10055760.jpg
コンクリート打ちっ放しの通路を歩いていくと...

a0202860_10062854.jpg

柔らかな色合いのクロスの光が目に飛び込んできました。

a0202860_10073494.jpg
天井を見上げると、そこにクロスのデザインがあります。

a0202860_10091209.jpg

天井のクロスから降り注ぐ自然の光が
壁に十字架を描き出しています。
a0202860_10104268.jpg

この光のなんと厳かで幻想的なことでしょう~。

スペースとしては、こじんまりとしていますが、
とてもステキな教会です。
a0202860_10152889.jpg

私があと、ン十年若かったら、ここで結婚式を挙げたい~!106.png

教会の階段を登っていくと...

a0202860_10185940.jpg
そこは噴水の池でした。

a0202860_10195447.jpg
a0202860_10202980.jpg
池の中には無数の帆立貝の貝殻が、整然と並べられています。


a0202860_10212950.jpg

この夢舞台の中には、いくつもの池があります。
そして、どの池にも、こうやって帆立貝の貝殻が敷き詰められています。

その数、100万個!144.png

北海道の水産加工場で廃棄処分となる運命だったホタテの貝殻を
安藤忠雄氏の案により、淡路へと運ばれて一枚一枚手作業で敷き詰められて
見事に美しい景観へと生まれ変わった...というバックストーリーがあるんですね。

貝殻はどれも同じ方向に並べられており、
見れば見るほど精巧で計算された施工にため息が出ると同時に
気が遠くなるほどの手作業に頭が下がる思いです。


↓ これはホテルの通路に飾られていた工事工程の写真

a0202860_10322660.jpg
この作業をした職人さんたち、すごいなぁ...101.png

一枚一枚、貼り付けながら、
この作業は一体いつまで続くんだろう...って思った方、
かなりいたんじゃないかと思わず邪推しちゃいましたよ...(^。^;)

だって、100 万枚だよ !?
1, 2, 3, 4...って、口で数えるだけでも、そうとうな根気と労力と時間がかかりますよ?144.png


職人さんたちの根気ある丁寧なお仕事が、こんなに素晴らしい景観を生み出したんですね。

a0202860_10371145.jpg


大拍手!!!!169.png172.png165.png102.png

↓ これがさっきの「海の教会」の天井部分です。

十字架のガラス張りが見えます。
a0202860_10374104.jpg

教会の鐘

a0202860_10392911.jpg

鐘の向こうに塔が見えます。

100 個の花壇が階段状に造られている「百段苑」へ行くための塔です。

登ってみます~169.png

a0202860_10422557.jpg
エレベーターでヒュイ~っと一気に登れるので楽ちん!

はい、着きました!

a0202860_10431158.jpg
海が見渡せて、しかも時間的にも夕焼けタイムなので
とぉ~ってもキレイです177.png101.png

これが百段苑ですが、あいにく、花はあまり咲いておらず...。
残念~。

a0202860_10483396.jpg

もっと花が咲いている時期だとこんな感じです (↓ の写真はネットから拝借)

a0202860_10465951.jpg
お花はさほどなかったけど、それでも、
海からの風に包まれながら見渡せるここからの景色は最高です!

a0202860_10541108.jpg

a0202860_10543987.jpg

百段苑を降りて、夢舞台の中をテクテク散策します。

これは「円形フォーラム・楕円フォーラム」と呼ばれている安藤忠雄氏の造形美が
楽しめる展望テラスです。

これは飛び込み台をイメージしているのかな?


a0202860_10554966.jpg

青いオブジェは波?

