先日、鎌倉のレンバイ (野菜直売所) で菜の花プチヴェールを見つけました。

ホントは、カフェ「プリマヴェーラ」で食べた紅菜苔が欲しくて行ったのですが
時遅し! で、すでにシーズンオフになってしまっていました...(^^;)

その代わり...というわけじゃないけど、可愛らしい菜の花プチヴェールが目に入ったので
迷わずゲット。

その隣りにいたカブも、とっても肌がつやつやしててキレイだったのでゲット!

わさび菜はデフォルトでゲットです(笑)

a0202860_09083972.jpg

新鮮な鯵 (あじ) も手に入ったので、バターソテーにしようかな。

ということで、早速、調理スタート!

まず、鯵に軽く塩こしょうをして...

a0202860_09113196.jpg

オリーブオイルを振りかけて、みじん切りにしたイタリアンパセリもまぶします。

a0202860_09114202.jpg

a0202860_09115210.jpg

フライパンにオリーブオイルを熱して、にんにくのみじん切りを炒めます。
香りが出てきたら、鯵を皮を下にして入れて焼きます。
a0202860_09121398.jpg


皮がある程度パリッと焼けたら、裏返して身の方も焼きますよ~。

a0202860_09120419.jpg

両面がある程度焼けたら、再度、皮を下にして、バターを入れます。

小さめの蓋でぎゅーっと押さえつけるようにして、皮をパリパリっと焼き上げます。

a0202860_09122930.jpg

これで、出来上がり~。

で、プチヴェール...178.png

オリーブオイルを熱したフライパンに入れて、

a0202860_09123984.jpg
塩、こしょう、たかの爪を入れて、サッと炒めます。

a0202860_09125131.jpg

カブは薄切りにして、りんご甘酢にしばらく浸します。
(知人からいただいた「千代の一番」のりんご甘酢、お手軽にいろんなものが作れて便利です!)

a0202860_09130498.jpg

お皿に盛り付けて、ハイ、出来上がり~。

a0202860_09131492.jpg

パリパリに焼き上がった鯵は、バターとガーリックの風味が効いてます。

プチヴェールは程よい硬さが残ってて、うん、美味しいね~。

カブはほんのりとした酸味と甘味で、さっぱりとしてて良い組み合わせです。

夫も一口食べて「お、こりゃいける!」と
お酒を片手にパクついてました。101.png

皮をパリッと焼いたお魚、美味しいですよね~。

塩鮭もパリッと焼かれた皮が美味しいし...。

でもね、昔、塩鮭の皮って美味しいよね、って言ったら
「え~、気持ち悪い~」といった人がいましたが、
コレも人それぞれの好みなのでしょうね。

私は好きだけどね~106.png

そのまま食べてもいいけど、お茶漬けで食べても最高です~!

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング

[PR]
先日、作家の角野栄子さんが国際アンデルセン賞を受賞されました。

角野さんと言えば『魔女の宅急便』

1989年にジブリが描いたキキの世界は、今でも新鮮で観るたびにときめきます。
(ジブリ マイベスト3 に入ってる! 106.png )

a0202860_08510841.jpg




13歳のキキが新しい世界に飛び込んで自立していく姿は
大人の私が見ても学ぶところがいろいろあります。

a0202860_08512646.jpg


初めてこの作品を観たとき、
魔女って13歳で親元を離れて独り立ちしなくちゃいけないのかー。
人間よりも厳しいんだなぁ...なんて思ったけど、
実際、キキが置かれている状況は大変だと思うのです。

☆ 新しい環境での期待と不安
☆ 知らない人たちとのコミュニケーション
☆ 生活するために自分の特技 (仕事) を確立させなければならない
☆ 思うように前に進むことができないもどかしさ
☆ 挫折、スランプ...

でも、相棒のジジと一緒に「今」を一生懸命に生きようと前に進むキキに
いつの間にか周りの人たちとの繋がりができて、やがてそれは友情となり、親愛へと変わっていきます。

a0202860_08515856.jpg


いろいろあるけど、自分は一人じゃない、みんなに助けられている、支えられている
私、もう少し頑張ってみよう...。

a0202860_08514295.jpg

a0202860_09462389.jpg

魔女にもスランプってあるんだ...って、ちょっと驚いたけど(笑)
キキのひたむきな姿勢がとても身近に感じられます。


私も、ちょっと元気が足りなくなってきたなぁ...と思うとき
これを見てキキエネルギーをもらってます(笑)


a0202860_08521910.jpg


キキが住む街並みの美しさやグーチョキパン屋も、この映画の見所の一つですね。

a0202860_08511753.jpg


a0202860_08504989.jpg

数年前にスウェーデンのガムラスタンを訪れました
ここは、「魔女の宅急便」の舞台となった街と言われています。

うーん、でもね、なんかあんまりピンとこなかったのよね...(^^;)

