カテゴリ:映画・ドラマ・本( 49 )

2018 年もいよいよ今日で終わります。

新旧作含めて、今年もいろんな映画を観ましたが、

私の 2018年最後の投稿は、この作品を語ることで締めくくりたいと思います。

料理じゃなくて映画トピック...というのは愛嬌で...105.png


『ニュー・シネマ・パラダイス』1988年 イタリア映画


a0202860_12272129.jpg

あまりにも有名な作品なので、今さら語るのは、無粋かもしれません。

でも、何度観ても、いつ観ても感動で胸が震えます。




開け放たれた窓から心地よさそうな風が流れ、
真っ青な海をバックに美しい色のレモンが映し出されていくオープニング映像。


a0202860_12275166.jpg


これだけで、舞台がシチリアであることを雄弁に伝えてくれます。


そして、一本の電話から始まっていくストーリー。


一体どんな物語が展開していくんだろう、と
こちらの期待感を掻き立ててくれます。


現代に生きる主人公が、電話をきっかけに自分の幼かった頃へと、回想を始めます。

と、同時に、スクリーンのこちらにいる私も、その回想の旅へと誘われていくのです。


a0202860_12301991.jpg


戦争に行ったきり戻ってこない父親。


主人公の男の子トトは、情緒不安定な母親と幼い妹の3人暮らし。


a0202860_12383509.jpg


そんなトトを大きな愛で包んで接してくれた映画技師アルフレード


a0202860_12390151.jpg



キスシーンが削除された数々の映画

a0202860_12352980.jpg


それを嘆く村の人々

それでも映画を楽しみにやって来るみんなの笑顔


a0202860_12410803.jpg


当時のフィルム映画の状況

a0202860_12453868.jpg


美しいエレナとの初恋


a0202860_12460891.jpg


何度も観ているにもかかわらず、どのシーンを切り取っても
甘く切ない気持ちになります。


そして、大人になって、ローマへと向かうサルヴァトーレ (トト) に送るアルフレードの言葉。


「ここにいてはいけない。外に出て自分の道を探すんだ。
そして、ここに帰ってくるな。手紙も出すな」

「人生はお前が観てきた映画とは違う、もっと困難なものだ」


サルヴァトーレの肩を強く揺さぶりながら、力強く主張するアルフレード。


a0202860_12464811.png


この村でしか生きてこなかったアルフレードだからこそ、
そして、トトを愛するがゆえの説得力のある言葉です。


「人生とは」「家族とは」「故郷とは」
そんな思いを詰め込んだシーンは、観るたびに息を呑んでしまいます。


ラストで、

アルフレードが残してくれた映像を観ているときのサルヴァトーレの表情が素晴らしい。


何度観ても、このシーンで涙があふれてきます。


a0202860_12480671.jpg


そして、この映画の大きなもう一つの魅力が音楽です。


映画のエッセンスを最大に引き出して、

演出してくれるモリコーネの音楽。169.png


このメロディーを聞くだけで、

私の涙腺は簡単に崩壊します。145.png145.png145.png





映画愛がぎっしりと詰まったこの映画169.png


永遠の名作ですね。162.png162.png162.png


皆様、良いお年をお迎えください。


読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

[PR]
by keiko-cako | 2018-12-31 12:57 | 映画・ドラマ・本 | Trackback | Comments(2)

『グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~』2014年 アメリカ映画

a0202860_09470875.jpg

リース・ウィザースプーン主演ということ以外の予備情報一切なしで観ました。

リース・ウィザースプーンだから楽しそう~と、ライトな気持ちで観始めたのですが、
いやいやいや....観始めてものの数十分で、こりゃ、深いテーマだぞ...と、
観ている途中で思わず姿勢を正してしまいました(笑)

スーダン内戦で難民となり、命がけで生き延びてアメリカに移住してきた若者たちと、
彼らに仕事を斡旋する職業サポートのリース・ウィザースプーンとの交流を描いています。