a0202860_11054113.jpg




「海回廊・山回廊」

a0202860_11023179.jpg

上↑ の回廊を裏側から見ると、こんな風景になります ↓

a0202860_11031630.jpg
どこから見ても「絵」になる構造。

こういうのも、きっちりと計算されて設計されているんだなぁ。
すごいなぁ~。

素直に感動...110.png

a0202860_11072101.jpg
この空間はもう「日本」じゃないなぁ。


a0202860_11091897.jpg
ここが日本でも有数のリゾート地と言われているのがわかります。
a0202860_11094870.jpg

気持ちのいい散策です。

いつまでも続けていたい気分ですが、そろそろ夕食タイムになってきました。

a0202860_11114299.jpg

いったん部屋に戻って一休みしてから、夕食へとでかけます。

次回へと続きます...。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング


[PR]
神戸三宮駅から高速バスで 45 分、明石海峡大橋を渡って淡路島夢舞台に到着です。


私たちが宿泊する「ウェスティンホテル淡路」の前が「夢舞台」停留所になっています。

a0202860_08515007.jpg

海を目の前に抱くこのホテルも、安藤忠雄氏の設計です。

a0202860_08545435.jpg
ホテルに入ると、まず飛び込んでくるインテリアの鮮やかなこと!

a0202860_10211051.jpg



そして、ロビーには同じくビビットな赤の椅子


a0202860_08551910.jpg

フラワーチェアーと呼ばれているこの椅子は、
ウェスティンホテル淡路のアイコンとなっているそうです。

確かにとってもキャッチーで誰もが目を奪われるような色とデザインですね~。

で、そのお値段、何と! 一脚 100万円とのこと。150.png151.png

a0202860_09062564.jpg


ロビーカフェも明るくて、気持ちがいいです。
a0202860_10121901.jpg
a0202860_10125385.jpg

ショップには安藤忠雄さんの書籍がバーンと並べられています。

a0202860_10131001.jpg


チェックインを済ませ、まず向かうのは夢舞台...
ではなくて、「本福寺」というお寺です。

このお寺も安藤忠雄氏が設計したもので、夫がまず一番にそこに行きたい、
と望んでいたところです。

このお寺の特徴は、お寺なのに鉄筋コンクリート造になっていて
お堂の上に人工池が配置されていることです。

池の中にはたくさんの蓮 (はす) が浮かんでいます。

空から見るとこんな感じ ↓
(この写真はネットから拝借)

a0202860_09191262.jpg
この池の下が本堂になっている、とのこと。

ふぇ~、なんじゃ、そりゃ...。

見るのが楽しみね~101.png

ホテルからお寺までは距離があるので、タクシーで行きました。

このタクシーの運転手さんもまた、お話好きな方で
淡路出身の有名人は誰だー、みたいな話で盛り上がりました(笑)

お寺は高台にあるので、坂の下でタクシーを降りて
階段と坂道を登ります。

そして、目の前には大きな池が広がって....

のはずなのに、だぁ~!

な、なんじゃ~、こりゃぁ~149.png

a0202860_09073499.jpg


a0202860_09252388.jpg

み、水がない...!? 148.png

a0202860_09261983.jpg

い、一体これは...???

そこで作業してる方たちに、「あの~、ここの水ってどうなってるんですか?」と
訊いたところ、
「あ~、今日はですね、年に一度の清掃日なので、水はけしてるんですよ」と。

ひぇ~、せっかく来たのに、池を見に来たのに...

しかも、年に一度しかないその清掃日に見事にぶち当たったってこと?

何ということでしょう~。

呆然とする私たちの目の前に広がるのは、
水が抜かれた池に無機質に佇む、数多くの蓮の鉢たち...。

蓮たちも、

いや、うちらもまさか、こんな姿をお見せするとは...151.png

とでも、言いたげな感じで不本意な雰囲気が...

作業員の方たちも、
「せっかく来ていただいたのに、すみませんねぇ。
毎年、この日にやるもんで...」
と申し訳なさそう。。。135.png

いえいえ、逆にめったに見られない、ふつーには見られない清掃日に
ぶち当たったのは、ラッキーなのかもしれませんー

とかって、無理やり自分たちを慰めたりしましたわ...145.png

それでも、ちょっと諦めきれない私は
「明日の朝とかには、水は元通り戻ってますか?」と、訊いてみる...

「いやいや、水が全部張るには、明日の夜までかかります」とスタッフ。

あー、じゃ、ムリだ...145.png144.png

そうか、そうね、わかったよ...