確かに雰囲気は似ているけど、ちょっと、いや、かなり違うような気がしました。

実際、この作品の舞台となった場所は、ガムラスタン以外にも
同じくスウェーデンのゴットランド島のヴィスビューという街とか
クロアチアのドブロブニクとか
ポルトガルの第二の都市ポルトとかって
いくつも言われています。

それらの街のイメージを融合させたのが、キキが住む街なのでしょうね。

うちの子供たちは、物心がつくかつかないかくらいの幼いときから
この映画を何度も何度も観てきました。

娘も息子も成人して、今は海外で生活をしていますが
キキの物語は今でも2人に元気を与えてくれているようです。

キキはこの街の人たちだけでなく、
この作品を通して世界のあちこちに元気を運んでくれてるんだなぁって思います。

a0202860_08520996.jpg

a0202860_08505960.jpg


原作はキキがお母さんになるところまであるんですね。

そういえば、子供の頃「小さい魔女」という童話が好きで
本がボロボロになるまで繰り返し読んでたなぁ。

a0202860_09161945.jpg


大人になってから読む童話も楽しそうです。

キキの物語、今度じっくり読んでみようっと。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング



[PR]
このブログにも何度も登場している私の大のお気に入り、鎌倉のカフェ「プリマヴェーラ」で
先日、とぉ~っても美味しいパスタにめぐり逢いました。

私の中でプリマヴェーラのパスタは、いついかなるときも世界一美味しいのですが (← コレ、マジです)106.png
先日、食べたコレ↓ は、もう今までにないぐらい絶品でした。

a0202860_09484903.jpg

いろんな種類の鎌倉野菜がふんだんに入っているプリマヴェーラのパスタ。

同じように鎌倉野菜を取り入れたスパゲティは、鎌倉の多くのカフェやレストランでも味わえますが
プリマのパスタはね~、野菜の取り扱い方が絶妙で抜群に素晴らしいんです。

美味しく食べてもらいたいなぁ~ という野菜の気持ちと
美味しく食べたいなぁ~ という私たちの気持ちを
プリマのマスターが見事にマッチングしてくれている!
と言っても過言ではないぐらい、野菜の食感も味もベストな状態で提供されます。


で、この日の↑のパスタには、初めて見る野菜がいたんです。

紅菜苔 (コウサイタイ)

黄色の花を付けているこの子↓です。

a0202860_09491820.jpg

菜の花と同じアブラナ科の野菜だそうです。

知る人ぞ知る野菜なのかもしれないけど、私はこの日が初対面。

何、コレ???? ということで、
笑顔がいつもステキなミセス プリマヴェーラ (マスターの奥様) に漢字ごと教えていただきました。
いろいろと勉強になります!104.png

もともとが美味しいオリーブオイル + ガーリック + 塩味のパスタに
この紅菜苔の香りと食感がさらに美味しさ倍増効果となって、
このパスタは大変大変美味しかったのです。

食べている間の幸福感といったら、そりゃもう幸福ですよ (なんじゃ、そりゃ....) 106.png110.png111.png

毎回そうなんだけど、食べ進めて、パスタがお皿から消えていき、残り少なくなってくると
寂しくなって悲しくなってくるのは、どーしたらいいんでしょ(笑)


「美味しかった~」
「美味しかったです」
「今日も美味しかった!」

と、お客さんたちの多くが笑顔で言いながら帰っていく、というのもこのお店の特徴です。

ウンウン、わかるよ、わかる、美味しいもんね~、満足感たっぷりだもんね...と
一人勝手に納得して頷いている私106.png

で、この紅菜苔ですが、これは春野菜なので、今だけ限定のお野菜だそうです。

ひゃぁ~、じゃ、また行かなくちゃ~!


みなさ~ん、プリマへ Let's Go ! 114.png101.png169.png

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング


[PR]
先週末、ニューヨーク 在住の息子が一時帰国しました。

ニューヨーク はまだ真冬並みに寒く、当日は大雪だったため、予約していた飛行機が欠航となりました。

帰国延長か? と思ったけど、彼は夜中に空港に移動して四苦八苦しながら別便手配を進め
何とか搭乗できたものの、途中2回のトランジットがあったため、
自宅にたどり着いたときはかなりのヘロヘロ、疲労感たっぷり状態でした153.png137.png

時差もあるし、疲れているから食欲はそんなにないだろうな...と思いつつ
その日は、朝から息子の好きな肉じゃがを作ってました。

夕食は食べる?
疲れているだろうから無理に食べなくてもいいけど...?