実話ベースです。

トレイラーはこちら。




前半はスーダンから逃れてケニアを目指して、
1000 キロも歩いて移動する若者たちの話なのですが、
これが実に凄まじいのです。

日本人からはとても想像もできないような現実が、
彼らには日常として起きていることがとても衝撃的でした。

a0202860_09482505.jpeg

粗悪な状況の中で、彼らの目的は「生きる」こと。

生きるには水分が必要、食料が必要。
でも、それさえもアフリカの荒野では手に入れることが困難。

でも彼らはいろんな知恵を絞って、生き延びていきます。

a0202860_10061495.jpg


う~ん...150.png
そ、そこまでやるのか....と、もう言葉が出ない衝撃的なシーンも。140.png

でもね、こんなに恐ろしくひどい目に遭ってきた彼らだけど、
心がとても純粋で清らかです。173.png

アメリカという文明大国にやって来て、見るもの触るものの殆どが初めてのものばかり。

部屋には電気が付いていて、
電話が鳴っても、それが何なのかも知らないし、冷蔵庫も使い方がわからない。


a0202860_10014698.jpg

嘘はいけないこと、と固く信じている彼らは、
アメリカで生活していく中で、いろんな嘘や欺瞞に触れていきます。

そして、この映画のもう一つの見どころは、
リース・ウィザースプーン演じる女性が彼らから受ける影響、変化が後半で活きていて、
それはこの重いテーマである映画の一筋の光にもなっていることです。

タイトルとなっている「グッドライ - 優しい嘘」

それは最後でわかります。

ああ、そうだね、こんなに愛にあふれる嘘もあるんだね...と胸が詰まりました。

ちなみに、出演しているアフリカの少年たちは、実際のスーダン難民だったそうです。

ピザを初めて食べるシーンでの彼らの笑顔は素敵です。

a0202860_09483528.jpg


アメリカの文明社会で過ぎていく日々の中、
彼らが牛に触れたい、という気持ちはとても自然だったんだと思います。

a0202860_10024820.jpg

動物がそばにいて、一緒に生活することは、
彼らにとってごくごく当たり前の日常なのでしょうね。

恥ずかしながら、この映画でスーダン内線のこと、
スーダンの人たちがどんな状況にあったのか、ということを知りました。

こういう映画は小中学校でも上映して、子どもたちにも観てほしいなぁ、
と思います。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

今日の天使からのメッセージはこちら⇩


天使からのメッセージ
[PR]
by keiko-cako | 2018-12-14 10:28 | 映画・ドラマ・本 | Trackback | Comments(0)

『カメラを止めるな!』

今、巷で話題沸騰中の映画『カメラを止めるな!』を観てきました。

a0202860_16535696.png

どういうストーリーかというと...
映画制作チームが山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影しているうちに
本物のゾンビが出てきて...云々カンヌン...
という内容なのですけどね...105.png


そもそも私は、ホラー、ゾンビ、血しぶき、スプラッターなどは
大の苦手なので、この映画、ハナっから観る気なぞありませんでした。

ただ、この映画、低予算のインディペンデント映画で、公開も当初はたったの2館での上映だったのですが、
あまりの面白さに、じわじわと口コミで拡がり、今や全国レベルのメジャーシアターで上映されるまでに成長したのです。

そこんとこが、私の琴線に触れて、うーん、これは観たいかも...と思い始めたところ
映画仲間たちからも、これはもう最高に面白い!観なきゃ損!
という評判がちらほら来るようになり、

うーむ、どうなのよ...どうするよ、私...116.png117.png
...と、1 ミリ程度の逡巡を経て、昨日、ついに鑑賞してきた、というわけです。

でね、結論から言うとですね...

これはね、観て大正解!でした~。106.png106.png106.png

a0202860_16540932.jpg


で、何がどう面白いのかをここに書きたいのですが、
どんなシーンを語ってもネタバレになるのです....。

a0202860_16543654.jpg

それゆえ、多くは話せない...というか、何も話せないのですが、
とにかく、これは観た方がいいよ!とだけは声を大にして言いたい~。101.png

大型シアターでの鑑賞だったのですが、客席はほぼ満席。

終了後もみんな、満足感たっぷりの表情で、

いやぁ、面白かった~
何あれ~、まさか、ああなるとはねぇ~

などと、満足げな感想もあちこちから耳に入ってきて

うんうん、そうだよね、そうだよね、面白かったよねぇ!
と、映画の醍醐味を思う存分味うことができた私も、
同じ思いを共有しながら映画館を出たのでした。

低予算のインディペンデント映画ゆえ、メジャーな俳優女優は誰一人出ていませんが、
個性的で味のある演者さんたちが何人もいました。

中でも、「しゅはまはるみ」さんという女優さん、とても魅力的でした~101.png


a0202860_16562769.jpg


板谷由夏サンと鈴木京香サンを足して 2 で割ったような感じかな。

実はこの「しゅはまはるみ」さん、昔の TBC エステの CM に出ていたそうです。

あの、ナオミよ~、の CM(笑) 、懐かしい~169.png

ビフォアのナオミ役ですね。





この映画を観たら、猛暑も吹き飛んで行くのは間違いなし!