こんなお姿を拝める人なんて、そうそういないよね!
うん、うちらはラッキーだったね!

と、納得して (つーか、ちゃんと下調べしとけよ...と自分に突っ込んだけどね)、
作業スタッフの方たちにお礼を言って、お堂へと降りることにしました。

池の真ん中の階段がお堂へと続いています。

a0202860_09264625.jpg

お堂への通路は、幻想的な朱色で彩られています。

a0202860_09411036.jpg
わぁ~、一気に厳かな気分になりましたよ。

a0202860_09414517.jpg

本堂内では撮影禁止と書かれていたので、写真はありません。

↓ これはネットから拝借...


a0202860_09460787.jpg
あの池の真下がこのお堂なのですよね。

コンクリート建築なので、内部は空気が冷たいです。

う~ん、これは大変ユニークで、見る価値があるお寺でした。

こんなお寺を作り上げた安藤忠雄さん、やっぱりすごいな~って
素直に思いました。

外に出ると、海が目の前に広がる墓地があります。

a0202860_09492758.jpg
ここに眠っている方たち、気持ちがいいでしょうね。

さてさて、では、そろそろホテルへ戻り、夢舞台見学をしましょう。

お天気もいいし、ホテルまで歩いて帰ろう!
ということで、歩き始めたのですが、
行けども行けどもホテルに着かない...

しかも、ホテルは坂の上...

ひぃ~、これはつ、つらいゾ...。143.png135.png

どうする?タクシー拾う?

いや、こんなところで流しのタクシーなんていないって...。

確かに、車は走ってはいるものの、タクシーは一台も見かけません。

島ですからね、ここ。

それでも体力のある夫と友人は、タッタッタと元気よく歩いておりますが
ヘタレの私は、もう足がモタモタ、フラフラ...。

心の中で思わず天使にお願いしてみましたよ。107.png
「私たちが乗るタクシーを今すぐ、ここに送ってください」って。

そしたらね、次の瞬間、奇跡のように、私の横をスーッとタクシーが通ったので
思わず手を上げて止めました!!!!!

前を歩いていた夫と友人を呼び止めて、一緒にタクシーに乗り込む!!!

ひゃあ~、助かった~!
よかった、よかった~!

...と、行き先を告げようと運転手さんを見たら
あら、さっきの運転手さんじゃないですか~。

運転手さんも、「あ、お寺見学されたんですか?どうでしたー?」と
私たちのこと覚えててくださってて

「ホテルですね?
いいですよ、ちょうど僕も戻るところだったので、このままホテルまで送ってさしあげますよ。
料金、いらないです」

えええ~、なに、それ~。
いやいや、そういう訳にはいかないので、ちゃんとお支払いします。

奇跡のように現れてくれただけでも感謝感謝なのに、
お支払いしないわけには行きません...。

でも、結局、運転手さんは「いいです、いいです」とそのままホテルまで
私たちを送ってくれたのでした。

なんていい方!
あのときのタクシーの運転手さん、ありがとうございました

淡路島、もう、一気にフォーリン ラブ!162.png162.png162.png

ホテルで一休みした後は、いよいよ「夢舞台」見学です。

次回へと続きます...。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

[PR]
ランチのお店に向かうため、タクシーを拾いました。

このタクシーの運転手さんがね~、とっても話好きで面白い方でした。

神戸のいろんな裏話をしてくれて、ディープなムードで盛り上がるうちに、
神戸で一番美味しい!という評判のインディアンレストラン「ショナルパ」に着きました~!