と、訊いたところ

「食べる! お腹空いた~!」とうれしい即答 101.png

疲れ果てて機内ではずっと寝ていたので食事はほとんど取ってなかったようです。


a0202860_08122330.jpg

  • 肉じゃが
  • 黒キャベツと小エビのうま煮
  • れんこんのペペロンチーノ
  • もずく
  • しば漬け

シンプルだけど、どれも息子の好きなものばかりです。

肉じゃが~! うれしい~!

と言いながらパクパク食べてくれました。

息子はお味噌汁があまり好きじゃなかったので、汁物は作らなかったのよ...。

それを言ったら
「え、そうだっけ? フツーにお味噌汁食べるよ」

そうなんだ...
じゃ、作ればよかったな...
そうかー、好みが変わったんだね...

子供が親元を離れてしまうと、親が持っている子供の情報って
なかなかアップデートされないんですよね。

子供たちが大人になった今でも、子供時代に好きだったメニューばかりを作ってしまうとか
中高生時代に好きだった色の小物を買って送ると
「この色、好きだったのはもう昔だからー。今は違うよ!」とかって言われたりとか...。

おお、そうなのか...と、ちょっとビハインドな気分を味わったりしますが
それはそれで、子供の成長を感じられる一面でもあり、嬉しかったりもするわけですね。

翌日の朝食は、夫も一緒に3人で食べました。

a0202860_08265685.jpg
中高生の頃は、こうやってサラダを乗せても嫌がって食べなかった息子ですが
今は、むしゃむしゃとフツーに食べてました(笑)

大人になったんだねぇ~...と、母親目線 102.png

久しぶりに我が家に帰ってきた息子だけど、
帰国した翌日からは、友人たちと旅行に行ったり、友人宅を泊まり歩いたりしているので
我が家にはほとんどいません106.png

そこは昔と変わってないな(笑)

ということで、もうすぐ ニューヨーク へと戻る息子ですが、しばらく会っていません(笑)

明日は帰ってくるみたいだけど....106.png

遠くにいても、近くにいても、全然会えなくても
娘と息子が元気で楽しく過ごしていることが何よりの親孝行です。

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング


[PR]
ペペロンチーノって、てっきりスパゲティの種類のことだと思っていました。

ナポリタンとかカルボナーラみたいな感じで、ね。

でも、スパゲティの種類じゃなくて、唐辛子のこと、ひいてはそれを使った味付けのカテゴリーだったのですよ~ !

この事実を知ったのは、ほんの数年前のことです。

イタリア旅行でローマに滞在したとき、私の会社のローマ支店の同僚と食事をしました

彼が案内してくれたレストランのメニューにペペロンチーノスパゲティがなかったので

「ペペロンチーノってないよね? 他のレストランでもなかったし...。
イタリア本場のペペロンチーノが食べたかったのに...」(・ε・)

と、つぶやいたら

「ペペロンチーノが食べたいのかい?
じゃ、ペペロンチーノを持ってきてもらおう!」

とかって言うから

「え? だってペペロンチーノ、パスタメニューになかったじゃない?」

「Oh, Keiko~、ペペロンチーノってスパゲティーのことじゃないよ、唐辛子だよ」と。

ええ~っ、そうなの? そうだったの~???

彼いわく、「ペペロンチーノ」とはイタリア語で唐辛子のことだ、と。
その唐辛子 (ペペロンチーノ) をにんにくやオリーブオイルなどと一緒に調理したスパゲティが
アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノっていうんだ、と。

おおお~、なるほど、そういうことだったのか~...と
すっかり目からウロコ146.png

ということで、ペペロンチーノの実体を学んだわけでした。

...と、ずいぶんと長い前フリでしたが、れんこんのペペロンチーノです。

a0202860_12023363.jpg

レンコンがあったので、きんぴらにしようと思ったのですが
いつもきんぴらなので、たまには...と趣向を変えて作ってみたところ
夫から「美味しい!!!!」と言われたので、調子に乗って何度も作っています。102.png

レシピを ここにアップしています。

れんこんって、このシャキシャキ感がたまらなくいいんですよね~169.png

読んだよ~の印に、下のバナーをポチッとクリック お願いします~ (^^)


人気ブログランキング


[PR]