最高の映画です!

ただし、できるだけ予備情報を入れずに観ること、
そして、必ず最後の最後まで観ることをオススメします~104.png


読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング



[PR]
by keiko-cako | 2018-08-06 17:13 | 映画・ドラマ・本 | Trackback | Comments(0)

人を好きになるって素敵なことです。162.png101.png

その人のことを考えるだけで心がときめくし、
その人のことをひたすら思い続け、その人の幸せを願う。

そんな気持ちは純粋以外の何物でもない。169.png177.png178.png

そしてそんな気持ちを抱く対象に、制限や規制は不要なのよね....。

そんな当たり前のことを、改めてそう思わせてくれた映画とドラマがあります。

映画『ラビング 愛という名前のふたり』と
ドラマ『おっさんずラブ』です。

『ラビング...』は、1950年代のアメリカバージニア州を舞台に、
当時、異人種間の結婚が違法であったことに毅然と立ち向かった
白人男性と黒人女性の夫婦のストーリーです。

a0202860_09390556.jpg


夫は妻を心から愛し、妻も夫を誰よりも尊敬し、
お互いを唯一無二の存在として必要としているのに、
理不尽な法律が 2 人を困難に陥れ続けます。

ワシントン州で正式に結婚を届け出て結婚証明書まで発行してもらったのに
自分たちの故郷、バージニア州では異人種間の結婚は違法であったため (当時)
2人は逮捕されてしまいます。

a0202860_09402916.jpg

結婚しただけなのに、しかも正式に届け出もしたのに逮捕されるなんて...
到底考えられないことが、当然のこととして起きていたわけですね、当時は...。

この映画は、そんな非人間的な法律と戦い続けてきた実在のラビング夫妻の
25 年間を描いています。

こちらが実際のラビングご夫妻

a0202860_09451796.jpg

2人が受け続けた差別や困難は、あまりにも理不尽なので
映画を観ていて苦しくなりますが、そんな中でも、
夫が妻へ贈リ続ける「愛」の深さに心が震えます。

a0202860_09512708.jpg


エンドロールで実際のご夫婦のある写真が出てくるのですが、
その写真のエピソードが映画のストーリー内に組み込まれていたので、
スクリーンに出てきた途端、涙腺崩壊でした。145.png145.png145.png

a0202860_09505789.jpg


マイケル・シャノンがチョイ役で出ていますが、とってもいいシーンになっています。

a0202860_09494885.jpg

マイケル・シャノンは好きな俳優なので、これはいいキャスティングだーと
一人ほくそ笑んでしまいました...106.png


愛は人を選ばない。

ただ、その人を好きになって、そこに愛が生まれるだけ。

相手が白人だろうが有色人種だろうが、関係ない。

そんな当たり前のことをこの映画は改めて優しく静かに教えてくれます。

そして、人種だけでなく性別をも乗り越えて「人を好きになることとは...」とか「好きという感情とは...」
などを教えてくれたのが、先日最終回を迎えたドラマ『おっさんずラブ』です。

a0202860_10172152.jpg

公式サイトはここです。


このドラマは同性同士の恋愛を扱ってはいるものの、LGBT を全面に打ち出すことなく、
人が人を好きになっていく過程や気持ちを、嫌味なくごくごく自然に、
そして、かなりコミカルに描いているところが
従来の LGBT をテーマにした映画やドラマと大きく異なっています。

a0202860_10191733.jpg



このドラマが素晴らしいのは、男性同士の恋愛という部分にフォーカスするのではなく、
あくまで「人を好きになる気持ち」を中心に展開しているところです。

人を好きになるのに人種はもちろん、性別さえも関係ないんだなぁ...と改めて強く思いました。

いや、関係あるだろ、それ、ふつーは...

という声が世間では大半かもしれません。
実際、このドラマの主人公である春田 (田中圭) も、物語の最初でそう語っています。

でも、物語の進行と同時に、人を思う気持ちの深さがいろんな形で表現されて
その中で春田の気持ちや考え方も、変わっていきます。

その変化の仕方がとてもナチュラルで、不自然さを感じる部分がないのが
このドラマの秀逸な点なんですね~。

主役の田中圭さんって、こんなに演技が上手だったんだ~って
正直びっくり 101.png

大した期待もせず観始めたドラマだったけど、一回目からドッぶりとのめり込めたのは
田中圭さんの規格外の演技力、そしてテンポ良い演出と、
絶妙なセリフがポンポン飛び出てくる脚本が作り出した魅力が
予想以上に響いたからですね~。