安藤忠雄さんと横尾忠則さんもご贔屓にしているお店らしい...。

夏のように暑かったので、夫はすぐにビールを注文。

a0202860_10341983.jpg

Godfather (ゴッドファーザー) という名前のインドビールです。

名前からして、かなりのインパクト...106.png

でも味はサッパリとしてて飲みやすかったようです。

3人とも、ランチコースの「ショナランチ」というのを注文。

最初にやって来たのが、トマトスープ。

a0202860_10403455.jpg
トマトベースで、スパイスが効いててかなり辛い...
でも、コクがあって美味しいスープでした。

そして、いろんなインド料理の盛り合わせプレート

a0202860_10443168.jpg
手前から、タンドリーチキン、ケバブ、サモサ、サラダです。

どれもスパイシーでコクがあって美味しい~。

そういえば、このお店のホームページには、↓ こんな文言が...125.png

a0202860_10473227.jpg




はい、間違いなくとりつかれました~111.png

そして、メインのチキンキーマカレーです。

a0202860_10495770.jpg

これはね、そんなに辛くなくて、どっちかって言うと甘め。
でもコクはしっかりあって、大変美味しかったです。

インド大好き友人は、インド人スタッフたちとインドトークをしたりして
インドの空気にたっぷりと囲まれた、ステキなランチでした。

神戸ランチも終わったところで、今から高速バスに乗って淡路島へと向かいます!

次回へと続きます...。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング


[PR]
先日、1 泊 2 日で兵庫県淡路島に行ってきました。

目的地は、淡路島にある複合文化リゾート施設「夢舞台」177.png

豊かな緑に囲まれて、さらに海が目の前に広がる広大な敷地の中に
野外ステージ、植物園、いくつもの庭園やリゾートホテルなどが点在しています。

また、この施設は、世界的な建築家 安藤忠雄氏による作品なので、
同じ職業でもある夫としては、一度は訪れてみたい場所でもありました。

ほんとはね、夫は、香川県の直島に行きたかったみたいなんだけど
私がね、淡路島で本場の玉ねぎを食べてみたかったのよ...106.png

ちょうどいい具合に、新玉ねぎの季節でもあるし~169.png

ということで、本場の玉ねぎを目指して羽田から一便で伊丹空港へと飛びました~173.png

待ち合わせをしていた関西在住の友人と伊丹空港で久しぶりに再会!

まずは、兵庫県立美術館 (これも安藤忠雄さんの設計) へと向かいます。

フットワークが素晴らしい友人の提案とプランニングのおかげで、
無駄な時間を生むこともなく、予定通りに美術館到着!

美術館では、「ジブリの大博覧会」開催中~169.png

a0202860_14250403.jpg

開館時間に到着したにもかかわらず、すでに長蛇の列...

時間節約のため、私はジブリ展へ、夫は建物見学、友人はカフェで待機...
とバラバラで行動することにしました。

ひぇ~っ! こんなに並んでるのぉ~って、腰が引けるぐらいのたくさんの人々だったのですが、
機転の効く友人が前売り券を買っていてくれたおかげで、
私はさほど待つこともなく中に入ることが出来ました。

ナイス!106.png165.png

歴代ジブリ作品の原画や公開当時のポスター、キャッチコピーや企画、制作の工程など
ジブリのありとあらゆる情報が溢れかえっていました。

ジブリファンなら、こりゃ、たまらんわ~ という盛りだくさんぶり!

ゆっくり見たいところでしたが、とにかく、混雑しているため
展示物にまでなかなかたどり着くことが出来ません...119.png

一時間後に夫と友人と待ち合わせしているので、チャチャッチャっと見ることにします。

展示物はいずれも撮影禁止なので、写真は撮れなかったけど
撮影 OK のところだけはしっかりと写してきましたよ~。

猫バス

a0202860_14300382.jpg

猫バスは誰でも自由に乗れますよ~、とスタッフの方のアナウンス。

の、乗りたい...

でも、大人の私が1人で乗ってもなんだかなぁ...
と、イマイチ勇気が出ず、
ただただ、はしゃいでる子供たちを羨ましく見つめてました...103.png
(いいなぁ~)

これは「天空の城ラピュタ」に出てくる飛空艇です。


a0202860_14544469.jpg
これは迫力ありました!

ラビュタの冒頭シーンにも登場してきますね。

a0202860_14595801.jpg


この飛空艇を見ていたら、
私のとなりにいた親子連れのお父さんが子供たちに一生懸命、説明していました。

とてもわかりやすい説明で、私も思わず聞き入っちゃいました。

なるほど~、ふんふん、あー、そういうことなのかぁ~、なるほど~って(笑)

駆け足で見たジブリ博覧会だったけど、関東地区には今回は来ないので
ここで見ることができてよかったです101.png

a0202860_15015353.jpg

ちょうどいい具合にお腹も空いてきたので
今から、友人オススメの神戸ランチに行きます~。

次回へと続きます...。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

[PR]
先日、熱海に行ってきました!

長年、関東に住んでいるのに、今回が「初」熱海です!

夫が現在担当している仕事の関係で、熱海に行くことがあり
今までにも、何度か誘われてはいたのですが、

「熱海ぃ~? う~ん、なんかピンとこないなぁ....。あまり興味ないかも~121.png

などと、ほざいておりました。

先日も夫が

「文化の日だけど、午前中だけ仕事で熱海に行くことになった。
お昼には打ち合わせも終わるから、よかったら熱海で一緒にランチしない?」

と言ってきたのですが、

熱海でランチ?
熱海、何が美味しいの?
お寿司?
うーん、いいや、美味しいお寿司ならこっちにもあるしぃ~...

などと、私が相変わらずのノリの悪さを醸し出したので、
夫も「そうだね、わかった、じゃ、打ち合わせが終わったら帰ってくるよ」
などと、力なく淡々と受け応えておりました。

そんな平ったいやりとりがあった数日後、
ぼんやりと TV を見ていたら、名古屋の某お寿司屋さんで
お寿司を美味しそうに食べているドイツ人たちにインタビューしているシーンがありました。

このお寿司を食べるためだけにわざわざ日本に来たんだ!
来てよかったよ、こんな美味しいお寿司はドイツでは食べられないからね!

と彼らはとても嬉しそうに語っていました。

えー、お寿司のためだけにドイツから日本に来ちゃうんだー
すごいなー

それに比べたら、私が熱海にお寿司を食べに行くのなんて、お子ちゃまレベルなんじゃ...
行く行かないなんて、ごちゃごちゃ言ってる場合じゃないような気がしてきたよ...105.png

よし!熱海に行こう!
熱海でお寿司を食べるんだ!
と、俄然、ガツンと決心が固まったのでした。

...などと、たいそうなことをめんどくさく書いていますが、
要は、初めて熱海に行きます!熱海にお寿司を食べに行きます!ということです。105.png

熱海に行く人、たくさんいました~。

ふつーに東海道線の快速アクティに乗ったのですが、
通勤列車か !? と思うほど、混んでました...(^。^;)

熱海駅で下車する人の何と多いことか....

熱海は終着駅だし、3連休の初日だから、当たり前っちゃー当たり前ですが
それにしても、こんなに人が訪れるところだったのね、熱海...。
今までナメててごめんね、熱海...とプチ反省...(^。^;)

夫とはお昼すぎに待ち合わせているので、それまで 1 人で熱海をぶらぶらしようと思います。

ブラブラといってもよくわからないので、まずは MOA 美術館へ行くことにします。

かなり山の上の方にあるということなので、タクシーで行きました。
a0202860_10280249.jpg

松林の向こうに海が見えます。

a0202860_10321800.jpg

チケット (大人1,600円) を買って中へ。

a0202860_10340072.jpg

いきなり長~いエスカレータです。

a0202860_10354444.jpg

何となく幻想的な雰囲気...
a0202860_10361601.jpg


いったん踊り場に出ますが、エスカレータはまだ続きます。

a0202860_10372252.jpg
2つ目の踊り場に出て、再び長いエスカレータで上へ移動します。

a0202860_10380859.jpg


そして到着した広場
a0202860_10385491.jpg


天井はまるで万華鏡のようで、スピーカーから流れてくる音楽に合わせて
色彩やデザインが変わっていきます。

ベンチが置いてあるので、ここにしばらく座って
この万華鏡を眺めているのもいい感じです。

さらにエスカレーターは続きます。
(いつになったら美術館の入口に着くんだ....???)

a0202860_10461350.jpg

このエスカレーターの到着先はここでした!