a0202860_10191192.jpg


吉田鋼太郎さんの乙女ぶり、林遣都さんの繊細な演技に毎回、ドキドキしていました。

この映画とドラマから伝わってきたのは、
人を好きになる気持ちは純粋なものであり、理屈で説明できるものでもなく、
その気持は誰にも止められないし、
ましてや法律などで規制や制限されるものでもない...ということです。101.png162.png177.png


a0202860_18423968.jpg


改めてその真理に気が付かされた気がします。

こうやって映画やドラマが伝えてくれるメッセージが
少しずつでもいいから、社会に浸透してくれるといいな...と思います。

(あ、でも不倫はダメ、絶対!) 144.png



読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

[PR]
by keiko-cako | 2018-06-24 19:29 | 映画・ドラマ・本 | Trackback | Comments(0)

4 月に観た映画の話なので、タイミングがずれずれですが...。105.png

とても素敵な映画だし、まだまだ上映中だし、
多くの方に観てほしいな~という思いも込めて書いております (忘備録兼用) 101.png

インド大好き友人に薦められて、ソッコーで映画館に観に行った映画です!


a0202860_09534589.jpg





今まで観たインド映画にあまりハズレはなかったので
それなりに楽しめるとは思っていましたが、
いやいやいや、予想以上の面白さ大爆発でした~!

きっと、うまくいく」とか「PK」などで個性的な演技を見せてくれた
インド映画の大スター、アーミル・カーン主演です。


a0202860_09584871.jpg



上の写真と比べてみてもわかるように、この映画のために彼は体重を 27 Kg も増やしてます。

a0202860_10193385.jpg


アーミル・カーンがこの映画で演じているのは、レスリング選手としての夢をあきらめた男です。

自分の息子にその夢を託そうと期待しますが、生まれてくるのは娘ばかり。
彼も周りの人たちもがっかり....。

インドでは女性の存在価値が低いことに加え、
娘が生まれても、いずれは持参金を付けてお嫁に出すことになってお金ばかりがかかるから喜ばれない、
などの背景があるそうです... (解説 by インド大好き友人)

悲しいね...143.png140.png145.png

でも、この娘たちが男子を打ち負かすほど強い!!

a0202860_10140049.jpg


そこで、父親が思いついたのは、この娘たちを一流のレスリング選手に育てること!

これ、実話というところがまた興味深いです!

この父と娘たちのトレーニングの様子やインドの生活事情などが、コミカルにリズミカルに描かれています。

a0202860_10134169.jpg


140 分という長さですが、インド映画お得意の音楽をシーンのあちこちに巧みに取り入れていて、
ミョーにくせになるメロディーとキャッチーな歌詞に、見事にハマってしまい
1 ミリたりとも退屈さを感じさせない仕上がりになっています。

a0202860_10135085.jpg


インド映画って、どうしてこんなに面白いんでしょう~!106.png106.png106.png

インド映画 = 長い! は、もうほぼ常識になっているけど、
その長さをまったく感じさせない手法はお見事です。

映画館の観客席はほぼ満席、鑑賞中もあちこちから笑い声が聞こえてきたり、
あの独特の音楽が始まると、それに合わせて体を揺らしたりして
楽しんでいる人も決して少なくありませんでした(笑)

「ダンガル♪ダンガル♪」と歌詞がリピートされる主題歌がエンドロールで流れるのですが、
これがまたミョーに耳にいつまでも残って、それもまたこの映画の大きな魅力になっています。

観てよかった~!

先日もインド映画『バーフバリ 王の凱旋』を観ましたが、これも最高に、スーパー面白かった~!!!!!

a0202860_10344050.jpg





141 分という長編大作ですが、アッという間よ~、
アッ、何、これ、面白い~っと思ったらもうエンディングを迎える...
というぐらい、バーフバリの世界に引き込まれちゃいます。

スケールのデカさは規格外!

小道具はどれも豪華絢爛、派手さも突き抜けてる!

演出もカメラワークも想像を超えてて、頭が追いつかない!

ありえない発想によるシーンが、打ち上げ花火のように次から次へと舞い降りてきます。

なんでしょね、これ...
観客の要望をすべて満たしたエンタテインメントってやつでしょうか...。

ブラボー! インド映画...という世界にハマってしまいました。

果たして次のインド映画は...?
楽しみです。101.png169.png

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング


[PR]
by keiko-cako | 2018-06-11 10:40 | 映画・ドラマ・本 | Trackback | Comments(0)

ヴィヴィアン・リーの話をしましょう。

皆さんが一番最初に好きになった俳優、女優はどなたですか?

私は、映画好きだった母の影響で、物心ついた頃からいろんな映画を観てましたが、
「風と共に去りぬ」のヴィヴィアン・リーを最初に観たときに、胸がときめいたのを覚えています。


a0202860_19492772.jpg

なんて美しい人なんだろうって。

小学2年生ぐらいの頃かなぁ。

テレビで観たのですが、子供のくせにあんな長編を飽きもせず、
ずっとテレビの前で体操座りをして観てました(笑)

以来、ずっとヴィヴィアン・リーが好きで、中学生になってからは、
映画館で「風と共に去りぬ」が上映されるたびに観に行ってました。

a0202860_19563753.jpg


222 分、3時間42分という長編、しかも前編と後編の間に休憩も入るので
一回観るだけで半日が終わります。

当時の映画館は今みたいな入れ替え制じゃなかったので
朝、映画館に入って、2 回続けて観て映画館を出たら、
外はもう夕方だった...という感じでした。105.png

ヒロインのスカーレット・オハラは、自尊心が高く自信にあふれていて、ワガママで高慢な女性。

友だちには決してなりたくないタイプなんだけど
どんな困難が来ても決してくじけず、大地に足をつけて歩き続けるたくましさと強さは
子供心にも強く響いてきて、憧れたものでした。

大人になってから「風と共に去りぬ」の原作も読みましたが、
まさにヴィヴィアン・リーはスカーレット・オハラそのものだと思いました。

そして、この「哀愁」です。

a0202860_20015967.jpg

これは、第 2 次世界大戦中に運命的な出会いをする男女の悲恋物語です。

ヒロインのバレリーナを演じるヴィヴィアン・リーは、華奢で可憐で、現実離れをしているかのような美しさです。

a0202860_20023121.gif

現実の中で自分を信じて力強く生き抜くスカーレット・オハラとは全く別の美しさで、
特に横顔の美しさはため息が出るほど可憐です。

a0202860_20031945.jpg

あのスカーレット・オハラを演じた同じ女優とは思えない程
全く別の女性になっている...
それはまさしく、悲恋のヒロインを見事に表現している美しさなのですね。

相手役のロバート・テイラーも端正な顔立ちと渋い声で、まさに美男美女の図。

a0202860_20053709.jpg


2人の繊細な演技力で、この映画のテーマを私たちに伝えてくれます。

人を想い続ける純粋な気持ち、「戦争」によって運命を狂わされてしまう人生。

いわゆる「悲恋」もので、ストーリーは想定内なのですが、
この映画の素晴らしいところは、いろんな場面の解釈を観客側の想像力に委ねていて、
それがこの映画の品性を生み出していることだと思います。

いわゆる「性的な出来事」についても、
昨今の映画のように映像でそのままストレートに表現するのではなく、
俳優女優の表情や間接的なセリフとシーン (場面) によって表現しています。

オブラートに包まれた演技と演出でも、何が起きたのか、
その時どんな気持ちだったのか...ということを、
あえて映像表現しなくても、観ている側には十分に伝わってきます。

このような演出は、当時の映画事情とか時代的常識によるものかも知れません。

これを「古い」とか「物足りない」という人もいるでしょう。

でも、私は逆に、これこそが演出の力なのだと思います。

1940年製作なので、もう70年以上も前の作品ですが
この映画が伝えてくれる美しさと哀しみは、全く古さを感じさせません。

a0202860_20063419.jpg

「哀愁」という邦題も素晴らしい。

今だったら、原題の「Waterloo Bridge」をそのまま「ウォーターブリッジで」とかってやっちゃう感じかなぁ...109.png

ヴィヴィアン・リー演じるヒロインのあまりに純粋すぎる心に胸が痛くなり、涙が流れます。


蛇足ですが、映画の中で出てくるお守りがビリケンだったのは、チョイビックリ!

a0202860_20091584.jpg


ビリケンって大阪のものだと思っていたけど違うんですね...(笑)

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング


[PR]
by keiko-cako | 2018-04-21 20:12 | 映画・ドラマ・本 | Trackback | Comments(0)