ようやく美術館本館が見えてきましたよ。

a0202860_10474260.jpg


そして、この広場から見渡せる太平洋のなんと気持ちのいいこと~174.png

a0202860_10494077.jpg

この景観を背に、美術館本館を目指してさらに階段を登ります。

a0202860_10514388.jpg

そしてようやく着きました、美術館エントランス!

a0202860_10533353.jpg

MOA ってどういう意味だろう、何の略語?って思ってたけど、
Museum Of Art の頭文字を取っただけ、というシンプルなものでした...105.png


a0202860_10541880.jpg

中はこんな感じで、開放感たっぷりのモダンな雰囲気です。

a0202860_10563393.jpg
いろんな展示物があるみたいですが、とりあえず、
期間限定の特別企画展示場へと行ってみます。

「茶の湯の美」という企画で、豊臣秀吉の金の茶室が再現されていました。

a0202860_10590620.jpg
金の茶室は、日光江戸村にもありましたが
こちらの方が金ピカ率が高いような気がします...177.png177.png177.png

秀吉が使っていた金の湯呑みと茶筒
a0202860_11032214.jpg


a0202860_11023100.jpg

「金」だらけということで、何となくトランプ大統領を彷彿とさせます...(^。^;)

展示場の先にカフェがあったので、ちょっと一休み...。

朝食を食べてこなかったので、軽く何か食べようかなぁ。

美味しそうなパンがいろいろと並んでいますね~169.png

a0202860_11054982.jpg
a0202860_11072162.jpg
シナモンロールとコーヒーをいただきます。

a0202860_11080717.jpg
シナモンロールも美味しかったのですが、
このブレンドコーヒーがとても美味しかったのです。


4種類の豆をブレンドしているそうで、
豊かな香りとまろやかな味で、たいへん美味しいコーヒーでした。

お店の方に聞いたら、山梨県小淵沢にあるカフェ「彩香房」の豆を使用しているとのことです。

ネットショッピングができるみたいなので、お取り寄せしてみようかな 101.png

それにしても、このカフェからの眺めは最高です。

a0202860_11142951.jpg

コーヒーを手元に本を読み、ときどき景色を眺めてたら
いつの間にか、ランチタイムになっていました。

お~っと、夫と待ち合わせの時間だ~

などと、ひとりごちながら、美術館を出てバスで熱海駅へと戻り
仕事を終えた夫と合流しました。

今日のメインイベント、お寿司ランチです169.png

どこのお寿司屋さんがいいのか、よくわからなかったけど
美術館へ向かうとき、タクシーの運転手さんに訊いたら
即答で「初川がおすすめですよ!」と。

運転手さんが言うには、駅付近じゃなく、できれば下の方 (海の方) に降りてった方が
より美味しいお寿司屋さんに当たるんだ、とのことです。

そうなのかー、タクシーの運転手さんが言うならきっと確かね!

ということで、初川へ GO!

駅からはかなり距離がある、ということだったので、タクシーで行きました。

着きました!
川沿いにあるこじんまりとしたお店です。

a0202860_11285556.jpg
ランチタイムメニューを見ると、
良心的なお値段で安心~ 101.png


a0202860_11280027.jpg

カウンターとテーブル席が3つほどの小さなお店です。
a0202860_12192472.jpg

かなりお年を召されている (と思われる) 大将が切り盛りしているようです。

カウンター席に案内され、ランチ握りを注文しました。

a0202860_11335962.jpg


まずやって来たのが、ランチセットについてくるサラダと茶碗蒸し。

a0202860_11330254.jpg
そして、来ました、お寿司たち。
a0202860_11334379.jpg
どのネタも美しいです。
ピカピカしている~177.png

新鮮なだけあって、歯ごたえもよく大変美味しいお寿司でした。

これに青のりのお味噌汁がついて、1,500円!
なんて素晴らしくコスパが良いのでしょう~!