『日の名残り』

『日の名残り』1993年 イギリス映画

a0202860_08320334.jpg

去年、ノーベル賞文学賞を受賞した作家カズオ・イシグロ氏の小説「日の名残り」を原作とした映画です。

実は、カズオ・イシグロ原作本ということ以外の予備知識ゼロで見たのですが、
観終わった後の気持ちは、とても複雑でした。

と言っても、そこに悪い意味は含みません。

結論から言えば、とても感動したし、とても好きな映画となりました。

観終わった後に、ジワジワと感動が静かに押し寄せてきて、
それは時間が経つにつれて大きくなるほどでした。

複雑な気持ちになったのは、この映画から伝わってくるものが、あまりにも繊細で切なくて、
それを言葉で表現するのがおこがましいような気持ちになり、
どうやってこの映画への想いを整理したらいいのだろう...と戸惑ったからだと思います。

第一次世界大戦後のイギリスを背景に、
イギリス政界の名士ダーリントン卿に忠実に仕える執事スティーブンスをアンソニー・ホプキンスが、
そして彼の下で働く女中頭ミス‥ケントンをエマ・トンプソンが演じています。

人は誰でも「公の場での自分」と「プライベートの自分」を持っていて、
それを TPO に合わせて使い分けていると思いますが、
スティーブンスにはそれがうまく機能していないようです。

どんな場面でも決して「私」「個」としての自分の気持ちを口にしない、人に見せない。

愛しい気持ちを抱く女性に対しても、そこは頑なです。

a0202860_08352178.jpg

それがスティーブンスが言うところの「一流の執事」ということなのかもしれませんが...

でもね、切なすぎる、そんな、そこまで自分を抑え込まなくても...と胸が痛くなります。

「一流の執事」「執事としての品格」にこだわるスティーブンスの人生観、生き様が
アンソニー・ホプキンスの繊細で丁寧な演技によって立体的に伝わってきて、
大変味わい深い作品になっています。

観終わってからすぐに原作本を読みました。

独特の世界観にあふれるこの本を、
上映時間 2 時間強という制限の中で可能な限りほぼ忠実に映像化していることが改めてわかりました。

あとね、翻訳が素晴らしい!

実は先日、一時帰国した息子に頼んで英語版も買ってきてもらったのですが
この英語をあんなに美しい日本語に生まれ変わらせた翻訳者の土屋政雄さんの手腕は
本当に素晴らしいです!

a0202860_11201476.jpg



「執事」という職業は英国にしかない。

これは原作にも書かれている一文ですが、この映画もそれを十分に伝えていると感じました。

スティーブンスが生きた時代の特殊性 - 第一次世界大戦後のヨーロッパ各国の在り方、ナチスドイツ台頭への対応などが背景として描かれているので、
その部分も「なるほど~、そういう動きがあったのか...」と、勉強になります。

a0202860_09332882.jpg
現在公開中の映画『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」も先日観ましたが、
内容がリンクしている部分もあるので、そこも興味深いところです。

若い頃のヒュー・グラントやクリストファー・リーヴもいいシーンを作っています。

a0202860_08354165.jpg



特に、後半でスティーブンスに「執事」としてではなく、「人間」としてどうなのだ?
と詰め寄るヒュー様とのシーンは、静かながらも緊迫感があり、見応えがあります。

a0202860_08354942.jpg

そして、物語の後半でこのタイトルの意味がジワジワと染み入ってきて
何とも切なくなります。154.png

バス停でのスティーブンスとミス・ケントンのシーンは切なくて美しい。

a0202860_09304606.jpg

観るたびに味わい深くなって、ジュワ~っと心に入ってくる名作です。

カズオ・イシグロ文学は「わたしを離さないで」も読みましたが、
彼の作品には根底に人を優しく見つめる空気が流れていますね。

テーマは重いけど、それが読み終わった後の心地よさになるのかな...。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング


[PR]
by keiko-cako | 2018-04-10 11:24 | 映画・ドラマ・本 | Trackback | Comments(0)

『魔女の宅急便』

先日、作家の角野栄子さんが国際アンデルセン賞を受賞されました。

角野さんと言えば『魔女の宅急便』

1989年にジブリが描いたキキの世界は、今でも新鮮で観るたびにときめきます。
(ジブリ マイベスト3 に入ってる! 106.png )

a0202860_08510841.jpg




13歳のキキが新しい世界に飛び込んで自立していく姿は
大人の私が見ても学ぶところがいろいろあります。

a0202860_08512646.jpg


初めてこの作品を観たとき、
魔女って13歳で親元を離れて独り立ちしなくちゃいけないのかー。
人間よりも厳しいんだなぁ...なんて思ったけど、
実際、キキが置かれている状況は大変だと思うのです。

☆ 新しい環境での期待と不安
☆ 知らない人たちとのコミュニケーション
☆ 生活するために自分の特技 (仕事) を確立させなければならない
☆ 思うように前に進むことができないもどかしさ
☆ 挫折、スランプ...