別オーダーでサーモンと鯵も食べましたが
サーモンは口に入れた途端、ホロホロホロリーンと溶けていきました。

こんな美味しいサーモンは生まれて初めて!103.png
ひゃぁ~、熱海に来てよかったぁ~!179.png179.png179.png

満足感たっぷりで「初川」を後にして、
食後の散歩代わりとして、熱海駅まで歩くことにします。

ずっと坂道だけど、いろんなお店が並んでいるので、まったく苦になりません。

途中で見つけた和菓子のお店

a0202860_11444472.jpg
老舗の羊羹屋さんですね。

マカロンのような羊羹がありました。

a0202860_11454698.jpg

静岡みかんを使った星型羊羹も。
a0202860_11461040.jpg

可愛らしいので買ってみました。

ちなみに、この羊羹屋さん、4代目店主というのが名物のようです
(「四代目鶴吉」は登録商標になっているみたいですね)

私たちが買ったとき、この4代目店主が接客してくれたのですが、
確かに「名物」だろうな...と思いました。

気になる方は「熱海 鶴吉羊羹 4代目」でググってみてください~。

ぶらぶら、テクテク、のんびりと熱海の街並みを楽しみながら
約30 ~ 40 分程かけて歩いて熱海駅に到着。

エキナカにあるおみやげショップでこれも買いました。

a0202860_11574861.jpg
夫の実家が静岡市にあるので、静岡には数え切れないほど何度も行っていますが
こんなジュース見たことない~!

同じ静岡でも熱海の方が美味しそうなものがたくさんあるような気がしたのは
私が必要以上に熱海に興奮していたせいなのかもしれませんね...(^。^;)

熱海、楽しかった~!

また来よう! と固く思ったのでした110.png

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]
オスロ空港に到着しました。

a0202860_09362959.jpg

ノルウェーの空港らしく、木の温もりが感じられるデザインです。

a0202860_09364436.jpg
出発時刻まで時間があるので、
オスロラウンジで休憩することにします。
a0202860_09554221.jpg

落ち着いたインテリアで、ゆったりとした空間です。

a0202860_09583485.jpg
a0202860_09584645.jpg
サラダバー
a0202860_09571199.jpg
ワインコーナー
a0202860_09572772.jpg
スープポット
a0202860_09574448.jpg
クラッカーなどのスナック
a0202860_09580721.jpg
ここで軽くランチをいただきます。
a0202860_09582019.jpg

サラダもスープも美味しくて、お代りしちゃいました 101.png

程よくお腹も満たされ、のんびりしているうちに、搭乗時刻になりました。

まずは、パリへ向かいます。

a0202860_11380929.jpg


3 時間弱のフライトだから何も出ないだろうと思っていたら、
食事が出てきました。

a0202860_10024185.jpg

◆海老とパイナップルのグリル焼き
◆生ハム (ブレサオラ) とズッキーニーのミニバーガー
◆ヘーゼルナッツカスタードケーキ
◆パンナコッタ

a0202860_10030011.jpg
私はオレンジジュースで、夫は赤ワイン169.png

ミニバーガーは美味しかった~ 101.png

食べて一休みしてる間に、パリ=シャルル・ド・ゴール空港に到着しました。

a0202860_11385403.jpg


ここで羽田行きの便に乗り換えるのですが、待ち時間が約 4 時間半!

その気になれば、パリ市内へ繰り出すことも可能なんだろうけど
今のパリの状況 (テロ事件発生) などを考えて、ここはおとなしく空港内で過ごすことにします (^。^;)