でも、相棒のジジと一緒に「今」を一生懸命に生きようと前に進むキキに
いつの間にか周りの人たちとの繋がりができて、やがてそれは友情となり、親愛へと変わっていきます。

a0202860_08515856.jpg


いろいろあるけど、自分は一人じゃない、みんなに助けられている、支えられている
私、もう少し頑張ってみよう...。

a0202860_08514295.jpg

a0202860_09462389.jpg

魔女にもスランプってあるんだ...って、ちょっと驚いたけど(笑)
キキのひたむきな姿勢がとても身近に感じられます。


私も、ちょっと元気が足りなくなってきたなぁ...と思うとき
これを見てキキエネルギーをもらってます(笑)


a0202860_08521910.jpg


キキが住む街並みの美しさやグーチョキパン屋も、この映画の見所の一つですね。

a0202860_08511753.jpg


a0202860_08504989.jpg

ここは、「魔女の宅急便」の舞台となった街と言われています。

うーん、でもね、なんかあんまりピンとこなかったのよね...(^^;)

確かに雰囲気は似ているけど、ちょっと、いや、かなり違うような気がしました。

実際、この作品の舞台となった場所は、ガムラスタン以外にも
同じくスウェーデンのゴットランド島のヴィスビューという街とか
クロアチアのドブロブニクとか
ポルトガルの第二の都市ポルトとかって
いくつも言われています。

それらの街のイメージを融合させたのが、キキが住む街なのでしょうね。

うちの子供たちは、物心がつくかつかないかくらいの幼いときから
この映画を何度も何度も観てきました。

娘も息子も成人して、今は海外で生活をしていますが
キキの物語は今でも2人に元気を与えてくれているようです。

キキはこの街の人たちだけでなく、
この作品を通して世界のあちこちに元気を運んでくれてるんだなぁって思います。

a0202860_08520996.jpg

a0202860_08505960.jpg


原作はキキがお母さんになるところまであるんですね。

そういえば、子供の頃「小さい魔女」という童話が好きで
本がボロボロになるまで繰り返し読んでたなぁ。

a0202860_09161945.jpg


大人になってから読む童話も楽しそうです。

キキの物語、今度じっくり読んでみようっと。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング



[PR]
by keiko-cako | 2018-04-05 09:17 | 映画・ドラマ・本 | Trackback | Comments(0)

2013年制作のアメリカ映画です。
a0202860_09095459.jpg

↑のメンバー勢揃いの画像を見ているだけで、
クックックッ...と、不遜な笑いが飛び出してきちゃいます106.png

とにかく、素直に、単純に、ハチャメチャに、実に実に、面白い映画です。

トレイラーはこちら


実話ベースという要素も作品に説得力を持たせていて、それも大変興味深いのですが、
それ以上にこの映画を盛り上げているのは、やっぱり俳優陣の演技力の高さだと思います。

詐欺師クリスチャン・ベール
その愛人役のエイミー・アダムス
FBI 捜査官のブラッドリー・クーパー

この 3 人の会話が相手を畳み掛けるように、リズミカルかつ早口で繰り広げられ、
それがとても心地いい。

a0202860_09150552.jpg

スクリーンの中で繰り広げられている高度な演技合戦です!
それを観ているだけでもアドレナリン放出して、テンションアップします(笑)

クリスチャン・ベールなんて、この役のために体重増加して、こんなでっぷりオヤヂになってます。
a0202860_10271914.jpg
彼は演じる役によって体重を増減させている俳優としても有名ですが、
一体どの体型がホントのクリスチャン・ベールなのかがもうわからないくらい、
一つの人生でいろんな体になっている俳優魂の濃い英国紳士です。
a0202860_10390496.jpg
そして、何より目が奪われるのは、
クリスチャン・ベールの妻役のジェニファー・ローレンス!
a0202860_09505281.jpg

もう完全にぶっ飛んでます!(笑)

a0202860_09511530.jpg
ハチャメチャに下品でお馬鹿な女性をここまで見事に演じている彼女は
この若さでありながら、「大女優」と呼ばれても誰も文句言えないんじゃないか、
とさえ思えるほどの、ハマりぶりです177.png177.png177.png

a0202860_10131644.jpg

この役を演じていた彼女はこの時、23歳。
23歳にしてこの貫禄、この図太さ、この迫力を出せるなんて、恐るべしジェニファー!

中でも、彼女が怒りに任せながら掃除をするシーン
「007 死ぬのは奴らだ」の Live And Let Die が流れているだけで、
セリフが一切ありませんが、もう飛び抜けて面白い!
a0202860_10584520.jpg



映画は観なくてもいいから、このシーンだけでも観て!(笑)
と言いたいぐらい、このシーンは見ものです。

市長役のジェレミー・レナーも、こんな髪型になって(笑)
こんなキャラをやってますが、それがまた、いい味を出している...104.png
a0202860_10172754.jpg


シーンのすべてが楽しめて、最後の展開 (オチ) も、なるほど~、そうきたか~って。

これぞ、観客を完全に楽しませてくれる娯楽映画!
まさにエンターテイメント !!! 169.png177.png177.png177.png169.png

気分が落ち込んでいるとき、ストレスフルでむしゃくしゃしているときなどに
観ると、スカーッとします!

決してコメディじゃないし、どっちかっていうとスリリング?シリアス?
って言う感じだけど、なんでこんなに楽しいんだろう(笑)

ラッセル監督、ありがとう~って気持ちです。102.png173.png

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

スカパー!


[PR]
by keiko-cako | 2018-02-27 10:23 | 映画・ドラマ・本 | Trackback | Comments(0)

最近、ドイツ映画を観ることが多いな...なんでだろ~154.png

ま、それはさておき...

『グッバイ、レーニン!』です。

2003年公開のドイツ映画です。

a0202860_14414894.jpg

ベルリンの壁が崩壊した後の東ドイツを舞台としていますが
コメディーチックに描かれているせいか、重い雰囲気や悲惨な空気はまったくありません。






主人公のアレックスは、東ドイツのベルリンに住んでいるけれど、西側に傾倒している。

アレックスの母親は、東ドイツを愛してやまない熱烈な社会主義者。

アレックスが西側主義のデモに参加したことを知った母親は、
ショックのあまり心臓発作を起こして昏睡状態へ...。

母親が昏睡状態の間にベルリンの壁が崩壊。

そんな母親が奇跡的に目を覚まし、意識が回復。

a0202860_14481106.jpg
母親の意識が戻ってくれてアレックスはウレシイんだけど、困ったことが。

ベルリンの壁崩壊により、東ドイツはすっかり資本主義となり西側文化に染まっている。

街にはマクドナルドやコカコーラの看板が派手に立ち並び、至る所が華やかでカラフルな西側文化に様変わりしており、東の面影がすっかり消えてしまっている...。

a0202860_14533255.jpg
東を愛していた母親がこれを見たら、きっとあまりのショックでまた心臓発作を起こしてしまうかもしれない...

それは避けたい~!



ということで、アレックスの小細工による偽造ワールドが始まります。

母親が好きだった東ドイツ時代のピクルス

でもそんなもの、もうどこにも売ってない...
あるのは西ドイツブランドのピクルスばかり

アレックスは、骨董品のようになっていた東ドイツブランドのピクルスのラベルを剥がして
西側ブランドのピクルスの瓶に貼り直して、母親に食べさせたり...150.png

a0202860_14481932.jpg


テレビ番組はすべて西側の番組ばかり。

アレックスは友人たちに協力を求めて、東ドイツの情報ばかりを流すエセ番組をビデオにして、それを自宅のTV で流したり...150.png150.png

a0202860_14533915.jpg


母親に目隠しをして郊外に連れ出したり...150.png150.png150.png

a0202860_14482690.jpg


そんなアレックスの行動は、
えー、そこまでやるの~、ちょっとやり過ぎでは...? 149.png

と、見ていてちょっとアホらしくなるのですが、
すべては母を驚かせたくない、という気持ちからなので、
見ているこちらとしても複雑な気持ちです。

偽造ワールドの中で生活する母親と、それを作り上げているアレックスはどうなっていくのか...

この映画のその後の展開は私の想定外でしたが、
ドイツの東西統一の裏では、実際にこんなこともあったのかもしれない...と思わせてくれて、
とても興味深い内容になっています。

アレックスを演じているのは、ダニエル・ブリュール。

a0202860_14483281.jpg


渋くて骨太な役が多い彼が、こんなに若くて繊細な役をやっていて、
ちょっとお得感があります (彼の映画デビュー作?)。

観終わった後は、切なくなって、なんか不思議な気持ちになります。

ある意味とてもユニークな映画なのかも...146.png

オススメの一作です。

↓ 読んだよ~の印に、ポチッとクリック☆ お願いします~ (^^) ↓



人気ブログランキング


スカパー!


[PR]
by keiko-cako | 2018-02-19 15:01 | 映画・ドラマ・本 | Trackback | Comments(0)