搭乗チェックインのときにもらったクーポンでマカロン 3 個がもらえる、
というので、マカロンのお店へ。

a0202860_10114631.jpg
たくさんの種類のマカロンたちがお行儀よく並んでいます。

美しくて見とれてしまいますね~177.png
a0202860_10173959.jpg
ピスタチオ、チョコレート、カシスの 3 種類をいただきました。

美味しかったけど、かなり甘かった...105.png

空港内にはいろんなショップがあるけど
買い物をすることもないので、ラウンジで時間を潰すことにします。

ラウンジ内はすでにたくさんの人で埋まっていて、
空いてる席を見つけるのに一苦労...116.png

ようやく 2 人分の席を確保したので、飲み物をいただくことにします。

フードコーナーに行ったところ、飲み物よりも食べ物の方が充実している感じ...。


サラダコーナー
a0202860_10213927.jpg

オードブル系
a0202860_10215164.jpg
デザート類もいろいろとあります。
a0202860_10293582.jpg
お腹は全然空いてなかったので、何も食べる気はなかったけど
せっかくなので、チーズケーキだけでも食べてみることに...(^。^;)

そしたらね、このチーズケーキのナント美味なこと~!

お代りしたかったけど、さすがにもう入りません。

搭乗したらすぐに食事が出てくるでしょうし、ね。

でもね、これ↓を見たときは、ウウウっ、ど、どーしよう、食べたいかも...
って悩みました!

a0202860_10310532.jpg
まさか、こんなところでカップヌードルたちと出会うなんて~ 103.png

ずっと北欧料理ばかりだったこの一週間

ラーメンが食べたい! という思いが日に日に募ってきた私としては
今すぐにでも手を出したい...。

でもね、思いとどまりました。

お腹いっぱいだし、もうすぐ日本に帰るんだし、
そしたら本場の美味しいラーメンがフツーに食べられるわけだし...と
自分を強力に説得させたわけです...105.png

そんなこんなで過ごした 4 時間半。

ようやく搭乗することが出来ました。

帰りの便でいただいたアメニティポーチは白を基調としています。

a0202860_10512443.jpg
これもフランスらしい色使いで、おしゃれですね~。

離陸して、しばらくすると機内食がサーブされました。

まずは、おつまみのミックスナッツ

そしてオードブルプレート

◆海老のトンナートクリーム
◆セロリとりんごのレムラードソース
◆チーズ (プティシェブール、カンタル AOP)
◆グリーンサラダ
◆そして、なぜか味噌スープ


a0202860_10544556.jpg

トンナートは、ツナのことって知ってましたが、
レムラードソースとはなんぞや?

と、調べたところ、
フランス料理に使われるマヨネーズから派生したフランス料理に使われるソースとのこと。
マヨネーズにマスタード、ピクルス、ケイパー、ハーブなどを加えて作るんだそうです。

それってタルタルソースみたいな感じ?

よくわかりませんが、どれも美味しくいただきました。

メインは牛肉のかき揚げ カレーソース

a0202860_10551466.jpg

これはね、一口食べただけで強制終了させていただきました。140.png

牛肉がゴムのように固くて、噛み切れないし
期待していたカレーソースも、味が薄くて水のようでした。

残念~!

お皿を取りに来たフランス人の CA さんが
手付かずの私のお皿を見て、苦虫を潰したような顔をしたのが
印象的でした。

正直ですね、フランス人...(^。^;)

デザートは 4 種類です。

◆アプリコットとピスタチオのフィナンシェ
◆森のフルーツのコンポート
◆カレマンディアン (ナッツのチョコレートケーキ)
◆バニラアイスクリーム

a0202860_11044753.jpg

う~ん、これも、ほぼ残念な食感と風味で
いずれも完食ならず...135.png

エールフランス、どーした!って感じです...153.png

そして、羽田到着前に出された朝食はこちらです。

a0202860_11051727.jpg

◆ブリオッシュのフレンチトースト (ベシャメルソース)
◆キノコのソテー
◆トマト
◆フルーツの盛り合わせ
◆クロワッサン
◆オレンジジュース
◆コーヒー

クロワッサンは美味しかったです!
そこはハズす訳にはいかないよね、エールフランスさん 101.png

美味しいクロワッサンで締めることが出来てよかった~169.png

北欧旅行記、これにて完了です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

明日からはいつもの料理ブログに戻ります~169.png

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓


人気ブログランキングへ

[PR]